兼子
自作のラインスタンプ販売中

PC周辺機器・ガジェット

【レビュー】話題のTickTimeを買ってみた!タイマーで本当に作業効率は上がるのか!?【ポモドーロ法】

こんにちは。兼子です。

 

兼子
先月作業に集中するためのアイテムとして、巷で話題のTick timeという物を買ってみました

Tick Timeって何ぞ?って人の為に説明すると、簡単に言うとキッチンタイマーだ。

正六角中になっていて、それぞれに書いてある面を上にすることで、その時間のタイマーが起動する仕組み。

こんな感じで15の面を上にすると15分のタイマーがスタートする。

女子大生
キッチンタイマーの何が話題なの?

 

何でもメンタリストのDaiGoさんが進めたことで有名になったらしい。

この動画の13分あたりからこのタイマーについて触れております。

 

そんなわけでこのタイマーが一躍有名なガジェットとなったわけで、その流行に乗って買ってみたわけです。

というわけで実際にこのTick Timeを使ってみた率直な感想を書いていこうと思う。

タイマーに5,000円越えは高すぎる

引用:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09NZH2QBD/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02_s00?ie=UTF8&th=1

多分よほど金持ち以外このタイマーに対して誰もが思うであろう疑問。

 

高すぎない!?

 

もちろん自分も思った。

いかにもガジェットっぽい見た目をしているとはいえ、タイマーが6,000円近くするのはいささか違和感を感じてしまう。

 

実際手にしてみたらお値段以上に感じるものもあると思うけど、正直未だにこれはちょっと高すぎると思う。

ぶっちゃけ何ができる?って言われたら時間を計る事だけなので、数百円で買えるキッチンタイマーと能力は変わらない。

 

とはいえもちろん値段の高さにはそれなりの理由があるので、なんとか掘り下げて解説していきたい...

Tick Timeはポモドーロ・テクニックに特化したタイマー

そもそもこのタイマーはポモドーロ・テクニックという時間管理術を実行するためのタイマーと言っても過言ではない。

ポモドーロテクニックとは?

このテクニックではタイマーを使用し、一般的には25分の作業と短い休息で作業時間と休息時間を分割する。1セットを「ポモドーロ」と呼ぶ。これはイタリア語で「トマト」を意味する言葉で、シリロが大学生時代にトマト型のキッチンタイマーを使用していたことにちなむ。

引用:Wikipedia

つまり25分作業して、5分ほど休む。そしてまた25分の作業→休憩・・・というのを4セット繰り返す。その後は少し長めの休憩をとり、再び25分+5分の休憩・・・というのを繰り返す時間管理術。

 

女子大生
集中してる時にタイマーが鳴ったら、逆効果になりそう・・・

って気もするけど、そもそも人間の集中力には限界があるので、集中力が切れる前に休憩することでより長く作業に集中できる方法らしい。

今良い波に乗っているから!と張り切りすぎると、逆にその反動でやる気が起き無くなる。

 

なのであえて集中力が切れない所で一旦休憩をはさむことで、その後再始動しやすくなる。

その時間が25分がベストとされている。らしい。

なのでもちろん25分セット用の面もある。

メモ

他にも3分、5分、10分、15分、30分のセットが可能

Tick Timeのメリット

この高すぎるキッチンタイマーにはもちろんそれなりにメリットがある。

ただのキッチンタイマーとは違う。

転がすだけでセット

まず一番はセットが簡単という所。

このタイマーの魅力はまさにここ。この機能が4,800円分ぐらいの価値になっている。

 

スマホやキッチンタイマーでも時間を計ることは容易だけど、毎回セットしていると意外と面倒に感じてくる。

その手間を最小限に減らすことで、よりスムーズに作業に入る事が出来る。

 

また、タイマー機能しかない事で、その他の誘惑に襲われることもない。

例えばスマホで計測すると、毎度スマホをいじる事になる。

 

その際にメールやラインが来ているとつい見てしまい、タイマーを忘れる事すらあると思う。

そういった誘惑や、手間を極限まで排除して、とにかく作業に集中しやすい作りになっているわけだ。

デジタルで減っていくメモリでやる気が落ちにくい

そしてこのいかにもガジェットらしい液晶にはメモリがついていて、このメモリが時間と共にどんどん減っていく。

メモリが減る事で達成感を得る事が出来、やる気の低下を防いでくれる。

 

単純に見た目もかっこいいので、なんとなくモチベーションも上がる。と思う

音量調節可能で電池交換も不要

もちろん音量調節もできるし、音を出したくない時は光だけの設定も可能。

外出先で使用する際も、光だけなら周りに迷惑をかける事もない。

 

また充電式なので、電池交換も不要。

TypeCのUSBで充電できます。

一度の充電で10時間使用できるので、よほど作業しまくる人でなければ1日は持つ。

 

キッチンタイマーとかってボタン電池が多いので、電池交換が面倒。

 

そういった手間がないのも楽。

Tick Timeのデメリット

そしてここからが本題だ。

個人的にデメリットを多く感じたので、辛辣に書いて行く

側面の時間の変更ができない

なんとなくよく使うであろう時間が側面に刻まれているのだけど、この時間は変更できない。

転がしてセットできる最大の時間は30分。

 

一応液晶横のボタンを押すことでそれ以上の時間も計測できるんだけど、めちゃくちゃめんどくさい。

ボタンが2つしかないので、何回もボタンを押すか、押し続けてないといけない。

 

6,000円という価格であれば、側面の時間を任意で変更できる仕様にしてほしかった。

倒さないと時間を計れないし、立てないと止められない

このタイマーは倒すことでタイマーがスタートし、上の画像のように立てると止まる。

この設定も変えられない。

 

立てた状態で測る事は出来ないし、倒した状態で止める事もできない。

そしてポケットの中とかに入れると何もできない。

 

融通の利かなさが頑固おやじレベル。

汚れやすい

また、側面がアルミっぽい素材?なんだけど、結構皮脂がつきやすい。

毎回倒したり立てたりするので、ペタペタ触らなければいけないのに、触るとどんどん汚れていく。

 

できれば指紋が付きにくいマットな質感にしてほしかった。

ストップウォッチの使い道がわからない

このタイマーはストップウォッチ機能もある。

使い方は画像のように、底面を上にすることで自動的に開始される。

 

女子大生
どうやって時間を見るの?
計測中は見れない
兼子

 

ひっくり返す事で時間は見れるけど、計測も止まる。

もはや使い道が知れない。

 

まぁポモドーロ・テクニックには必要のない機能だから、おまけ程度につけたのだと思うけど、本当におまけ程度。

ジーパンのポケットの中のポケットくらいのおまけ機能。

音が大きい

上でも書いたように、一応音量の設定もできるのだけど、最低音量でも結構大きい。

※結構でかい音が出ます

 

最大音量に至っては大きすぎて警報と感じて焦るレベル。

木造アパートならクレームがくると思う。

 

つまりちょっとうるさい~警報レベルでしか音量の変更ができない(個人的な感想です)

 

もう少し小ささのバリエーションが欲しかった。

実際ポモドーロ・テクニックをやってみた感想

ポモドーロ・テクニックは以前から知っていたので、やったことはありました。

自分はやる際にはいつもYouTubeの動画を利用していました。

 

ただ、どうしてもYouTubeの画面を開くと他の動画に目移りしてしまったりするので、ある意味集中できていませんでした。

 

そんなわけでこのタイマーを買ってみたわけです。

このタイマーを使ってやってみた感想はYouTubeよりは集中しやすい。

 

余計な動画に目移りすることはないし、デジタルのメモリが減っていく事で達成感もある。

この辺はただのキッチンタイマーにはない特別な機能だ。

 

それにやってみると、25分は絶妙な時間設定だと思う。

というのも元が集中力がない人間なので、20分くらいでやる気を失いかける事があるんだけど、ふとタイマーを見るとあと少しの表示。

それを見るともう少し頑張るか!って気持ちになる。

ポモドーロテクニックはやり始めれば良いと思うけど、やり始めるまでのハードルが高くなっていく

やってみると意外と良いぞ!って思うんだけど、結構やり始めるまでのハードルは高い。

最初は興味本位でやってみるか!ってなるんだけど、慣れてくると「今日はいいか・・・」的な気持ちになる事が増える。

 

「今日はぶっ続けでやりたいんだよな!」って言い訳が頭をよぎって次第にやらなくなる。

ただ、約6,000円を投資したことで、やらなきゃ!って気分にもなる。

 

兼子
そんな感じで、現状はやったりやらなかったりって感じになっている。

 

確かにぶっ続けで2時間とかやることはできるんだけど、一気にやるとその後の休憩が恐ろしく長くなる。

なので多分ポモドーロテクニックをやった時の方が結果的に長い時間集中して作業できてる気がするから、頑張って習慣化したい所存

便利は便利だけど6,000円は高すぎる

というわけでTick Timeを買ってみたわけだけど、冒頭でも言ったように個人的には高いと思う。

せめて側面の時間を変更できるとかなら色々使い道も増えて良いかなぁと思うけど、本当にポモドーロテクニック用という感じ。

 

2~3,000円程だったら良い買い物に思えたと思う。

 

ただまぁ作業効率を上げてくれるもの!と考えれば、人によってはすぐに6,000円以上の価値を作ってくれる可能性もある。

DaiGoさんも高いけど、充分にもとはとれると言っているので、人によりけりなのかなと。

 

自分も元が取れるようにしたい。

 

とにかくポモドーロ・テクニックをやる際のガジェットって感じなので、気になる人はまずポモドーロ・テクニックを試してみると良いかもしれない。

その上で自分にあっているのなら、買って損はないと思う。

 

一応仕様用途に料理とか書いてあるけど、料理用なら180%普通のキッチンタイマーの方が良い。


 

 

それじゃ

ガジェット系記事▼

2023/3/5

液タブを5年使って感じた【メリット・デメリット】板タブとの比較

こんにちは。兼子です。   これからデジタルで絵を描き始めたいけど、液タブか板タブで迷っている人は多いと思う。 また、現在板タブを使っているけど、液タブにするかどうか迷っている人もいると思う。   そんな人に向けて、液タブ歴5年の自分が実際に感じたメリットとデメリットを解説していく。   結構板タブ派の人からは液タブは高いとか、姿勢が悪くなるとか、ボロクソに叩かれてしまっていることが多い。 ただ実際「ちょっと違う!」って思うこともあるので、液タブを検討している人は是非参考にし ...

ReadMore

2023/2/18

HUAWEIタブレットは使えない?Googleが使えないタブレットの使い道を探す【HUAWEI Matepad Pro】

こんにちは。兼子です。   兼子 HUAWEIのMatetpad Poを中古で買ってから約半年が過ぎました 当初HUAWEIのM-pencilの描き心地が気になってフリマサイトで買ったのですが、描き心地に関しては想像以上によかった。   アイビスペイントでちょこちょこ描いております。 しかし、このタブレットには大きな欠点がある。   それがGoogle Mobile Service(GMS)が使えないということ。 つまりGoogle系のアプリを入れることができない。 &nbs ...

ReadMore

2023/2/20

【HUION】Inspiroy 2実機レビュー!左手デバイス不要レベルのショートカットキー搭載の板タブ

こんにちは。兼子です。   兼子 先日HUIONさんより最新の液タブ、Inspiroy 2をご提供いただきました 色やサイズが違う物を3つご提供いただきました。   というわけで、それぞれの違いや使い心地について詳しくレビューしていこうと思います! 新しく板タブが欲しい方や、これからデジタルで絵を描き始めたい方は是非参考にしてみてください。 Inspiroy 2の開封レビュー というわけで、まずは入っていたものから。 こんな感じ。 描くための物は一式全て揃っています。 また、スマホなど ...

ReadMore

2023/2/13

マルチポイント対応のワイヤレスイヤホンEarFun Air Pro3がすごい【死角なし】

こんにちは。兼子です。   兼子 先日EarFunのAir Pro3というワイヤレスイヤホンを買いました   元々使っていたイヤホンを紛失したため、新しく買おうと探していたところ、発売したばかりのコイツを見つけた。 ただ、どうしようかなぁと迷っているうちになんと品切れになってしまった... 人間欲しい商品が在庫切れになると、より一層欲しくなる。   もう欲しくて欲しくてたまらなくなったので、在庫があるビックカメラまで足を伸ばして買ってきました。 というわけで、このイヤホンのレ ...

ReadMore

2023/2/3

【レビュー】話題のTickTimeを買ってみた!タイマーで本当に作業効率は上がるのか!?【ポモドーロ法】

こんにちは。兼子です。   兼子 先月作業に集中するためのアイテムとして、巷で話題のTick timeという物を買ってみました Tick Timeって何ぞ?って人の為に説明すると、簡単に言うとキッチンタイマーだ。 正六角中になっていて、それぞれに書いてある面を上にすることで、その時間のタイマーが起動する仕組み。 こんな感じで15の面を上にすると15分のタイマーがスタートする。 女子大生 キッチンタイマーの何が話題なの?   何でもメンタリストのDaiGoさんが進めたことで有名になったら ...

ReadMore

2023/1/7

【2022年下半期】買ってよかった物やサービス

こんにちは。兼子です。 2022年もあっという間に終わってしまった。   つい先日2022年の上半期買って良かった物の紹介記事を書いたばかりだと思っていたのに、もう下半期の紹介の時期になっていました。   というわけで、2022年の下半期に買って良かった物を紹介していこうと思います。 お年玉や冬のボーナスで何か散財したい人は是非参考にしてみてください。 ※ちなみに順番は適当です。 1 ドラム式洗濯乾燥機 【SHARP ES-S7G】 まずは下半期で一番高かった買い物でもあるドラム式洗濯 ...

ReadMore

2022/12/22

【2022年版】格安16インチ液晶タブレットの比較【HUION,GAOMON,XPPen,UGEE,Artisul】

こんにちは。兼子です。   2022年12月現在、様々なメーカーがお絵かき用液晶タブレットを発売されております。 少し前まではお絵かき用タブレットはWacom一択って感じでしたが、今やそんなことはありません。   性能も良く、そして安い!そんなタブレットがゴロゴロと発売されております。 正直あまりに多すぎて選ぶのが困難に感じる方も多いと思う。   そんな方に向けて、以前HUION、GAOMON、XPPenの液タブの比較をした記事を書いたのですが、大分情報が古くなってきたし、新 ...

ReadMore

2022/11/23

スマートバンドを半年使ってみて感じたおすすめ機能やいらない機能について【HUAWEI BAND6】

こんにちは。兼子です。   スマートバンドを使い始めて、約半年が経過した。 リンク 結構飽き性な自分の割には、未だしっかりと使い続けている。 ただ使ってはいるけど、正直使ってない機能も沢山ある。というよりほとんどの機能は使っていない。   ストレス管理や血中酸素が図れるなど、なんとなく「すげぇー!」と思っていた機能はだいたい1ヵ月もすれば使う事が無くなる。 そもそも正確性も疑問だし、知ったところで特に何ができるわけでもない。   ただそれでも未だ毎日スマートバンドを装着してい ...

ReadMore

2022/12/30

【2022年版】一度使うと辞められない程便利に感じたもの【ガジェット】

こんにちは。兼子です。   便利な物があふれる世の中、「その機能って本当に必要?」と思うことが増えてきた。と思う。 実際使ってみると「やっぱり要らないな・・・」って思う経験は誰しもしていると思う。   個人的に思った物だと、スマートウォッチについてるストレス計測機能は本気で使い道がわからなかった。というか全然ストレスと正しくリンクしている気がしない。 もちろん人によってはありがたい機能だとは思うけど、多分大抵の人が必要ないと思う。   がしかし!   逆に「要らなそ ...

ReadMore

2022/12/30

液タブやモニターの配線グチャグチャ問題を解決したい【PCケーブル収納】

こんにちは。兼子です。   兼子 パソコンの配線を綺麗に見せたい! パソコンを愛用している人なら誰しも1度は思った事があると思う。   自分も、もちろん思っている。 そんな自分のパソコンの配線環境はこんな感じ。 女子大生 絶対思ってないだろ まさに地獄絵図だ。   特にデスクトップPCは液晶や電源、マウス、キーボード等、様々な配線を繋げる必要があるので、かなり配線が多くなり、散らかりやすい。 自分の場合液タブも繋いでいるので、液晶からPC、そしてコンセントへとかなりの数の配線 ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット