ガジェット

イラストレーターにおすすめ!?買って良かったものランキング【絵描き版】

4月 27, 2021

こんにちは。兼子です。

 

みなさんね、何か買いたい!って衝動に駆られる事ありますよね。

特に何かが欲しいわけじゃないけど、なんとなく何かを買いたいなぁ。って時。

 

この記事を見ている人もね、きっと何かを買いたくて辿り着いたんじゃないでしょうか。

 

そんな皆様に、僕が買ってよかった物(一部ソフト)をご紹介しようかなと思います!

 

 

ただし!

 

僕はあくまで絵描きであるはずなので、絵描きとして買ってよかったものをご紹介します。

 

これを買ったらイラストを描くのが捗った!とか、楽しくなった!とか役に立った!的なものです。

絵描きの人はもちろんのこと、これから絵を描きたい人にも是非おすすめできるものなので、良かったら参考までに見ていってください。

 

イラスト制作にお役立ち!買ってよかったものランキング2021

一応ね、ランキング形式でお伝えしようかと思います。

2021年4月現在、個人的にはどれもおすすめ商品です。

第10位 シャープ加湿空気清浄機

いきなり絵と関係なさそうなのですが、シャープの加湿空気清浄機です。


 やっぱり絵を描いていると家に長時間籠る事が多いんですよね。

つまり部屋は絵描きにとってかなり大事な空間になるわけで、ここが汚いと色々とその後のお絵かきライフに響くわけです。

 

特に冬って空気も乾燥して埃も多いです。そんな悩みを解決してくれるのがこれというわけです。加湿と空気清浄の2つの機能があるので、これだけで部屋の環境が大分よくなります。

フリーのイラストレーターが風邪なんてひいたら本当地獄ですからね。

 

ちなみに消臭機能もあり、タバコを吸う方にもおすすめです。

 

お手入れは月1回程を推奨していますが、10分程度で終わりますし、フィルター交換の目安は約10年らしいので、正直必要ないレベルです。

 

第9位 スムスの手袋

第9位はスムスの手袋です。


これは絵を描く時にいつもつけているのですが、手袋をすることによってデジタルなら画面が綺麗に保てるし、アナログなら手汗による滲みを防ぐことができます。

 

一応お絵描き用の手袋ってのも売ってたりするのですが、手袋1枚ごときで割と高価です。

 

その点このスムスは付け心地もよく、 24枚で1000円ぐらいです。月1で交換しても2年持ちます。

なので別に大事にすることもなく、汚くなったら捨てればいいし、さむがりな人なら指部分をカットしないで使う事もできます。

 

僕は半年に1回ぐらいしか変えないので、1000円で約12年使えるわけです。

※サイズがありますので、ご購入時は注意してください。

 

アナログ・ペンタブ・液タブで使えるオススメ手袋

こんばんは。兼子です。   みなさん絵を描く時手袋ってつけてますか? つけない!って人もいるとおもいますが、結構つける人多いですよね!   最近じゃペンタブや液タブを買うと付属でつ ...

続きを見る

第8位 シグノのボールペン0.38&スケッチブック

第8位はシグノのボールペンとスケッチブックです。


 


2つの商品をセットで紹介するという、おきて破りな紹介になってしまいましたが、どちらも非常に安いし、2つでセットみたいな感じなので、一緒にさせて頂きました。

 

これはイラストレーターのさいとうなおきさんが動画でおすすめしていたボールペンで、実際買ってみたら本当に使いやすくて、とてもおすすめです。

 

さいとう先生は電車や待ち時間にスケッチしていたようですが、インドア派の僕はクロッキーをこれでやったりしています。

こんな感じで。とにかくインクが綺麗に発色されるし、液だれや擦れとかも全然起きない代物です。

普段デジタルばかりで描いているため、たまにこうやってアナログ環境で描くととても楽しいし、気分転換になるので、本当におすすめです。

第7位 エレコムの無線キーボード

続いてエレコムの無線キーボード。


デジタルで絵を描く場合、キーボードは必須な訳ですが、この無線キーボードはかなりスリムでありながらテンキーやPage Upキーなどもあるフルキーボードです。

 

コードがないのでどこにでも置けて、スリムで場所もとらないためかなりお絵かき時に使い勝手が良いです。

 

パンタグラフ式なので打鍵感は、かなりノートパソコンに近いです。

第6位 AdobeCC

第6位はAdobeのCreativeCloud。

「モノ」ではないのですが、絵描きとして登録してよかったなと個人的に思っているので紹介させてください。

 

もちろんAdobeに登録しなくても絵は描けるのですが、やはりAdobeの製品はいろんなところで重宝します。

例えば描いた絵をYouTubeに動画としてアップしたいと思ったら、Adobe Premiereで動画を作れますし、ちょっとした模様を作りたいとか、シンプルなベクター素材のイラストを描きたいと思ったらAdobe illustratorなんかが便利です。

 

またAdobe CCは登録すると数多くのフォントが使えるので、これがめちゃくちゃ便利です。

もちろんAdobe製品じゃなくても、CLIPSTUDIOを内でAdobeのフォントを使う事が出来ます。

↑のようなアイキャッチ(サムネ)を作る際もいろんなフォントから選べるので、幅が広がります。

 

Adobe CCは登録制で決して安くはないですが、登録することで出来る事の幅がかなり広がるので個人的には登録してよかったと思っていますし、今後も登録を続けます。

 

ちなみにAdobeのサイトから登録すると月額6000円以上するのですが、デジハリのサイトから、オンライン学生になると、オンライン講座を受講出来て、月額約3,300円になります。

オンライン講座の受講は自由ですし、内容は基礎的な事なので僕は見たことはありません。

 

女子大生
え?安くて講座もあってデメリットなしで終わりな訳ないよね?

 

それが基本的にないんですよね。ていうか知りません。

Adobeから登録の場合14日間のキャンセルができるそうですが、デジハリの場合は決済したら解約不可らしいので、そのぐらい?あとは法人は不可とか。

 

もう3年ぐらい登録していますが、未だデメリットはないと思っています。ていうかAdobeからは高すぎて登録する気にはなれないです。

第5位 AGF Blendy エスプレッソ

続いては美味しいコーヒー。

絵と関係ないじゃねぇか!って声が聞こえてきそうですが、実際は絵を描く際にかなり重宝しているので紹介させてください。


絵を描いていると、どうしても口がさびしくなりますよね。そんな時コーヒーやカフェラテ飲みたくなりますよね。

 

色々なものを飲んできましたが、個人的にこのブレンディーの牛乳にとけるタイプのやつが超絶に美味しいのです。

正直コンビニのカフェラテよりこっちのほう方が個人的には美味しいです。

 

もちろん一杯あたりも50円程度なので買うより安く、コンビニに行く手間もないので、かなり時間もお金も節約になります。

 

 

ちなみに味は3種類あり、紹介したエスプレッソは結構苦いのですが、その分酸味が少なくて、コーヒの香りがめっちゃ良いんですよね。

 

苦いのが苦手な方には、まろやかなやつもあります。


ちなみに一応水にも溶けますが、牛乳で溶かすのをおすすめします。

 

ココアの方が好きな方は


 この牛乳に溶かすココアすごい美味しいのでおすすめです。

第4位 AFFINGER

AFFINGERって何?って方が大多数だと思いますが、ブログの有料テーマです。

僕はWordpressで当ブログを書いているのですが、そのテーマとしてAFFINGERを買いました。

 

無料で良いテーマもあるのですが、やはりカスタマイズのしやすさや、ブログの作りやすさは有料のテーマを使った方が結果的に楽だと思い買いました。

そして買ってみて改めて思ったのが、AFFINGERめっちゃいいやん!ということでした。

 

一時期過疎化して、閉鎖も考えた当ブログですが、この有料テーマを買い、またコツコツと記事を書いた結果、見事にアクセス数も伸びてきました。

もちろんい有料テーマを買えば伸びる。ってものでもないですが、有料テーマの機能性の良さは記事の質があがり、結果的にユーザーやGoogleに評価されやすくなるのかなと思います。

またお金を使う事でモチベーション維持にもつながります。

AFFINGER

 

こちらのAFFINGERについてはこちらの記事でもう少し詳しく話しております。

 

第3位 XP-Pen Artist13.3 pro

第3位は中華製の液タブ、XP-Pen Artist13.3Proです。


 

これは去年の10月ぐらいに買ったので、もう半年以上使っているのですが、かなり良い買い物をしたなと思っております。値段は割引があって2万9千円ぐらいでした。

 

今まではSurfaceというタブレットPCで描いてたのですが、ペンが電池式で煩わしかったのと、デュアルディスプレイにしたいなと考えていて、それなら値段も安いし液タブ買っちゃおうかな。っていうノリで買いました。

 

昔は液タブって10万とか普通にしましたが、今や安い物なら1万円代からありますからね。驚きですよね。

 

 

まぁその結果液タブ(surface)に液タブ(XP-Pen)を繋ぐという破天荒な作業環境になりましたが、一切後悔はしておりません。

 

なにより画面が2つあるので、作業環境がよくなりましたし、心配していた描き心地や、中華製だから使えない?とかも一切なくほぼ毎日活躍しています。

 

 

詳しくは以前記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

Surface Proに液タブのXP-PEN Artist13.3Proを繋いでみた【中華製液タブレビュー】

こんばんは。兼子です。     大分血迷ったことをしてみました。   何をしたかというと・・・     液タブに液タブを繋ぎました。   & ...

続きを見る

第2位 CLIPSTUDIO PRO

第2位は定番お絵かきソフト、CLIPSTUDIO PRO。

いやこれは本当に5000円の価値を大きく見誤った商品だと思っています(良い意味で)

 

お絵かきに関して出来ない事がないと思えるほど高機能です。

 

パース定規や、対象定規、3D素材や漫画用吹き出し、タイムラプス機能に、Photoshopのブラシも使える・・・本当言い出したらきりがないです。

僕はもともとSAIというお絵かきソフトを使っていたのですが、前の職場でCLIPSTUDIOをえらく勧められました。

 

とはいえもうソフトはあるしなぁ・・・と思っていたのですが、まぁ5000円で買い切りなら。と思って買いましたが、本当買ってよかったです。

 

とにかく他のソフトを寄せ付けない高機能と高性能で非常に安価です。これから有料のお絵かきソフトを買うのであれば、僕はCLIPSTUDIOで間違いないとおすすめできます。それぐらいすごいソフトです。



第1位 Surface Pro

はい、Surface大好きおじさんのわたしが、これを1位にしないわけがないですよね。


 

2017年に僕はこのSurface Proを買ったのですが、2021年4月現在、未だ現役で使っています。正直新しいSurfaceやデスクトップPCも欲しいとは思いますが、未だ全然壊れることなく使えており、動作スピードも速いので買うに至らず(お金もないし)

 

再起動も1分以内に終わるし、一度も修理したこともありません。

 

何よりSurface の良いところは液タブになるという事です。

今は上で書いたようにSurfaceにXP-Penを接続してイラストを描いているのですが、出先に持ち運ぶこともあり、その際はSurfaceだけ持っていけばお絵かきもできるし、パソコンとしても使えてとても便利です。

 

普通はPC+液タブor板タブを持っていかないと描けませんからね。

Surfaceならこれだけ持っていけば良いんです。

 

値段こそ当時で12万程しましたが(メモリ8GB core i5モデル)今や余裕で元をとれる活躍をしています。実際Surfaceで描いた絵でSurface代は稼げています。

 

大きな買い物ではありますが、ある意味一番安い買い物だったのかなと思います。

本当に自分の道を大きく広げた買い物だったと思っています(今ほぼ無職だけど)

 

詳しくはこちらも以前記事にしているので、そちらをご覧ください。

液タブもパソコンも欲しいならSurfaceがオススメな件

おはようございます。兼子です。   突然ですが皆さま、絵を描き始めると、画材を欲しくなりませんか? でも画材!といっても世の中いろいろあるし、何を買えばいいのか悩みますよね。   ...

続きを見る

 

まとめ 本当に欲しいものは買っても後悔はすくない

というわけで絵描きがおすすめする買ってよかったものランキングでした。

 

この記事を書くにあたって自分が買ったものを色々振り返ってみたのですが、やっぱり欲しいと思っていたものは買った方が良いな。と思いました。

 

もちろんね良い悪いって人によりますから、ブレンディのコーヒー買ってみたけど、自分的には微妙!って人もいるでしょう。

 

でもこれって買ったからわかったことなんですよね。

 

買ってみて微妙だったものも色々あるけど、それも買ったからわかったことで、買わなきゃ結局わからないんですよね。

 

買って失敗はしたくはありませんが、買わなきゃ悩みが付きまとうんですよね。

失敗したなと思っても、その失敗は次に生かせますしね。

 

なので、本気で欲しくていつか買う予定なら、早めに買った方が良いのかなと思います。

 

ただね、自分にとってあまりに高額のもので、失敗したら今後数年、新しいものが買えないもの(例えばPCとか車等)に関してはマジで熟考して下さいませ。

 

 

この記事が良いお買い物の参考になれば幸いです。

それじゃ!

 

関連おすすめ記事

Surface Proに液タブのXP-PEN Artist13.3Proを繋いでみた【中華製液タブレビュー】

こんばんは。兼子です。     大分血迷ったことをしてみました。   何をしたかというと・・・     液タブに液タブを繋ぎました。   & ...

続きを見る

 

液タブもパソコンも欲しいならSurfaceがオススメな件

おはようございます。兼子です。   突然ですが皆さま、絵を描き始めると、画材を欲しくなりませんか? でも画材!といっても世の中いろいろあるし、何を買えばいいのか悩みますよね。   ...

続きを見る

 

アナログ・ペンタブ・液タブで使えるオススメ手袋

こんばんは。兼子です。   みなさん絵を描く時手袋ってつけてますか? つけない!って人もいるとおもいますが、結構つける人多いですよね!   最近じゃペンタブや液タブを買うと付属でつ ...

続きを見る

クロームブックは液タブになるか?

【Chromebook】は液タブになる?Surface、iPadとの比較!

こんにちは。兼子です。   兼子皆さん知っての通り、僕はSurface絵描きです知らん そんな僕が最近気になっているのが、タイトルにある通り     Chromebook ...

続きを見る

WacomのPCとSurfaceの比較!

Wacom MobileStudio ProのスペックをSurface proと比較!液タブ兼PCとしてはどっちがおすすめ?

こんにちは。兼子です。   先日WacomのYouTubeチャンネルからこんな動画がでました。   Wacom MobileStudio Proの販促動画です。   いや ...

続きを見る

Surfaceシリーズ(Laptop,Pro,Book)の違いを解説

Surfaceシリーズ(Laptop,Book,Pro)の性能の比較!液タブとしてのおすすめ

こんにちは。兼子です   みなさんね、Surfaceは好きですか?僕は大好きです。 使っているのはSurface Pro4という大分前の機種ですが、未だ現役バリバリでPCとしても使えてますし ...

続きを見る

-ガジェット

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5