当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット パソコン

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

12月 18, 2023

こんにちは。兼子です。

 

先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。

Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。

しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。

 

コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。

 

まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。

というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵を描く人目線でレビューしていこうと思います。

 

レンタル品ではありますが、レビュー内容に関しては自由に書いていいそうなので、良い所悪い所書いて行こうと思います。

兼子
Ideapad Flex570が気になる人や、液タブ兼PCになるものを探している人は参考にしてみてください


Ideapad Flex570のスペック

まずは今回レンタルした機種のスペックについて記載します。

名称Ideapad Flex570
液晶サイズ14インチ
本体サイズ313.1x224.9x17.8(最薄部)
重量1.55㎏
解像度WUXGA液晶(1920×1200)
無線Wi-Fi 5  Bluetooth 5.1
CPUAMD Ryzen™ 7 5700U
GPU AMD Radeon™ グラフィックス
SSD512GB SSD
メモリ16GB
ペン性能4096段階 電池式アクティブペン(付属)
駆動時間最大13時間
インターフェースHDMI×1 USB A×2 USB C×1 ヘッドホンジャック×1 電源コネクタ×1  4-in-1メディアカードリーダー×1
officeなし
価格(2022年3月現在)74,800円

という感じ。Officeに関してはオプションでついているものも選べます。

 

 

それにしても「安すぎない・・・?」と心配になるレベル。

グラボがないにしてもCPUがRyzen7 5700Uでメモリは16㎇。

 

更にマルチタッチ対応でペンが付属でついてきて7万円台は相当安い。

 

まじで臭いとか脂っこいぐらいのデメリットがないと釣り合わない安さ。

前モデル(Ideapad Flex550)との比較

ちなみにこの前のモデルにIdeapad Flex550というもがあって、実は当ブログで実機を購入してレビューしている。

【実機レビュー】IdeaPad Flex550(AMD)を液タブとして使ってみた!【デメリット7選】

こんにちは。兼子です。   兼子 先日ノートパソコンを買いました LenovoのIdeapad Flex550(AMDモデル)   何故このIdeaPadを選んだかというと、コスパ ...

続きを見る

 

ぶっちゃけ550から570になってそこまで大きな変化はない。

なので、当時書いたFlex550のレビュー記事とだいたい同じことを書くことになりそうなので、先にIdeapad Flex550と比べて何が良くなったか!?ってのを独断と偏見で3つ紹介します。

・USB Cが映像出力可能になった

・画面比率が16:9から16:10になった

・値段が当時より安い

USB Cが映像出力できるようになった

まず個人的に一番の嬉しいポイントは、映像出力可能になった!という所。

前機種では映像出力の際HDMIを使う必要があったのですが、Ideapad Flex570からはTypeCから映像出力がいけてしまいます。

Ideapad Flex550はTypeCから映像が出力できなかった

Ideapad Flex550の場合、液タブとか外部モニターと接続する際は上の画像のようなコードまみれになっていたのですが、この問題が解決。

 

コード一本で液タブと接続可能になりました。

画面比率が16:9から16:10になった

あと、Ideapad Flex550の時は画面比率が16:9でしたが、570は縦に若干伸びて16:10の比率になりました。

ただその分50gほど重くなっている。

値段がより安くなっている

あと自分が買ったIdeapad Flex550より、新しいモデルなのに値段が大分安くなっている。

自分がIdeapad Flex550を買った時は9万弱だったけど、Ideapad Flex570は現在74,800円。約1万5000円ほど安い。

※公式ストア価格

 

 

この物価高になにしてんの?って感じですが、これは単純にIdeapad Flex570が新作ではない為。

 

つまりIdeapad Flex570は旧作。

 

この記事を書いている2023年12月現在、最新モデルはIdeaPad Flex 5 Gen 8というやつになる。

 

なのでこの記事はiPhone15が出ている今、iPhone14をレビューしている感じ。

アシスタント
悲しい・・・

 

そんなわけでもはや在庫処分的な扱いになっているので安くなっていると思われる。

 

しかし全然性能は悪くないし、コスパは超良い!と思っているので、レビューは続けます。

実機レビュー

というわけで実際に届いたものを使ってみての感想を書いていきます。

内容物

まず入っていたものですが、超シンプル。

充電器系とペン。

そして本体。

一応レンタル品なので、正規版とは入っている物が違うとは思うけど、保証書とか取説が入っているぐらいの差だと思う。

外観とキーパッド

外観は天板がアルミニウム素材。色がストームグレーとなっております。

想像していたより結構濃い目のグレーとなっており、ぱっと見は高級感がある感じ。

 

天板以外は樹脂製?だと思うんだけど、意外とこちらも安いわりにチープな感じはない。

 

キーパッドは特殊!って程でもないと思うけど、一部キーが連なっているところがあり、若干の癖はある感じ。

(backspaceキーとか)

液タブとしての使い心地

実際にIdeapad Flex570を液タブにして絵を描いてみました。

液タブとして使ってみた使い心地に関してですが、正直描きやすくはない。

 

全然描けない!ってレベルではないけど、液タブとかタブレットとかと比べると、描きやすくはない。

何が良くない?って話だけど、カーソルの追随性?があまりよくないので、液タブとかで慣れていると結構ストレスに感じるかもしれない。

 

あとは液晶が光沢液晶なので、反射がキツイってのいうと、ペンの滑りもよくない。

「キュッキュッ」と少しひっかかるような感じ。

 

ただ遅延とか、視差とかに関しては個人的には全然問題レベルだったので、全体的には「描けなくはない!」という感じ。

これをメインで絵を描こう!とはならないけど、これ一台で一応はPC兼液タブになる強みはでかい。

 

持ち運びの際も、とりあえずこのPCだけ持っていけば絵が描けるので、出先で続きを描いたり、修正したりなんかが出来る。

また、PD充電対応の充電器があれば充電できるので、バカでかい純正のアダプターも必要ない。

 

ちなみに前作のIdeapad Flex550とペンは全く一緒の物なので、描き味に変化はない。

色味は相変わらず良くない

また、色域もNTSC45%とかなり低くなっております。

この色域の低さはFlexシリーズで今のところ代々引き継がれている。

 

残念ではあるけど、裏を返せば安さの秘訣でもある。

ここを抑える事で、これだけ安価な価格が実現しているのかもしれない。

 

実際に使ってみた感じだと、黄色味?が強くでている。

うっすい黄色をオーバーレイで重ねている感じ。

画面越しの当サイトの色味

 

実際の色味

 

まぁ色味に関しては外部ディスプレイを繋いだり、CLIPSTUDIOのコンパニオンモードを使えば、他のディスプレイで色味を確認しながら絵を描く事は出来る。

クリスタのコンパニオンモードならリアルタイムでスマホに表示できる

絵を描く上での性能的な問題は特になし

性能の低いPCだと、お絵かきソフトがフリーズする事はよくあるけど、このPCに関しては使っていた限り特になし。

CPU、メモリともに普通に絵を描くなら十分なスペックがあるので、よっぽど高負荷な作業をしない限りは問題ないと思う。

 

また、上でも書いたように、液タブにも問題なくTypeC一本で接続可能。

液タブや外部ディスプレイに繋ぐ際も一本で接続できるのは便利

※繋ぐ側もtype-Cに対応している必要はあります

これで7万円台はかなり安い

というわけで、Ideapad Flex570のレビューでした。

 

正直これだけの性能で74,800円はかなり安いと思う。

 

性能はそれなりに高いし、液タブとして使う事も出来る。

もちろんPCとしても使う事が出来るので、今パソコンを1台も持ってない人にもおすすめ。

 

ただ注意点としては、描き心地はあまり期待しない方が良い。

特に普段液タブを使っている人や、iPadのようなタブレットで絵を描いている人からすると、結構残念に感じる描き心地になると思う。

また色味も良くはないので、このPCのみで色味に気を使うような作業をするのは向いていない。

 

まぁでも板タブや液タブと繋ぐ事が出来るので、逃げ道もある。

液タブ兼PCを探している人や、これからデジタルで絵を描いてみたい人は是非検討してみてください。


 

それじゃ!

ガジェット系記事▼

2024/1/13

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

2023/12/26

【XPPen】Artist 22Plusが新発売!セカンドとの違いや進化した点について

こんにちは。兼子です。   XPPenからまたまた新しい液タブが発売されました。 つい先日Artist Pro14(Gen2)と、Artist Pro16(Gen2)が発売されたばかりでしたが、ここにきて22インチの液タブも新発売となりました。   液タブのページが新製品だらけになってきました。。   ちなみに先日Artist Pro16(Gen2)を買ったばかりの自分としては、「まじかよ・・・」って思いが否めないのが正直なところであります。 これでArtist22Plusの ...

ReadMore

2023/11/21

【幅が狭い】液タブスタンドとしてBoYataのノートパソコンスタンドを買ってみた!

こんにちは。兼子です。   先月XPPenの新しい液タブ、Artist Pro16 Gen2を買ったのですが、付属のスタンドの角度が低すぎる問題にぶち当たっていました。 おおよそ20度程しか角度が付けられず、これだと自分の場合首に負担がくる。 ないよりマシですが、正直低すぎる。     長時間この角度で描くのは辛いし、多分体にもよくなさそう。   そんなわけで、もう少し角度をつけたい! 角度が付けば首が伸びて、若干姿勢は良くなる。ハズ。 同じような悩みを抱えている人 ...

ReadMore

2023/12/28

【Zenfone10レビュー】最強で最高の小型スマホ!不満なし!安く買う方法も解説【IIJmio】

こんにちは。兼子です。 兼子 先日Zenfone10にスマホを乗り換えました。   今まで比較的安いスマホばかり使っていたので、自信初のハイエンド?スマホである。   そもそも自分はゲームとか、動画編集みたいな高負荷な作業をスマホでやる事はないので、「ハイエンドスマホなんて必要ない!!!!」   と思っていました。   兼子 同じ考えの人、結構多いと思う   ただ、以前まで使っていたスマホ(xiaomiのMi 11 lite5G )だと、ちょこちょこ動作が ...

ReadMore

2023/11/18

【XPPen】Artist Pro16 Gen2実機レビュー!文句なしの使い心地!付属のスタンドは微妙

こんにちは。兼子です。 兼子 先日新しい液タブを買いました   XPPenの最新機種、Artist 16Pro Gen2 リンク 筆圧検知が業界初の16,384段階に対応した液タブ。 筆圧だけでなく、ペンや液晶もかなり拘っている、XPPenの技術を全てぶち込んだような液タブとなっています。   ただ実際性能が良い=描きやすい。というわけでもないので、こいつを実際に使ってみての感想を書いていこうと思います。   兼子 これから液タブを買おうと思っている人は是非参考にしてみてくだ ...

ReadMore

2023/10/5

【XPPen ack05レビュー】イラスト制作時の左手デバイスとしては物足りないけど、買って損はない逸品

こんにちは。兼子です。   兼子 先日XPPenの左手デバイス、ack05を買いました 買いましたと言うか、新しい液タブを買ったら付いてきました。   買った液タブはArtist Pro16(Gen2) 液タブについては後日またレビューする予定です。   というわけで今回はXPPenの左手デバイスを実際に使ってみての感想を書いていきます。 兼子 左手デバイスについて気になっている方は是非参考にしてみてください ack05の外観 ack05の外観はこんな感じ 個人的にだけど、見 ...

ReadMore

2023/10/11

【Lenovo P12Pro実機レビュー】12.6インチで高性能なうえに液タブにもなる!ただ描きやすくはない

こんにちは。兼子です。   兼子 先日新しいタブレットを買いました   それがこちら 兼子 レノボのP12Pro 1年くらい前に発売されたものなので、新しい製品って訳じゃないですが、当時13万ほどした商品が現在10万程に値下がりしていたので買ってみました。   10万円に下がったとはいえ、正直タブレットとしてはかなり高額。 ただそれ相応のスペックに加え、付属品が充実しているのでコスパは悪くない。   はず。。。   というわけで実際に買ってみたこちらをレビ ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット, パソコン
-