兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

XP-Pen ガジェット 液タブ

【XP-Pen】Artist Pro16実機レビュー!X3チップ搭載の最新ペンはすごい?前モデルとの比較!

11月 20, 2021

こんにちは。兼子です。

 

 

兼子
とうとう買ってしまいました

 

XP-Pen Artist Pro16を。

 

実は以前に記事で、XP-Penから新商品が出たぞ!!ってことで紹介していたのですが、お金に余裕がなくて買っていませんでした。

XP-Penから新たな液タブ【Artist Pro16】が発売!Innovator 16・Artist 15.6Proとの違いは?

こんにちは。兼子です。   つい先日XP-Penから新たな液タブが発売されましたね。   リンク 16インチの液タブ、Artist Pro16! 新しい液タブの発売を知るとワクワク ...

続きを見る

 

なんでもペンが一新されて描きやすさがかなり向上したらしいので、個人的にかなり使ってみたいと思っていました。

そんな思いを募らせること約2ヵ月。

 

とうとう我慢が出来ず買ってしましました。

 

というわけでね、今日はXP-Pen Artist Pro16についてレビューしていこうと思います。

また今回16インチの液タブを買ったので、以前まで使っていた13インチと比べてみての感想も合わせて書いていこうと思います。

この記事はこんな方におすすめ

  • 液タブを買おうと思っている方
  • XP-Penの性能について知りたい方

 

XP-Pen Artist16のスペック

まずはスペックについて。

サイズ15.4インチ
解像度1920×1080(フルHD)
色域Adobe RGB94%
ペン性能8192レベルの筆圧検知 60°の傾き検知 充電不要 X3チップ搭載
液晶IPS液晶+アンチグレアフィルム
ショートカットキー8つ+デュアルダイヤル
反応率200RPS
視野角垂直178° 水平178°
接続端子3in1ケーブル USBtypeC→HDMI
電源PCから供給可能

となっております。

 

この液タブ、2021年の8月に発売されたかなり最新の液タブなのですが、何が良いかっていうとペンが良いのです。

基本的にその他の性能はそこまで変化はしていないのですが、このペンがかなり進化して、今までのペンとは別物になっています。

 

その秘密がX3チップというわけです。

X3チップとは何か?

じゃぁそのX3チップってなんだよって話ですが、ペンに組み込まれたスマートチップの事で、これがある事でペンの性能が飛躍的に上がるわけです。

引用:XP-PenのHP

具体的に何が上がったのかというと

・感度が10倍に上昇

・沈み込みの軽減(従来の2分の1)

・消耗部品のスプリングが無くなったことで耐久力の向上

・ペンの後ろ部分が消しゴム機能に

といった感じです。

そもそも僕は旧製品のXP-Pen Artist13.3Proという商品を使っていたのですが、これも十分すぎる程描きやすく感じていました。

 

そこから更に描き心地がアップってやばいじゃないか!?って思ったわけですよ。

これはもう欲しくなりますよね。というわけで買ってしまいました。

Artist Pro16の開封レビュー① 公式サイトから購入

そんなわけで、先日届いたので、開封レビューをしていこうと思います。

 

今回僕はAmazonや楽天ではなく、XP-Penの公式サイトから購入しました。

理由は値段も変わることなく、保証が18ヶ月(Amazonは12か月)になるし、購入特典っていうのが公式サイトから買った場合にもらえるんですよね(100文字以上のレビューを書いた場合)。

実際商品到着後、使用感をレビューしたら保護ケースがもらえました(3200円相当)

※ブックオフのカードは大きさ比較の為に置いたもので、プレゼントされておりません。

 

そんなわけで今回初めて公式サイトから買ってみました。

 

 

で、気になるのがどのくらいで届くのか?ってところですよね。

公式サイトでは出荷に1~2営業日、出荷後1~5日とあるので、例えば月曜日に頼めば水曜~金曜あたりに届くのが一般的だと思います。

 

で、僕は土曜日に頼んだので、火曜に出荷され、水曜日に届きました。(土日は非営業日の為)

 

ちなみに荷物はちゃんと追跡できます

基本的に配送はAmazonとかの方が早いけど、保証や特典が無料で得られるので、どうしても翌日欲しいとかでなければ個人的には公式ストアで買う方をおすすめします。

【Artist Pro16】 XP-Pen公式ストア


Artist Pro16の開封レビュー② 梱包物

内容物はこんな感じでした。

注意点としてはこのArtist Pro16はスタンドが付いておりません。

基本的には液タブはスタンドがあった方が良いと思いますので、ない方は別途買うことをおすすめします。

 

ちなみに購入画面でもスタンド付きで選ぶことも可能で、下記画像の【+AC18】ってのをクリックして買えばスタンドも一緒に購入ができます。

 

あとは一応海外向けの変換アダプターもついておりますので、海外に持ち運ぶ際も多分安心。

最新のペンの高級感がやばい

基本的に内容物に変わったところはありませんが、ペンの高級感がえげつないです。

こんなペンケース見たことありません。

前モデルのものも割と高級感があったように感じましたが、今回のものと比べるとおもちゃです(失礼)

↑前モデルのペンとペンケース

 

見た目もそうなんですが、何よりこの新しいペンの高級感の正体は手触りと重量です。

 

もう持った瞬間感じるのが

 

兼子
圧倒的金属感

その為かなり重いです。(184g)

※ペン自体は約13gでめちゃくちゃ軽いです

 

ちなみに前回のペンケースとペンは約100gなので、倍近く重くなっております。

正直ちょっとした武器を持っているかのような重厚感を感じます。

この無駄な重厚感がはたして良いか悪いかはわかりませんが、良い物を使っているな!という気分にはなれます。

 

持ち運ぶのにはちょっと重くなるのでデメリットだけど。

Artist Pro16を実際に使ってみた描き心地

というわけで実際に使ってみたわけですが、Artist13.3Proと比べてもかなり描きやすくなっております。

 

公式サイト通り、視差や沈み込みなどほぼ皆無です。

画面端でもしっかりと狙った所に描画されます。

 

沈み込みも強く押し込めばほんの少し沈み込むけど、違和感とか描き辛いとかは一切ないレベル。

ていうか実際に紙に鉛筆で描く際も力込めればちょっと沈み込むし、そんなレベルです。

 

とにもかくにも液タブとしての描きやすさは抜群です。

ショートカットキーも充実

また、ショートカットキーも充実しており、8個のショートカットキーボタンとデュアルホイールが付いております。

 

デュアルホイールってなんだよ!?って話ですが、通常のホイールの中の部分がタッチセンサーに対応しており、ここをなでる事でも違うアクションができます。

例えば外側の回転ホイールでは画面の縮小率、中のタッチホイールではブラシサイズの変更などをすることができます。

この辺の設定はドライバーから簡単に変更可能です。

 

最初はこの機能どうなの?って感じでしたが、想像以上にタッチ感度がよく、普通に使いやすいです。

ショートカットキーを駆使する方にとってはかなり良い機能になっております。

 

また今回のペンから背面が消しゴム機能になっております。

なのでペンを逆さまにして使うと消しゴムに早変わり!!

 

なんですが、ぶっちゃけこの機能は要らないかなと思いました(ショートカットキーの方が早いし楽なので)

Artist Pro16の欠点① 色味の調整が必要

描きやすさはめちゃくちゃ良い!のですが、欠点というか注意する点がいくつかあるので書いていきます。

まずは色味です。

メインのモニターと接続時は結構違いました。

ただこれはメインモニターがIPSではなくTN液晶という、青みが強い液晶なので、その対比のせいでもある。

※Artist Pro16はIPS液晶で黄色味が強い

 

それでもちょっと黄色味が強すぎる気がします。

 

まぁ直さなくてもいいかもしれないけど、一応設定で色味の調節をしてみました。

まず、XP-Penのドライバーを開き、【エリアの設定】→【作業エリア】→【ディスプレイの設定】を開きます。

僕の場合色温度を5000KからUSERにして、輝度を65、対比度を60にしました。

まぁあんまりこだわったところで結局見る人のモニターによって変わってくるところなので、個人的にはある程度違和感が無くなれば良いかな程度でやっています。

Artist Pro16の欠点② ペンのグリップが無くなった

そして個人的に残念だったのが、ペンのグリップが無くなりました。

前回のモデルは握り部分がラバーっぽいグリップだったのですが、今回からはラバーは無くなり、全体的にプラスチックっぽい質感になりました。

ペンケースはやたら高級感がありましたが、ペンの方は逆におもちゃっぽさが増しました。

 

ラバーだとゴミが付いたりべたべたする事があるっていう欠点もあるのですが、やっぱりあった方が握りやすい。

 

なのでこれが無くなったのはちょっと残念。

もう少し使ってみて、疲れるようなら100均でグリップでも買ってこようと思います。

16インチと13インチを使ってみての比較

というわけでね、Artist Pro16は個人的にめちゃくちゃ描きやすい!と思ったのですが、その理由の一つに16インチになった事(正確には15.4インチ)もあります。

 

というのも僕は元々13インチの液タブを使っていました。

正直ぱっと見そこまで13インチと16インチって変わらない気がして、だったらちょっとケチって13インチでいいや!って理由で13インチを当初買いました。

 

がしかし!

 

使ってみるとわかりましたが、13インチと16インチ、全然使い勝手が違いました

 

いや本当3インチの差は結構でかい。

特にラフを描くときとか、画面を拡大しなくとも割と描いていけちゃうってのが本当に良い。

比べるとこんな感じ。(手前が13インチ奥が16インチ)

 

まぁここら辺は描く絵の粗密の差で変わってくると思いますが、個人的には本当に16インチにしてよかったと思えました。

 

また、絵を描いてみると結構大きな差があるのに、見た目的な圧迫感がそこまでなく、結構16インチってのは絶妙な大きさだと思う。

ただ持ち運ぶことを考えるのなら圧倒的に13インチにしておいた方が良い。

 

理由は13インチならギリギリ持ち運ぶ気になれるから。

16インチは重さもあるし、普通のバックじゃなかなか入らないと思います。

 

また画面が大きくなると、その分手を大きく動かす必要があるので、そこが若干ネックに感じる人もいるかも。

 

ちなみに16インチってのはA4より縦がちょっと短いけど、横はA4より結構長いぐらいの大きさです。

まとめ 初心者にもプロにもおすすめの液タブ

というわけでArtistPro16を買ったのでレビューしてみました。

本当何度も言うけど、すごく描きやすい!

 

特に感じたのが、文字なんかを描くときに以前のものと比べて格段に紙に描いている感じに近くなった。

あくまで近づいたって話で、決して「まさに紙に描いてる感じ!!」とはならないけど、以前のものよりも全然描きやすい!

 

液タブで文字が描きやすいと感じたのは初めての経験だったので驚きました。

 

値段も約5万円と、決して安くはないけど、高すぎる金額でもないと思います。

プロはもちろん、初心者にも個人的にはおすすめです。

 

これから液タブを買いたい人や、買い替えを検討している方は是非参考にしてみてください。

XP-Pen公式ストア

 

それじゃ

 

レビュー・プレゼントキャンペーンの参加方法については以下の記事に書きました▼

【XP-Pen】レビュー・プレゼントキャンペーンで保護ケースが無料でもらえた!?公式ストアがすごい!

こんにちは。兼子です。     兼子XP-Pen公式ストアで商品を買ってレビューすると、プレゼントが貰えるって知っていましたか?   じゃん!!   実際にレビ ...

続きを見る

ガジェット記事はこちら▼

GAOMON ガジェット 液タブ

2022/5/17

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

こんにちは。兼子です。     兼子GAOMONさんから新しい液タブが発売されました 13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。 ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。   また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)   そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思 ...

ReadMore

ガジェット

2022/5/12

液タブ用のスタンドが100均で買える!?実際に使ってみた感想【ダイソー】

こんにちは。兼子です。     兼子最近液タブにスタンドが付属されないことが一般的になりつつありますよね まぁ元々持っている人からしたらいらないかもしれないけど、初めて液タブを買う方からしたら結構スタンドって必須アイテムですよね。   なので別途買うことが必要になるわけです。 ただ問題があって   リンク リンク   結構高い!! 液タブ自体は結構安いのに、スタンドが5000円くらいしてなんかがっかり。なんて思った人も多いと思う。   ぶっちゃけ ...

ReadMore

XP-Pen ガジェット 液タブ

2022/5/5

XP-Penから新しい液タブ【Artist 16セカンド】が発売!Artist Pro16との違いは!?

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penから新機種の発売が発表されておりました。 それがこちら 引用:https://www.storexppen.jp/buy/artist_16-2nd.html Artist 16セカンドという名称の液タブです。   正式に販売されるのは2022年5月16日からなので、この記事執筆時点ではまだ予約販売となっております。   昨年発売されたArtist Pro16に引き続き、今回も16インチサイズの液タブです(正確には15.4インチ) ...

ReadMore

イラストの技術向上 ガジェット

2022/4/26

イラストレーターにデッサン人形は必要!?1万円の高可動域フィギュアを買ってみた結果【東亜重工 合成人間】

こんにちは。兼子です。   先日高可動域フィギュア、【東亜重工製 合成人間(女型) 2次生産分 1/12スケール】を買いました リンク   決して何かいやらしいことを目的に買ったわけじゃなくて、デッサン人形として練習・参考用に買いました。 値段は約1万円と結構お高め。   がしかし   いままでさんざん安い人形を買って結局使わないっていうオチをかましてきたので、ここらで男らしく良い物を買おうと思い、高可動域として有名な合成人形を買いました。 実際本当に1万円の価値は ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/5/17

【高級左手デバイス】TourBox Eliteの実機レビュー!NEOとの違いや、イラスト制作時の使用感について

こんにちは。兼子です。   先日TourBox様から新作の左手デバイス、TourBox Elite(サンプル版)をご提供頂きました。 正直、僕自身左手デバイスを普段使っていなかったので、最初はレビューを断ろうかとも思ったのですが、評判がめちゃくちゃ良かったので提供をお願いしました。   女子大生卑しい・・・   それに何よりガジェット好きには貯まらないデザインをしているんですよね。 というわけでね、このTourBox Eliteをレビューしたいと思います。   &n ...

ReadMore

-XP-Pen, ガジェット, 液タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5