当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット

【液タブになる】12インチ以上の絵が描けるタブレットを3つ紹介します【iPad,Galaxy,Lenovo】

8月 25, 2023

こんにちは。兼子です。

 

アシスタント
気軽にデジタルで絵を描きたい!
そんな人にはタブレットがおすすめ!
兼子

 

パソコン+液タブや板タブってなると、それぞれを選ぶのも大変だし、持ち運びにも不便。

筆圧検知に対応したタブレットならそれ自体が液タブになるので、選ぶ手間が減るし、持ち運びもしやすい。

 

それに最近のタブレットは物によってはスペックもかなり高くなってきているし、液タブとして使うことを意識しているため描き味がかなり良い物が多い。

 

自分もたまにタブレットで絵を描いたりしている。

使っているのはHUAWEIのMatepad Pro。

この機種事態かなり描き味は良いので気に入って入るのですが、画面サイズは10.9インチとちょっと小さい。

 

小さい分持ち運びには便利になるけど、しっかり描きたい!って場合は12インチはあった方が良いと思う。

逆に出先でちょっとスケッチがしたいとか、練習用みたいな感じであれば10インチぐらいでも良いと思う。

【実機レビュー】HUAWEI Matepad Proは液タブになる?Googleが使えないデメリットは如何ほどか【M-Pencil 2nd】

こんにちは。兼子です。   先日タブレットというものを買いました。 HUAWEIから発売されているMatepad Pro。   更に同じくHUAWEI製のM-pencil2ndも買 ...

続きを見る

 

また、大きさによって費用の差も結構でるので、予算と相談して決めるのもいいかと。

 

兼子
今回の記事では、タブレットでもしっかり描きたい!って人向けの12インチ以上のタブレットを紹介します

 

タブレットで絵を描きたい!と思っている人は是非参考にしてみてください。

12インチ以上の液タブになるタブレット3選

この記事で紹介する機種は以下の3機種

・Galaxy Tab S9+

・Lenovo Tab P12 Pro

・ipad Pro12.9

他にも種類はあると思うけど、性能が良くてメジャーどころ?から選びました。

 

それぞれの性能はこんな感じになっております。

Galaxy Tab S9+Lenovo Tab P12 ProiPad Pro 12.9
サイズ12.4インチ12.6インチ12.9インチ
解像度2800 x 17522560 x 16002,732 x 2,048
CPUSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for GalaxyQualcomm® Snapdragon™ 870 Processor (3.20 GHz )Apple M2チップ
メモリ12㎇8㎇8㎇~16㎇
容量256㎇256㎇128㎇~2TB
バッテリー10,090 mAh10,000mA/Hr10,758 mAh
ペン同梱同梱別売り(19,880円)
筆圧検知レベル4096段階4096段階1024段階
重量581g565g682 g
値段162,599円107,030円172,800円~

どれもタブレットとしてはかなり高性能。その分結構値段が高く、iPad Proになるとペンが別売りで17万越えになってきます。

Galaxy Tab S9+

引用:https://www.samsung.com/jp/tablets/galaxy-tab-s/galaxy-tab-s9-wi-fi-graphite-128gb-sm-x710nzaaxjp/

最初に紹介するのはGalaxy Tab S9+。

 

正直ただ絵を描くだけにしては少々オーバースペックに感じてしまう程の高性能です。

ペンも付属でついてくるので、これだけで絵を描く環境を整えられます(キーボードは別売り)

 

更に、タブレットなのに防塵防水機能があります。

水にぬれて壊れた経験がある方や、外で頻繁に使う方には嬉しい機能かもしれません。

 

また、9月30日までに購入したかたには、通常別売りのキーボードがプレゼントされるキャンペーン中になっております。

※定価2万1120円

GalaxyのペンはWacomと共同開発

Galaxyの良い所は、ペンやデジタイザー等はWacomと共同開発している所。

また、CLIPSTUDIOとも提携しており、最初からソフトがプリインストールされており、6か月間無料で使う事も出来ます。

 

かなりお絵かき用タブレットを意識して作られております。

 

ちなみにS9シリーズとしては3種類出ており、サイズが11インチ(S9)、12.4インチ(S9+)、14.6インチ(S9 Ultra)とあります。

どれも高性能で、液タブにもなる最強クラスのタブレットです。


 

ただ価格も最強クラスで、16万越え。結構良いパソコンが買えてしまう価格。

 

ちなみに価格が気になるって人は、古い世代の物ですと安く購入する事が出来ます。

古い世代でも単純に絵を描く用途ではそこまでは差はないかと思います。


Lenovo Tab P12 Pro

Lenovo Tab P12 Pro

引用:https://www.lenovo.com/jp/ja/p/tablets/android-tablets/tablets-p-series/lenovo-tab-p12-pro/za9d0067jp

続いて紹介するのはLenovoのTab P12 Pro

他2つと比べると、性能は低いものの、絵を描くには十分なスペック。

 

また、価格もかなり抑えられています。

こちらもペンが同梱されるのですが、なんとキーボードも付属でついてきます。

 

チャンネル削除騒動で動画は消えてしまっていますが、以前さいとうなおき先生がこちらのタブレットをYouTubeでレビューされていました。

 

なので、こちらのタブレットでもしっかり絵を描く事は可能です。

 

ちなみにこのタブレット実際に買って使ってみたのですが、個人的な感想は描きやすくはない。

 

気になった点で言うと、ペン先がラバー素材ぽいので、ペンの滑りが悪い。

なのでノングレア系のザラザラしたフィルムを貼ってしまうと摩擦が強くなりすぎる。

 

逆に何も貼らないと、グレア液晶なので反射がキツイ。

 

あと個人的に気になったのが、付属のペン(Lenovo Precision Pen 3)が調べた限り公式ストアやAmazon、楽天、どこにも売っていない。

なので、失くした場合現状同じペンが手に入らない可能性がある。

 

兼子
Lenovo Precision Pen 2は売っているので、そのうち発売されると思いますが・・・

 

逆に良かったところで言うと、描き心地以外は最高。

画面はかなり綺麗で、ヌルヌル動くし、キーボードもかなりしっかりしていて、付属品とは思えないレベル。

 

バッテリー持ちも十分で、充電器なしでもかなり持つ。

 

全体的に完成度がかなり高いと思う。

ただ、絵の描きやすさ重視の人には正直あまりおすすめはしません。


 

【Lenovo P12Pro実機レビュー】12.6インチで高性能なうえに液タブにもなる!ただ描きやすくはない

こんにちは。兼子です。   兼子 先日新しいタブレットを買いました   それがこちら 兼子 レノボのP12Pro 1年くらい前に発売されたものなので、新しい製品って訳じゃないですが ...

続きを見る

iPad 12.9

引用:https://www.apple.com/jp/shop/buy-ipad/ipad-pro/12.9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4-256gb-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC-wifi-cellular

最後はiPad Pro。もう知らない人はいないんじゃないかってくらいメジャーなお絵かきが出来るタブレット。

正直値段に拘らないのであれば、iPad Proが一番おすすめではある。

 

タブレットシェア率は圧倒的ナンバーワンだし、絵の描きやすさも抜群。

iPadを使って絵を描いている人もめちゃくちゃ多いので、その分情報も多い。

 

また、何よりの利点が使えるアプリがかなり多い。

結構iPadのみのクリエイティブ系ソフトは多くて、特にProcreateってソフトを使って絵を描いている人はかなり多い。

 

またAdobeのソフトもiPad専用で使えたりするので、迷ったらiPadを選んでおくのが一番無難。

 

ただ個人的にはアップル製品って一度使いだすと、「全てアップル製品にしなきゃ!」ってなりそうだから好きではない。

また、画面サイズが一般的な16:9みたいな横長ではなく、3:4と正方形に近い比率になっている。

 

なので横長で慣れている人にとっては使いづらいかもしれない。

 


 

あと、付属品も高いし、基本別売りなので、そこも注意が必要。

ペンも別売りなので、絵が描きたい人はappleペンシルを別途購入する必要があります。


どれも高いけど高性能で安心

というわけで、12インチ以上の絵が描けるタブレット3選でした。

 

選び方としては

・お金に余裕があるし、appleが嫌いではない➡iPad Pro

・ipadは嫌だけど、とにかく絵が描きやすいタブレットが良い➡Galaxy Tab S9+ or S8+

・とにかく安価でそれなりに絵が描けるタブレットが良い➡Lenovo Tab P12Pro

って感じで決めると良いかと思います。




 

12インチ以上の絵が描けるタブレットを探している人は是非参考にしてみてください。

HUAWEIのMatepad Proのレビュー記事もありますので、こちらも気になる方は是非チェックしてみてください。

【実機レビュー】HUAWEI Matepad Proは液タブになる?Googleが使えないデメリットは如何ほどか【M-Pencil 2nd】

こんにちは。兼子です。   先日タブレットというものを買いました。 HUAWEIから発売されているMatepad Pro。   更に同じくHUAWEI製のM-pencil2ndも買 ...

続きを見る

それじゃ

ガジェット系記事▼

2024/1/13

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

2023/12/26

【XPPen】Artist 22Plusが新発売!セカンドとの違いや進化した点について

こんにちは。兼子です。   XPPenからまたまた新しい液タブが発売されました。 つい先日Artist Pro14(Gen2)と、Artist Pro16(Gen2)が発売されたばかりでしたが、ここにきて22インチの液タブも新発売となりました。   液タブのページが新製品だらけになってきました。。   ちなみに先日Artist Pro16(Gen2)を買ったばかりの自分としては、「まじかよ・・・」って思いが否めないのが正直なところであります。 これでArtist22Plusの ...

ReadMore

2023/11/21

【幅が狭い】液タブスタンドとしてBoYataのノートパソコンスタンドを買ってみた!

こんにちは。兼子です。   先月XPPenの新しい液タブ、Artist Pro16 Gen2を買ったのですが、付属のスタンドの角度が低すぎる問題にぶち当たっていました。 おおよそ20度程しか角度が付けられず、これだと自分の場合首に負担がくる。 ないよりマシですが、正直低すぎる。     長時間この角度で描くのは辛いし、多分体にもよくなさそう。   そんなわけで、もう少し角度をつけたい! 角度が付けば首が伸びて、若干姿勢は良くなる。ハズ。 同じような悩みを抱えている人 ...

ReadMore

2023/12/28

【Zenfone10レビュー】最強で最高の小型スマホ!不満なし!安く買う方法も解説【IIJmio】

こんにちは。兼子です。 兼子 先日Zenfone10にスマホを乗り換えました。   今まで比較的安いスマホばかり使っていたので、自信初のハイエンド?スマホである。   そもそも自分はゲームとか、動画編集みたいな高負荷な作業をスマホでやる事はないので、「ハイエンドスマホなんて必要ない!!!!」   と思っていました。   兼子 同じ考えの人、結構多いと思う   ただ、以前まで使っていたスマホ(xiaomiのMi 11 lite5G )だと、ちょこちょこ動作が ...

ReadMore

2023/11/18

【XPPen】Artist Pro16 Gen2実機レビュー!文句なしの使い心地!付属のスタンドは微妙

こんにちは。兼子です。 兼子 先日新しい液タブを買いました   XPPenの最新機種、Artist 16Pro Gen2 リンク 筆圧検知が業界初の16,384段階に対応した液タブ。 筆圧だけでなく、ペンや液晶もかなり拘っている、XPPenの技術を全てぶち込んだような液タブとなっています。   ただ実際性能が良い=描きやすい。というわけでもないので、こいつを実際に使ってみての感想を書いていこうと思います。   兼子 これから液タブを買おうと思っている人は是非参考にしてみてくだ ...

ReadMore

2023/10/5

【XPPen ack05レビュー】イラスト制作時の左手デバイスとしては物足りないけど、買って損はない逸品

こんにちは。兼子です。   兼子 先日XPPenの左手デバイス、ack05を買いました 買いましたと言うか、新しい液タブを買ったら付いてきました。   買った液タブはArtist Pro16(Gen2) 液タブについては後日またレビューする予定です。   というわけで今回はXPPenの左手デバイスを実際に使ってみての感想を書いていきます。 兼子 左手デバイスについて気になっている方は是非参考にしてみてください ack05の外観 ack05の外観はこんな感じ 個人的にだけど、見 ...

ReadMore

2023/10/11

【Lenovo P12Pro実機レビュー】12.6インチで高性能なうえに液タブにもなる!ただ描きやすくはない

こんにちは。兼子です。   兼子 先日新しいタブレットを買いました   それがこちら 兼子 レノボのP12Pro 1年くらい前に発売されたものなので、新しい製品って訳じゃないですが、当時13万ほどした商品が現在10万程に値下がりしていたので買ってみました。   10万円に下がったとはいえ、正直タブレットとしてはかなり高額。 ただそれ相応のスペックに加え、付属品が充実しているのでコスパは悪くない。   はず。。。   というわけで実際に買ってみたこちらをレビ ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット