兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

HUION ガジェット 液タブ

HUIONから4k液タブ【Kamvas Pro 16 Plus(4K)】 が発売!Plusの意味は?

8月 28, 2021

こんにちは。兼子です。

 

 

先日XP-Penから4K液タブが発売されましたが、HUIONからも4Kの液タブが発売されておりました!

兼子
その名もKamvas Pro 16 Plus(4K)


というわけで今回はHUIONさんの4K液タブについて調べてみたので、記事にして書いていこうかと思います。

4K液タブを買おうか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

Kamvas Pro 16 Plus(4K)のスペック

まずスペックについて

サイズ15.6インチ
解像度3840×2160(4k)
色域sRGB145%
ペン性能8192レベルの筆圧検知 60°の傾き検知 充電不要 PenTech3.0
液晶IPS液晶+アンチグレアフィルム
ショートカットキーなし
反応率220PPS
視野角垂直178° 水平178°
接続端子3in1ケーブル USBtypeC→HDMI
電源PCから供給可能

となっております。

HUIONの弱点、ペンの沈み込みが解消

4k液晶という事で、液晶に注目しがちですが、実はペンにも注目してほしいんですよね。

以前からHUION製の液タブはペンの沈み込みが気になる。ってレビューがちょこちょこ見受けられていて、実際僕もHUION製の液タブKamvas Pro13使用時に沈み込みが気になったのですが…

 

なんと解消されたようです!

HUION公式サイトより引用

公式サイトに記載があるように、今回のペンはPenTech3.0という技術が採用されており、とにもかくにも書き味が飛躍的に向上しているようです。

レビューをみても沈み込みが気にならない。っていうコメントがあるので、以前と比べて間違いなく改善されているようです。

Kamvas Pro 16 Plus(4K)の気になるところ(デメリット)

ちょっと製品を見てびっくりしたところが、ショートカットキーもタッチ機能も付いていないという所。

 

基本的に液タブと言えばだいたいショートカットキーやタッチ機能のどちらかが付いてたりしますが、今回の商品はそれらがないようです。

 

ただ個人的に液タブのショートカットキーやタッチ機能は特別要らないかなと思っているので、普段から使っていない人にとっては全く問題ないと思います。

むしろそういう人が多いからあえてつけなかったのかな?って勝手に予想しています。

 

だって結局キーボードの方が便利じゃないですか…

 

タッチ機能はあっても良いかなと思いますが、画面に指紋をぺたぺたつけることになるので、これも微妙な所ですよね。

もしタッチ機能が欲しい!って人はXP-Penの4K液タブがタッチ機能付きなので、そちらがおすすめです。


 Plusの意味は?ない物との比較

今回の商品には名前にPlusという単語が入っていますが、実はないバージョンのもの出ております。

 


↑こちらがPlusのもの

 


↑そしてこちらがPlusが付いていないもの。

 

パッケージがほぼ同じなので、買う際は間違えないように注意してください。値段に約1万円の差があります。

 

で、これらの違いは何?って話ですが、HUIONの公式サイトを見てみると主な違いはコントラスト比色域 

コントラスト比色域
Plusバージョン1200:1sRGB145%
Plusなしバージョン1000:1sRGB120%

上記のようにPlusの方が良い数値になっています。

つまり色味とかコントラストがPlusの方がいいよ!って感じです。

 

でも「Plusなしバージョンが低いのか?」っていうと、全然そんなことはなく、むしろ高い。

 

 

ただそれよりも飛躍的にPlusバージョンの方が高い。

sRGB145%の液タブなんて見たことない(あったらゴメン)

 

トグロ弟(Plusなし)と仙水(Plus)みたいな感じ。

 

なんでぶっちゃけなしバージョンでも全然良いのかと思うけど、多分4kをフルに生かす為にハイエンドモデルが出てるのかと思う。

めちゃくちゃ色味に拘りたいとか、4Kモニターの全力を出させたい!って人はPlusが付いたものを選ぶと良いのかなと思います。

4K液タブを買う際の注意点

で、最後に4k液タブの注意点を書いておこうと思うのですが、PC側が4K出力に対応していない場合、4Kで出力されませんので注意してください。

 

またスペックが低いとろくに動かない事になったりするので、その辺は十分注意してください。

 

値段も4K液タブがで10万って考えるとすごい安いなぁって思いますが、実際10万って大きな出費なんでね、無理して買ったけどパソコンが対応してなかった。って事にならないように注意してください。

 

また16インチぐらいだとフルHDでも充分綺麗に見えるし、値段的にも半額以下になるので、予算がオーバーする際は解像度を落としたものを視野に入れると良いと思います。

HUION公式ストア

それじゃ!

おすすめ関連記事

XP-Penの4K液タブについて書いた記事です

XP-Penから4Kタッチ機能付きの液タブ【Artist Pro 16TP】が発売!Wacomとの比較

こんにちは。兼子です。   兼子とうとうXP-Penが4K液タブだしましたね   XP-Penといえば安価の液タブや板タブを販売しているメーカーって勝手なイメージを持っていたのです ...

続きを見る

フルHDのおすすめ液タブについて書いた記事です

【15.6インチの液タブ】HUIONとGAOMONとXP-PENを比較!安くておすすめの中華製液タブはどれ?

こんばんは。兼子です。   絵を描く人なら一度ぐらいは液タブの購入について悩んだこと、ありますよね。 昔はデジタルでのお絵かき道具=ワコム一択だったので、悩むポイントも少なかったと思いますが ...

続きを見る

ガジェット系記事▼

ガジェット 液タブ

2022/7/3

HUIONの【PW517】とXP-Penの【X3 Elite】を実際に使ってみた比較!使いやすさはどっち?

こんにちは。兼子です。   最近の液タブは安価なのに高性能な物がどんどん増えてきておりますよね。 解像度や色域等の液晶の性能が良いのはもちろんのこと、ペンの性能もどんどん上がってきています。   中でも個人的にはHUIONの「PW517」というペンと、XP-Penの「X3 Elite」はどちらも沈み込みや視差等がかなり少ない高性能なペンだと思う。 PW517 X3 Elite   ただ同じような使い心地かというと、そんなことはない   それぞれにメリットやデメリット ...

ReadMore

ガジェット 板タブ

2022/6/23

やたら可愛い板タブ、【HUION KIZUNA】レビュー!使いやすさや描き味について

こんにちは。兼子です。   女子大生板タブってなんであんなに無機質なの?   そんな疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか。   板タブといえば黒くて四角い、無機質で無難なデザイン。 多少のデザインは違えど、だいたいどこのメーカーも大差はそこまでない。   それ故 ・もっと刺激が欲しい・・・ ・女性向けのデザインの板タブが欲しい・・・ ・プレゼントで「ォオッ!」と思われるような板タブが欲しい・・・ って人、多いんじゃないでしょうか。 兼子お待たせしました ...

ReadMore

ガジェット パソコン

2022/6/18

Surface ProとIdeaPad Flex550はどっちの方が液タブ兼PCとして良かったか?

こんにちは。兼子です。   自分は今年の2月にサブPCとしてLenovoのIdeaPad Flex550というノートPCを買ったのですが、それ以前はMicrosoftのSurface Pro4を使っていました。   両者ともに何を決め手に買ったのかというと、液タブとして画面に直接描画できるのか?っていう所。   どちらも画面に直接ペンで絵が描ける、液タブにもなるPCなんですよね。 年末とかに実家に帰省するときに、PC一個持っていけば絵が描ける。っていう状態にしたくて、これを基 ...

ReadMore

ガジェット

2022/6/17

【絵描きの腰痛対策】約1万円で買えるオフィスチェアレビュー!【FelixKing】

こんにちは。兼子です。   約2週間ほど前に新しい椅子を買いました。 それがこちら。FelixKingというあまり聞きなじみのないメーカーのオフィスチェア。   かなりシンプル故に逆に高そうだけど実は見た目通りの約1万円という低価格な椅子。 リンク 1万円って高くない!?と思われる人もいるかもしれないけど、結構オフィスチェアって高い物が多くて、平気で10万、20万の椅子もあるから、全体的に見たら割と安価な椅子だと思う。   自分は4月に電動昇降デスクを買ったんですが、それ以来 ...

ReadMore

液タブ

2022/6/10

格安22インチの大画面液タブ比較!それぞれの特徴とおすすめの選び方【HUION・XP-Pen・GAOMON】

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penの22インチ液タブを購入したのですが、購入にあたって結構他の製品と比較しました。 具体的に言うと、HUIONとGAOMON、そしてXP-Penの3メーカーの液タブで悩みました。 値段やスペックが似ているんですよね。   結果XP-Penを買ったわけなんですが、何故XP-Penを選んだかって言うのをそれぞれ比較しながら解説していこうと思います。 現在22インチの液タブ購入を検討している方は是非参考にしてみてください。 目次1 HUION、XP- ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/6/14

TourBox Eliteが楽天で予約開始!

こんにちは。兼子です。   先日当ブログで紹介したTourBox Eliteが楽天で予約販売が開始されました! TourBox Elite【楽天ショップ】   TourBoxEliteはクラウドファンディングで約1億4000万という異常なまでの金額を集めた話題の左手デバイスです。(当初目標金額は1000万でした。)   値段は色によって変わるのですが、白と黒は約3万3千円、スケルトンタイプは約3万8千円となっており、かなり高級な左手デバイスです。 女子大生ちょっと高すぎない⁉ ...

ReadMore

XP-Pen 液タブ

2022/6/5

格安大画面液タブを使ってみて感じたデメリット4選【XP-Pen Artist22セカンド】

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penの22インチ液晶タブレットを買ったのですが、これがなんと約48,000円。 なかなかに格安な液タブですよね。   20インチ越えの液タブもこんな価格で買えるようになったんだなぁ…と思う反面   女子大生怪しくない!? とも思っていました。   いやだって16インチとかでも4万円前後ぐらいするから、それがプラス1万円ぐらいで6インチも大きくなるなんて・・・ そんな上手い話ある?って感じでした。     実 ...

ReadMore

XP-Pen ガジェット 液タブ

2022/6/10

【XP-Pen】Artist22セカンド実機レビュー!視差や描きやすさ、Artist Pro16やArtist24との比較

こんにちは。兼子です。   兼子この度新しい液タブを買いました タイトルにもありますが、XP-PenのArtist22セカンドという液タブです。   なんでこれを買ったかという、   でかくて安いからです。 22インチという液タブとしてはなかなかに大画面の部類に入ります。それでいてなんど5万円以下というお手ごろ価格。   自分は今まで最大で16インチまでしか使った事がなかったので、一度大画面液タブを使ってみたい!と思い買いました。 買ってみた感想を先に言うと &nb ...

ReadMore

ガジェット パソコン 液タブ

2022/5/25

液タブになってイラストが描ける2-in-1PC【HUAWEI Matebook E】が期間限定でお得に買える!?【限定クーポン】

こんにちは。兼子です。   以前当ブログでも紹介していたHUAWEIのMateBook Eが現在同時購入でお得に付属品を買えるキャンペーンをやっております。 というわけで、その内容について詳しく記載していこうと思います。   MateBook Eのご購入を検討している方は参考にしていってください。 またその他HUAWEI商品の限定クーポン情報もありますので、是非最後までご覧ください 目次1 お得に買える付属品の内容1.1 Matebook E Core i3モデルのお得に買える付属品1 ...

ReadMore

GAOMON ガジェット 液タブ

2022/5/19

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

こんにちは。兼子です。     兼子GAOMONさんから新しい液タブが発売されました 13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。 ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。   また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)   そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思 ...

ReadMore

-HUION, ガジェット, 液タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました…