当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット パソコン

【Surface】LaptopとBookとProの性能の比較!液タブとしてのおすすめはどれ?

4月 26, 2021

こんにちは。兼子です

 

みなさん、Surfaceは好きですか?

 

兼子
僕は大好きです。

僕が使っているのはSurface Pro4という大分前の機種ですが、未だ現役バリバリで、PCとしても使えてますし、何より液タブとしても使えております。

 

使いやすさやはもちろんの事、耐久力もかなり良いです。

 

 

正直今はデスクトップPCも欲しいのですが、Surfaceも一家に1台は欲しいので、もし今のSurfaceが壊れてもまた買いたいと思っています。

※2021年5月にデスクトップPCを購入しました!Surfaceはサブ機として今も使っております。

 

が!

 

今やSurfaceもいろんなシリーズが出ていて、正直どれが良いの?って感じになりますよね。

 

特に

・Surface Laptop

・Surface Pro

・Surface Book

この3つの違いが気になりますよね。多分!

 

というわけで、今日はこの3種類は何が違うの?って事と、液タブとしてSurfaceを使いたい場合何がおすすめかを、性能を比較しながらお伝えしようと思います。

Surfaceの購入で悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

※あくまでシリーズの違いを比較します。PCとしてのスペックはそれぞれにラインナップがありますので、用途に合わせて選ぶと良いと思います。

Surface Laptop

最新の軽量 Surface Laptop Go – 大きな可能性を、コンパクトに。 – Microsoft Surface

引用:マイクロソフトHP

まずはsurface Laptop。

 

名前からじゃよくわかりませんが、これはもうノートパソコンです。

Surfaceって元々タブレットPC的なイメージが強いと個人的に思うのですが、これはもうノートパソコンです(大事なので2回言いました)。

 

その為キーボードは付属で着脱もできません。もちろん360度回転させてタブレットみたいにできるっていうこともなく、普通のノートパソコンぐらいまでしか開きません。

 

恐らくですが、Macbookをかなり意識して作ってるんじゃないかと思います。トラックパッドもかなり大きく、操作もしやすい作りだと思います。

 

画面の大きさも2種類あり、

・少し小さめな13.5インチ

・一般的なノートPCぐらいの15インチ

の2種類から選べます。

 

 

また画面はタッチスクリーンに対応しており、Surfaceペンも使えます。

筆圧も最新の世代は4096段階です。

Surface Laptopの安価版のSurface Laptop Goはペンが対応していませんのでご注意ください。

 

Surface Laptopおすすめユーザー

Surface Laptopをおすすめのユーザーは、絵を描かない人。です。

 

筆圧検知も機能もついているので、もちろん画面に描く事ができるのですが、キーボードが着脱できない時点であまり液タブとして実用的じゃありません。

なんとなく想像してほしいのですが、ノートパソコンの画面にペンで何か描こうと思ったら、正直キーボード邪魔ですよね。

 

なので液タブ兼PCとしてSurfaceを欲しい人はこのLaptopは微妙かなと思います。

 

ただ逆に絵を描かない人にとっては、とてもスリムでスタイリッシュなデザインだし、キーボードも別で買う必要もありません。

スペックやカラーも色々あるので、ビジネス用としてもプライベート用としても使い勝手が良いと思います。


 

Microsoft公式ストア

※サイズやカラー、スペック違いが沢山ありますので購入の際は注意してください

 Surface Pro

Amazon | マイクロソフト Surface Pro 7 / Office H&B 2019 搭載 / 12.3インチ /第10世代 Core-i5 / 8GB / 128GB / プラチナ VDV-00014 | マイクロソフト | パソコン・周辺機器 通販

引用:amazon

Surfaceと言ったらこれ!って感じじゃないでしょうか。

 

なんというか、個人的にはタブレットPCという新しいジャンルを切り開いた機種だと思っております。

 

もちろん他にもタブレットはありましたが、PCとしての性能が低かったり、PCっていうよりでかいスマホって感じでした。

しかしこのSurface ProシリーズはPCとしてしっかりと使えるタブレットなのです。

 

キーボードはついておりませんが、オプション品のキーボードを買えばノートパソコンみたいにも使えますし、画面に直接手を触れてタブレットとして使う事もできます。

 

また非常に魅力的なのがSurface Penを使って画面に直接絵を描く事が出来るところです。

 

つまりPC兼液タブとし使う事ができるのです。

※ただしペンやキーボードは付属していませんので、別で買う必要があります。

 

画面サイズは12.3インチのみです。

Surface Proおすすめユーザー

もうこれは間違いなく、Surfaceで絵を描きたい人にはこのSurface Proがおすすめです。

完全にタブレットなのでLaptopのように、キーボードが邪魔になったりすることもありません。

 

描き心地も非常によく、かろうじて使える程度というわけではなく、しっかりとお絵かきできます。

これらの絵は僕がSurface Proで描いた絵です。

 

他にも見たい方はギャラリーページに乗せているので、よかったらどうぞ。

ボタン


※カラーやスペック違いが沢山ありますので購入の際は注意してください

 

Microsoft公式ストア

Surface Proを液タブとして使ったレビュー記事は以前描いておりますので、気になる方はこちらも是非お読みください!

Surface 液タブ
Surfaceは液タブになる?実際に使ってみて感じたメリットとデメリット

アシスタント Surfaceってipadみたいに絵が描けるの? きっとこの記事を見ている人はそんな疑問を抱えてたどり着いた人だと思います。   結論から言うと、全然描く事は出来ます。 &nb ...

続きを見る

Surface Book

引用:https://www.microsoft.com/ja-jp/d/surface-book-3/8xbw9g3z71f1?activetab=pivot:%E6%A6%82%E8%A6%81tab

最後にSurface Book。

これは何?って感じですが、ノートパソコンであり、タブレットにもある、ハイブリットな商品です。

 

一見ノートパソコンのように見えますが、キーボードは着脱式で、外すことでタブレットにもできます。

また着脱せずとも360度回転させることで簡単にタブレットモードにもできます。

 

 

つまりSurface LaptopとSurface Proを合わせたような商品です。

 

またサイズも13.5インチと15インチの2種類から選べます。

Surface Bookのおすすめユーザー

僕の憶測ですがSurface BookはSurfaceシリーズの中ですべての上位互換であることを意識して作っていると思われます。

その為低スペックなものもありません。

 

つまりお金に余裕がある人はこれを買えば間違いないよ。的な商品です。

 

お金持ちでSurfaceシリーズで迷っているなら、これを買っとけば間違いなしです。

ただ、とても高いです。


 

Microsoft公式ストア

※サイズやスペック違いが沢山ありますので購入の際は注意してください

液タブとしておすすめのスペック

最後にですね、スペックについて書いていこうと思います。

 

やっぱり絵を描くのにもある程度のスペックがあった方が良いです。

あまり低スペックな物を買うとレイヤー数やキャンバスサイズによってはかなりカクツキがでます。

 

なので個人的には

CPU Core i5以上
メモリ 8GB以上
容量 256GB以上

ぐらいを参考にすると良いと思います。

 

 

個人的におすすめのSurfaceは


 

Microsoft公式ストア

こちらのモデルがおすすめです。

 

Surfaceを液タブとして使ってみた感想は以下の記事で詳しく書いていますので、よかったら合わせてご覧ください。

Surface 液タブ
Surfaceは液タブになる?実際に使ってみて感じたメリットとデメリット

アシスタント Surfaceってipadみたいに絵が描けるの? きっとこの記事を見ている人はそんな疑問を抱えてたどり着いた人だと思います。   結論から言うと、全然描く事は出来ます。 &nb ...

続きを見る

 

Microsoft公式で買うメリット

SurfaceはAmazonや楽天からも買うことができるのですが、公式サイトから買うこともできます。

まぁ今時公式サイトから買うメリットなんてないだろ。って思われるかもですが、結構ある。

 

一番大きなメリットは悪質な販売者に当たらない事。

当たり前ですが、公式サイトで買えばマイクロソフトが販売してくれます。この安心感はかなりメリットです。

 

Amazonや楽天だと悪質な業者がたまにいます。レビューを見てみるとわかりますが、ちょこちょこ不良品が来たとか返品されないとかの苦情がきてる。

 

またコロナ禍の影響のせいか、最近Amazonの配達方法がかなりひどく、2回ほど入りきらない大きさの物をポストに無理やりぶち込まれたことがあった。

 

少額の買い物なら良いですが、Surfaceクラスの大きな買い物だと何かあった時に目も当てられない事になるかもしれません。

そんなことにならない為にも個人的には公式から買うのがおすすめ。また公式からの購入のみ返品期間も60日とかなり長い。

 

若干高いけど、失敗する確率を限りなく低くできるのでおすすめです。

Microsoft公式ストア

 

それじゃ!

2024/4/1

KOORUIの27インチモニター27N4Qを買ってみた!おすすはできない

先日液晶モニターを買い換えました。 KOORUIの27インチモニター。 リンク Amazonで5,000円 オフのクーポンが配布されており、約25,000円で買いました。   アシスタント モニター持ってなかった? 持ってたけど、TN液晶の安物ゲーミングモニターだったから、色味が大分おかしかったんだよね 兼子   そもそも絵描きがゲーミングモニター使うなよって話ではあるんだけど、PCを買う時に何も考えずにまとめ買いしちゃって、それをだましだまし使っていました。 それに使っている液タブが ...

ReadMore

2024/3/29

TourBox Liteレビュー!案外Liteでもいける

先日TourBox様より、TourBox Liteをご提供頂きました。 TourBoxと言えば左手デバイスとして有名ですが、値段が結構お高い。 最上位モデルのEliteは約4万円と、なかなか手を出しづらい価格。   使ってみたいけど、価格的に諦めていた人は多いと思う。 兼子 そんな人に向けて発売されたのが、今回提供頂いたTourBox Liteになります   値段が約13,000円と、Eliteに比べて3分の一になっており、かなりお求めやすい価格になっています。 ただ、その分削られた機 ...

ReadMore

2024/3/11

HUIONからもAndroidタブレットが発売!XPPenのタブレットとの比較

先日XPPenからAndroidタブレットが発売した記事を書きましたが、HUIONからもAndroidタブレットが発売されました。 その名もKamvas Slate10。 アシスタント Slateって何・・・? 予定するとか、計画する、石板って意味らしい・・・読み方はスレート 兼子 何故Slateという名前になったのかは謎。   そして個人的にアプリのUIがパット見た感じなんだかめちゃくちゃ不安な見た目をしているのが気になる所… 「とりあえず作ってみたよ」って段階感がすごい。   とい ...

ReadMore

2024/3/12

XPPenからイラスト制作用Androidタブレットが発売!【充電不要&16,384段階の筆圧検知】

先日液タブや板タブを販売するメーカーのXPPenからAndroidタブレットが発売されました。 絵が描けるAndroidタブレットってのは今までも結構発売されているけど、液タブ板タブの開発メーカーがAndroidタブレットを発売するケースは稀。 そんなわけで、結構期待と不安が入り混じるタブレットとなっているかと思いますので、この記事では性能などをまとめてみます。 Magic Drawing Padの性能 公開されている性能は以下の通り サイズ 279 x 192 x 6.9 mm 液晶サイズ 12.2イン ...

ReadMore

2024/3/5

FlexiSpotがセール中でかなり安くなってるので超おすすめ【スタンディングデスク】

自分が愛用しているスタンディングデスクメーカーのFlexiSpotが現在新生活応援セールを開催している。(2024年4月1日まで) 兼子 めちゃくちゃ安くなっている   ちなみに自分が買ったEF1というデスクは元が約3万円で比較的安いんだけど、今なら23,100円で買える。(天板別売り) マジでデスクワークしている人はスタンディングデスク超おすすめです。   単純に座って作業する際も、机の位置を微調整できるし、座ってて腰が痛くなってきたら立ち作業に変えられる。体を労わるだけでなく、気分 ...

ReadMore

2024/3/5

【Lenovo】Ideapad Slimを使ってみたけど、個人的にはFlexがおすすめ

先日Ideapad Slim570の中古品を入手しました。 買ったわけではなく、ASPサイトが主催していたプレゼント企画で当選して手に入れたもの。 ちなみにIdeapad Slim570は2022年に発売されたPCなので、今は廃番になっている。 現在は新しいモデル(Slim5 Gen8)がでているので、今更Slim570をレビューする価値はほとんどない。   ただ、自分は以前Ideapad Flexシリーズを使っていたので、SlimとFlexの違いについて書いていこうと思います。 どちらもIde ...

ReadMore

2024/4/21

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット, パソコン