兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

ガジェット 液タブ

【Chromebook】は液タブになる?お絵かき用のおすすめ機種や買う際の注意点等

2月 26, 2021

こんにちは。兼子です。

 

 

 

兼子
最近Chromebookが結構話題になっていますよね

 

値段も安い物が多く、更にサクサク動くことが魅力の新しいOSです。

 

また、画面に直接ペンで描ける機種も結構あり、液タブ兼PCとして使えるんじゃないか!?と思った方、多いんじゃないでしょうか。

 

値段が安くて液タブになってPCにもなるんじゃ絵描きにとってはとても魅力的なガジェットになりますよね。

 

というわけで今日はChromebookは液タブになりうるのか!?について記事を書いていこうと思います。

他にもChromebookとは何ぞや?って事や、おすすめの液タブになる機種、そして注意点なども書いていますので、Chromebookを液タブにしようと考えている方は是非最後までご覧ください

Chromebookとは

そもそも

女子大生
Chromebookって何?

って方も多いかと思いますので、ざっくり説明すると、Googleが開発した新しいOSです。

 

つまりWindows OSやmacOSと並んで、Chrome OSというものが新たに出てきて、そのChrome OSを搭載したPCをChromebookというわけです。

 

なので、ChromebookというPCがあるわけでありません。あくまでOSがChrome OSならそれはChromebookというわけです。

僕は最初SurfaceみたいにChromebookというPCがあって、そこにWindows OSが搭載されているものだと思っておりました。。。

Chromebookの特徴

じゃぁChromebookの特徴って何!?って話ですが、大きな特徴は3つ。

・起動やアプリの立ち上げが早い

・Google playのアプリが使える

・データはクラウドに保存

という感じです。

Chromebookは立ち上がりが早い

まずChromebookとにかく立ち上がりが早いそうです。

 

その理由は、重たいソフトや、立ち上げに影響するようなソフトが入っていない為、スペックの低いPCでもだいたい電源が切れた状態から約10秒以内でログイン画面にいける作りになっています。

 

また、アプリなどの立ち上げ事態もかなり早いそうです。

 

更に初期設定も簡単なのでPC初心者もスタートから快適に使える設計になっているそうです。

ChromebookはGoogle Playのアプリが使える

そして何よりの特徴はGoogle playのアプリが使える事です。

 

つまりAndroidスマホに入れているアプリをPCで使えるわけですね。

 

普通のパソコンってスマホのアプリはPC用か、もしくは入れられない!ってなるのですが、ChromebookはAndroidスマホのアプリがそのままPCで使えるわけです。

なので大画面でスマホ用のゲームとかもできるわけです。

 

また、お絵かき用で使う場合、スマホ専用のお絵かきソフトとかも使えるわけです

※IOS専用アプリは使えません。

Chromebookのデータは基本クラウド

そしてChromebookはデータはクラウド!という事を常識化しようとしているところがあり、それゆえ容量が少ない機種が多いです。

 

その為Googleクラウドなどのオンラインクラウドとの連携がしやすく、データの出し入れのスピードが速くなっております。

 

また、PCに直接データを保存しないことで、PCの高速化等にもつながっているのかと思います。

Chromeboookは液タブになる!?

そんなChromebookですが、筆圧検知機能がついたタッチスクリーンを採用している製品が数多くでていて、画面に直接描くことができる事から液タブになりえそうな機種が結構あります。

 

※ただし、筆圧検知機能がない機種もありますので、スペックだけ見て買うと「あれ!?描けない!」なんてことになるので注意が必要です。

液タブとして使う場合に求めたいスペック

そんなわけで機種によっては液タブになるわけなんです。

 

が...

 

お絵かきソフトを使ってちゃんと絵を描こうと思ったらやっぱりある程度のスペックは欲しい所ですよね。

スペックが低いと、せっかく買っても動作に影響がでたり、最悪まともに動かないようなこともあります。

 

個人的にはCPUはCore i5(Ryzen 5)、メモリは8GBぐらいあると絵を描くうえで不満もないと思います。

(※あくまで中古品ではなく新製品の場合)

 

もちろんそれ以下でも描くことはできますが、レイヤーが増えたり、キャンバスサイズが大きくなると恐らく動きがモサモサしてきます。

 

高機能のお絵かきソフトになるとメモリ4GBやCPUがCore i3とかCeleronなどではちょっときつくなってくると思います。

 

僕は以前CPUがCeleron、メモリが4GBのノートパソコンを使っていたのですが、CLIPSTUDIOも結構モサモサした動きで、Photoshopに関してはかなりストレスを感じる程動きが悪かったです。

※大分古いパソコンだったので、最新のものだと使えない事はないと思いますが、長く使ったり高負荷をかけるとすぐ動きが鈍くなるのでおすすめはできません。

 

そして注意してほしいのが、Chromebookはこういった低スペックモデルがかなり多く、特に店頭販売などではかなり低スペックのものしか置いていないことが多いです。

 

もともとChromebookは安価でサクサク動く!が売りみたいなPCなので、スペックを積んだ機種っていうのはかなり少ないようです(2021年2月現在)

液タブになるChromebookのおすすめモデル【ASUS】

高スペックモデルは少ないと言いましたが、もちろんないわけではありません。

 

なかでもお勧めなのはASUSのFlip C436FA

C436FA

ASUS Storeより引用https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5452081600

このモデルは3種類のスペックがあるのですが、ミドルスペックのものならメモリは8GBあり、CPUもCore i5です。

 

詳しいスペックはこんな感じです。(ミドルスペックモデル)

名称Flip C436FA
サイズ14インチ (約1.15Kg)
解像度FHD(1920×1080)
CPUCore i510210U
GPUインテル® UHD グラフィックス (CPU内蔵)
SSD256GB
メモリ8GB
ペン性能4096段階 電池式スタイラスペン サイドボタンなし(付属)
駆動時間約11.8時間
officeなし
インターフェースUSBポート:USB3.1(Type-C/Gen1) ×2
カードリーダー:microSDスロット×1
価格(2021年9月現在)149,800円

さらにこのPCは画面に直接描画できる機種で、4096段階の筆圧検知機能があるペンも付属でついております。

 

もちろん画面を360°折りたたむことができるので絵の描きやすさ的にも問題ないのかと思います。

ASUS 公式ストア C436FA


また、同じくASUSから発売されているFlip CX5もCore i5の8GBメモリで256GBSSDなのでおすすめ。

引用:https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5526991900/varProductID.5526991900/categoryID.4889374700

こちらも360°回転するので、タブレットのように使えて、ペン入力が可能です。

 

詳しいスペックはこんな感じです。

名称Flip CX5
サイズ15.6インチ (約1.9Kg)
解像度FHD(1920×1080)
CPUCore™ i5-1135G7
GPUインテル® Iris® Xᵉ グラフィックス (CPU内蔵)
SSD256GB
メモリ8GB
ペン性能別売り 4096段階のASUS USIペンに対応
駆動時間約11.2時間
officeなし
インターフェースUSBポート:USB3.2 (Type-C/Gen2) ×1、USB3.2 (Type-A/Gen2)×1
カードリーダー:microSDスロット×1
価格(2021年9月現在)109,800円

 

こちらも絵を描くうえで十分なスペックのPCです。

ただし、ペンが別売りなので注意してください。

 

個人的には値段も安いし、USB typeAもついているし画面が大きいのでこっちの方がコスパや性能は良い。

 

ただその分重量が重く(1.9キロ)、でかいのでスタイリッシュ感はあまりないかもしれない。

持ち運びには不便。

ASUS 公式ストア Flip CX5



 

Chromebookは液タブとしておすすめなのか?

液タブにもなるしスペック的にも充分なPCもありましたが、やっぱり個人的に気になるのがChrome OSという所。

 

このChrome OSがまだまだ対応していないソフトやハードが結構多いんですよね。

 

使いたいソフトがChromebookには非対応だった!なんて事がありえなくないわけです。

例えばCLIPSTUDIOはWindows版とかは使えないので、月額課金制のものしか使えません。(月額480円)

 

PC版と比べ、Chromebook版のCLIPSTUDIOはまだ不具合や使い勝手の悪い所が多いようで、評価もあまりよくありません

引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.celsys.clipstudiopaint.googleplay

 

それにSaiのようなお絵かきソフトだと対応もしていないようです。

 

また、板タブや液タブに繋ぐ場合も、Chromebookに対応していないものが結構あるので注意が必要です。

 

なのでChromebookを液タブとして買う際はその辺を十分に注意して買うと良いかと思います。

 

逆にスマホのアプリ(アイビスペイントとかメディバンペイント等)をPCで使いたい人や、スマホのゲームをPCでやりたいなって思ってる人にはお勧めだと思います。

液タブ兼ノートPCはレノボのIdea Pad Flex550がおすすめ

もしChrome OSが不安という方で、ノートパソコン兼液タブになるPCが欲しい場合、レノボのIdeaPadがおすすめ。

 

こちらもヒンジが360°回転するのでタブレットのようにもできるし、普通にノートパソコンとしても使えます。

 

そして何よりコスパがかなり良い

Core i5、メモリ8GB、256GB SSDの物が7万円台で買えてしまいます。また、4096段階の筆圧検知機能がついたペンが付属でついてきます。

 

Windows OSなので、PCとしてもしっかり使いたいならこちらがおすすめです。

 

更に高スペックのcore i7で16GBメモリのものでも10万円程で買えてしまいます。

 

正直恐ろしいほどコスパに優れています。

液タブ兼ノートPCが欲しくてコスパを求めるならとてもおすすめ。

 

レノボ公式販売ページ

 

ちなみに僕も実際このPCを購入して、サブ機として使っております。

詳しいレビューは以下の記事でしていますのでよかったら参考にしてみてください。

【コスパ最強のイラストが描けるPC】Lenovo IdeaPad Flex550(AMD)の液タブレビュー!【メリット/デメリット】

こんにちは。兼子です。   とうとう買いました 兼子LenovoのIdeapad Flex550(AMDモデル)   当ブログでは散々このPCのコスパがすごい!的な記事を以前書きま ...

続きを見る

 

それじゃ

 

ガジェット系の記事はこちら▼

GAOMON ガジェット 液タブ

2022/5/17

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

こんにちは。兼子です。     兼子GAOMONさんから新しい液タブが発売されました 13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。 ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。   また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)   そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思 ...

ReadMore

ガジェット

2022/5/12

液タブ用のスタンドが100均で買える!?実際に使ってみた感想【ダイソー】

こんにちは。兼子です。     兼子最近液タブにスタンドが付属されないことが一般的になりつつありますよね まぁ元々持っている人からしたらいらないかもしれないけど、初めて液タブを買う方からしたら結構スタンドって必須アイテムですよね。   なので別途買うことが必要になるわけです。 ただ問題があって   リンク リンク   結構高い!! 液タブ自体は結構安いのに、スタンドが5000円くらいしてなんかがっかり。なんて思った人も多いと思う。   ぶっちゃけ ...

ReadMore

XP-Pen ガジェット 液タブ

2022/5/5

XP-Penから新しい液タブ【Artist 16セカンド】が発売!Artist Pro16との違いは!?

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penから新機種の発売が発表されておりました。 それがこちら 引用:https://www.storexppen.jp/buy/artist_16-2nd.html Artist 16セカンドという名称の液タブです。   正式に販売されるのは2022年5月16日からなので、この記事執筆時点ではまだ予約販売となっております。   昨年発売されたArtist Pro16に引き続き、今回も16インチサイズの液タブです(正確には15.4インチ) ...

ReadMore

イラストの技術向上 ガジェット

2022/4/26

イラストレーターにデッサン人形は必要!?1万円の高可動域フィギュアを買ってみた結果【東亜重工 合成人間】

こんにちは。兼子です。   先日高可動域フィギュア、【東亜重工製 合成人間(女型) 2次生産分 1/12スケール】を買いました リンク   決して何かいやらしいことを目的に買ったわけじゃなくて、デッサン人形として練習・参考用に買いました。 値段は約1万円と結構お高め。   がしかし   いままでさんざん安い人形を買って結局使わないっていうオチをかましてきたので、ここらで男らしく良い物を買おうと思い、高可動域として有名な合成人形を買いました。 実際本当に1万円の価値は ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/5/17

【高級左手デバイス】TourBox Eliteの実機レビュー!NEOとの違いや、イラスト制作時の使用感について

こんにちは。兼子です。   先日TourBox様から新作の左手デバイス、TourBox Elite(サンプル版)をご提供頂きました。 正直、僕自身左手デバイスを普段使っていなかったので、最初はレビューを断ろうかとも思ったのですが、評判がめちゃくちゃ良かったので提供をお願いしました。   女子大生卑しい・・・   それに何よりガジェット好きには貯まらないデザインをしているんですよね。 というわけでね、このTourBox Eliteをレビューしたいと思います。   &n ...

ReadMore

-ガジェット, 液タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5