当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット 液タブ

【ノートパソコン・タブレットPC・タブレット】液タブにするならどれがおすすめか!?

9月 12, 2022

こんにちは。兼子です。

 

液タブを使いたいけど、現在PCがない。って人も多いと思う。

そんな人におすすめできるのが、ペンによるタッチ機能が搭載された、パソコン。もしくはタブレット。

HUAWEI Matepad Pro

ペンタッチ機能があれば画面に直接描く事ができるので、それ自体を液タブとして使う事が出来ます。

自分も2017年に、液タブとパソコンが欲しい!という思いから画面に直接絵が描けるタブレットPCのSurfacePro4を買いました。

 

そして今年の初めにLenovoのIdeaPad Flex550、さらについ先日HUAWEIのタブレット端末、Matepad Proを買った。

 

というわけで、ノートパソコン、タブレットPC、そしてタブレットを液タブとして使ってきたので、それぞれの特徴や、デメリットなどを書いていこうと思います。

これから液タブ兼PC、もしくは液タブ兼タブレットになるものを買おうとしている方は是非参考にしてみてください。

 

 

※自分が買ったのは

ノートパソコン=LenovoのIdeaPad Flex550

タブレットPC=MicrosoftのSurface Pro4

タブレット=HUAWEIのMatepad Pro

となりますので、この端末では!という話になります。

ノートパソコン、タブレットPC、タブレット、それぞれの液タブ使用時の特徴

どれもコンパクトで持ち運びができ、それ自体が液タブになる。という大きな特徴を持っているわけですが、実際使ってみると使い勝手は結構異なる。

それぞれの液タブとして使う場合の特徴を比較すると以下のような感じ。

ノートパソコン(Ideapad Flex550) タブレットPC(Surface Pro4) タブレット(Matepad pro)
携帯性(重量)
描き心地
熱(CLIPSTUDIO 使用時)
コスパ
出来る事
デザイン

※機種により異なるので、あくまで参考までに。

液タブ使用時のノートパソコンのメリット・デメリット【Ideapad】

まずノートパソコンを液タブとして選ぶ場合のメリットはコスパの良さ。

もちろん全てがコスパに優れているわけではないけど、自分が買ったIdeapad Flex550はかなりコスパが良い。

 

CPUがRyzen7、メモリ16㎇、ストレージが512㎇で10万円を切る価格。

動画編集や3DCGの負荷にも、ある程度なら耐えられると思う。

 

性能が良くて値段も安い。その上で更に液タブになる。

 

また、このIdeapad Flex550はペンも付属でついてくる。なので特別付属品を買うことなく、このPCを買えばすぐ絵が描ける。

 

またサイズに関しても14インチとそれなりに大きいので、他2つと比べて大きい画面で絵を描く事ができる。

※Surfaceは12.3インチ、Matepadは10.8インチ

 

逆にデメリットは描き心地が他2つと比べて良くなかった。

あくまで「ペンも使えますよ~」ぐらいのスタンスだと思うので、そこまで描き味を追求されているわけではないのだと思う。

 

あとはIdeapad Flex550に関しては色域も低く、色味も良くない。

なので完全にお絵かきメインで考えるのであれば、他2つの方が良いかと思う。

 

ただあくまで「これ自体を液タブに使いたい!」って場合であって、別途板タブや液タブを接続することもできるので、描き味に関しては改善もできる。

 

あとは重さが他2つと比べると結構重い。IdeaPad Flex550が1.5キロほどなので、持ち運べない重さではないけど、軽くはない。

なので頻繁に持ち運びたい場合はちょっとデメリットかもしれない。

 

 

絵以外にも使用用途があり、結構高負荷がかかる作業も考えている方にはおすすめ。

 

ボタン

 

詳しくは以下の記事でIdeapad Flex550について書いておりますので、よかったらこちらもご覧ください。

【実機レビュー】IdeaPad Flex550(AMD)を液タブとして使ってみた!【デメリット7選】

こんにちは。兼子です。   兼子 先日ノートパソコンを買いました LenovoのIdeapad Flex550(AMDモデル)   何故このIdeaPadを選んだかというと、コスパ ...

続きを見る

液タブ使用時のタブレットPCのメリット・デメリット【Surface Pro4】

タブレットPCのメリットは、軽くて持ち運びもできるし、PCとして使う事が出来る所。

パソコン用のソフトが使えるし、液タブや板タブとも接続できる。

 

また、タブレットPCって結構液タブとして使われることを意識されている為、ペンの性能が良く描きやすさが良い。

 

逆に悪い所はコスパがとにかく悪い。

そこそこの性能のものを買おうとするとかなり高くなる。

 

現在発売されているSurfaceProシリーズの最新機種、Surface Pro9は約17万~からとなっている。

更にタブレット形状なので、キーボードもないし、ペンも別売り。

 

それなりのものを買おうとすると20万は超える。

なのでコスパについてはかなり悪い。

 

Surfaceに限らず、タブレットPCは高性能モデルになるとかなり高くなるので、全体的にみてもコスパはあまり良くないと思う。

 

また、他2つより結構熱くなりやすい気がします。

CLIPSTUDIOぐらいでは問題ないけど、動画編集とか、Adobe製品を使うとかなり発熱しました。

 

良くも悪くもタブレットとPCの中間という感じ。

 


Surface Pro4については以下の記事で詳しく書いていますので、よかったら合わせてご覧ください。

Surface 液タブ
Surfaceは液タブになる?実際に使ってみて感じたメリットとデメリット

アシスタント Surfaceってipadみたいに絵が描けるの? きっとこの記事を見ている人はそんな疑問を抱えてたどり着いた人だと思います。   結論から言うと、全然描く事は出来ます。 &nb ...

続きを見る

液タブ使用時のタブレットのメリット・デメリット【Matepad Pro】

最後にタブレットについて。

これのメリットはとにかく描き味が良くて持ち運びに優れている所。

 

10.8インチと比較的小さいのだけど、重さはなんと500g以下。

 

ペンも合わせても500mlのペットボトルぐらいの重さなので持ち運びには大変優れています。

またHUAWEI製のペンの描き味もかなり良くて、描き味に関しては3つの中で一番よかった。

 

デメリットとしてはあくまでタブレットなのでPC用のソフトは使えない所。

 

またHUAWEIはアメリカに制裁を加えられた影響でGoogle製のアプリやGoogle playが使えなかったりする。

なのでこのHUAWEI製のタブレットに関して言うと用途が結構限られてくる。

 

ただ絵を描く分には全然使えるので手軽に絵を描きたい!って人にはタブレットがおすすめ。


 

Matepad Proに関しては以下の記事で詳しく紹介してますので、こちらも合わせてご覧ください。

【実機レビュー】HUAWEI Matepad Proは液タブになる?Googleが使えないデメリットは如何ほどか【M-Pencil 2nd】

こんにちは。兼子です。   先日タブレットというものを買いました。 HUAWEIから発売されているMatepad Pro。   更に同じくHUAWEI製のM-pencil2ndも買 ...

続きを見る

目的別のおすすめ

というわけでそれぞれの特徴について書いてきましたが、目的別のおすすめとしては以下の通り

・高性能のパソコンとしても使いたい人や、持ち運びをそこまでしない人➡ノートパソコン

・持ち運ぶし、パソコンとしても使いたい。またお金にもある程度余裕がある人➡タブレットPC

・とにかく描きやすさや持ち運びを重視。お絵かきができればOK!という人➡タブレット

あくまで個人的なおすすめですが、参考にしてもらえたら幸いです。

 

ちなみにタブレットに関しては、iPadを買っておけば間違いない。

 

性能も良く、描き味も良く、使えるアプリも多く、ユーザーも多い。

その分高くはなるけど、パソコンは嫌だけどパソコン並みの事をタブレットでしたい人!って人はiPadを選ぶと良いと思います。


 

ちなみに自分はappleがあんまり好きじゃないのでHUAWEIのタブレットにしました。

 

個人的にはどれも液タブになるし、買って後悔した・・・って事はなかったけど、それぞれ良い点や悪い点があるので、買う際は使用用途をじっくり考えてみると良いかと思います。

 

それじゃ

2024/4/1

KOORUIの27インチモニター27N4Qを買ってみた!おすすはできない

先日液晶モニターを買い換えました。 KOORUIの27インチモニター。 リンク Amazonで5,000円 オフのクーポンが配布されており、約25,000円で買いました。   アシスタント モニター持ってなかった? 持ってたけど、TN液晶の安物ゲーミングモニターだったから、色味が大分おかしかったんだよね 兼子   そもそも絵描きがゲーミングモニター使うなよって話ではあるんだけど、PCを買う時に何も考えずにまとめ買いしちゃって、それをだましだまし使っていました。 それに使っている液タブが ...

ReadMore

2024/3/29

TourBox Liteレビュー!案外Liteでもいける

先日TourBox様より、TourBox Liteをご提供頂きました。 TourBoxと言えば左手デバイスとして有名ですが、値段が結構お高い。 最上位モデルのEliteは約4万円と、なかなか手を出しづらい価格。   使ってみたいけど、価格的に諦めていた人は多いと思う。 兼子 そんな人に向けて発売されたのが、今回提供頂いたTourBox Liteになります   値段が約13,000円と、Eliteに比べて3分の一になっており、かなりお求めやすい価格になっています。 ただ、その分削られた機 ...

ReadMore

2024/3/11

HUIONからもAndroidタブレットが発売!XPPenのタブレットとの比較

先日XPPenからAndroidタブレットが発売した記事を書きましたが、HUIONからもAndroidタブレットが発売されました。 その名もKamvas Slate10。 アシスタント Slateって何・・・? 予定するとか、計画する、石板って意味らしい・・・読み方はスレート 兼子 何故Slateという名前になったのかは謎。   そして個人的にアプリのUIがパット見た感じなんだかめちゃくちゃ不安な見た目をしているのが気になる所… 「とりあえず作ってみたよ」って段階感がすごい。   とい ...

ReadMore

2024/3/12

XPPenからイラスト制作用Androidタブレットが発売!【充電不要&16,384段階の筆圧検知】

先日液タブや板タブを販売するメーカーのXPPenからAndroidタブレットが発売されました。 絵が描けるAndroidタブレットってのは今までも結構発売されているけど、液タブ板タブの開発メーカーがAndroidタブレットを発売するケースは稀。 そんなわけで、結構期待と不安が入り混じるタブレットとなっているかと思いますので、この記事では性能などをまとめてみます。 Magic Drawing Padの性能 公開されている性能は以下の通り サイズ 279 x 192 x 6.9 mm 液晶サイズ 12.2イン ...

ReadMore

2024/3/5

FlexiSpotがセール中でかなり安くなってるので超おすすめ【スタンディングデスク】

自分が愛用しているスタンディングデスクメーカーのFlexiSpotが現在新生活応援セールを開催している。(2024年4月1日まで) 兼子 めちゃくちゃ安くなっている   ちなみに自分が買ったEF1というデスクは元が約3万円で比較的安いんだけど、今なら23,100円で買える。(天板別売り) マジでデスクワークしている人はスタンディングデスク超おすすめです。   単純に座って作業する際も、机の位置を微調整できるし、座ってて腰が痛くなってきたら立ち作業に変えられる。体を労わるだけでなく、気分 ...

ReadMore

2024/3/5

【Lenovo】Ideapad Slimを使ってみたけど、個人的にはFlexがおすすめ

先日Ideapad Slim570の中古品を入手しました。 買ったわけではなく、ASPサイトが主催していたプレゼント企画で当選して手に入れたもの。 ちなみにIdeapad Slim570は2022年に発売されたPCなので、今は廃番になっている。 現在は新しいモデル(Slim5 Gen8)がでているので、今更Slim570をレビューする価値はほとんどない。   ただ、自分は以前Ideapad Flexシリーズを使っていたので、SlimとFlexの違いについて書いていこうと思います。 どちらもIde ...

ReadMore

2024/4/21

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット, 液タブ