兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

SNSの活用 悩み

アンチコメントや、評価の数が恐くてSNSに絵を投稿できない時の対処法

こんにちは。兼子です。

 

女子高生
SNSに絵を上げたいけど、アンチコメントが恐い

と思っている人、結構多いのかと思います。

 

実際自分も恐くないかと言われると、恐い。

単純にアンチコメントがされなくとも、評価の数がいつもより低かったり、フォロワーが減ったりと、SNSで絵を上げると良い事ばかりが起こるわけではないんですよね。

 

とはいえそれを恐れていてはSNSに絵を上げる事が出来なくなってしまいます。

もちろん別に無理にSNSをやる必要はまったくないんですが、やりたいのにやれない...ってのはもったいない。

 

そんなわけで、SNSに絵を上げる事が恐い方にむけて、アンチコメントの向き合い方を書いていこうと思います。

あくまで自分なりの!って事ですが、現在億劫になってしまっている人は参考にしてみてください

評価の数は自分の絵を客観的に見れるとても良い判断材料

アンチコメントの前に、まず評価に対する自分なりの考え方を書いていこうと思います。

評価の数がトラウマになってしまう人も多いと思う。

 

例えば以前は100いいねもらえたのに、今回上げた絵は10いいねももらえなかった・・・みたいな事があると、どうしてもちょっと凹みますよね。

それがきっかけで絵を投稿する意欲がなくなってしまったり、次の絵の評価がもらえるかが恐くてなかなか上げられない・・・って思ってしまったりしますよね。

 

もちろんSNSの絵の評価ってのは運要素がかなり絡んでいる事は事実で、たまたまインフルエンサーの目に留まってRTされればバズったりするし、たまたま誰の目にも触れなかったからまったくいいねがつかなかった。なんて事もあるわけです。

特にアカウント作りたてだとフォロワーが少ないので、この運要素がかなり強くなってしまう事も事実です。

 

が!

 

ある程度フォロワーが増えてきたのなら、評価の数は色々な判断材料としてとても参考になります。

例えば

・自分のアカウントにはあまり求められていない絵柄なのかもしれない

・画力が足りていないのかもしれない

・描いている対象があまり認知されていない

・迫力がイマイチない

等々。

以前たくさん評価が貰えた時と比べて、今回何故少なかったのか?っての考えると色々な考察ができる。

 

ただ少なかった。で終わらせずに、何故少なかったのかを考える事で評価の数で凹む事が無くなる。

もちろんまったく凹まないって事はないし、時間をかけた絵の評価がイマイチだったらどうしても辛くなってしまう時もある。

 

とはいえ、次の絵の参考にする事を考えれば割と立ち直る事が出来るかと思います。

アンチコメントは、批判する側になって考えれば無視ができるようになる

そんな感じで評価の数は、次の絵の参考にする事で解決できる。多分。

 

が!

 

SNSでの絵に対するアンチコメントの場合は、あまり参考にする必要はない。

もちろんド正論のアンチコメントもあるので、参考にした方が良い事もあるけど、中には本当に相手を傷つけたいとか、適当な事を平気で言う人がいたりします。

それらをどう見極めるか?なんて考えるよりも、アンチコメントする人は無視。と決めてしまった方が精神的に楽。

 

最初からアンチは無視!と対処法を決めておくと、いざアンチコメントがきてもある程度動揺を防げる。

SNSは匿名だからこそ無責任になれる

何故SNSのアンチコメントは無視でいいのかというと、SNSでアンチコメントをする人は基本的にみんな無責任だから。

例えば絵画スクールの先生は、基本的には絵が上手くなるめに本気で絵のアドバイスをしてくれる。

それはそれが仕事で、それでお金を頂いているから。そしてその道のプロとしての責任があるから。だと思います。

 

じゃかSNSでアンチコメントする人はどうかっていうと、まったくそんなことはない。

・お金をもらっていない

・それが仕事じゃない

・プロじゃない(多分)

っていう感じで全くの逆。基本的に無責任でアンチコメントをしてくる。

なのでこう言った人から頂いたアンチコメントを真正面から受け止める事が自分にとって良い事なのかはわからない。

何故SNSで批判してくるのか

じゃぁ何故時間の無駄ともとれるアンチコメントなどをしてくるのか?

その理由は相手を批判することで自分を優位に見せたい!とか、自分の方が上手いから教えてあげたいという自己顕示欲老婆心が大きく関わってきているのかと思う。

 

親切心から言っている人も多いのかと思うけど、実際は自分の方が上手いとか、自分の方が感性があるってことを遠回しに相手に伝えたい!という気持ちからきている事が多い。

アンチコメントに反応すると相手が癖になる

という理由から、アンチコメントは別に無視してしまっていい。

ただ、「確かに!!そうした方がもっと良くなる!」と自分で納得できたなら、アンチコメントの内容を取り入れた方が良いと思う

 

 

がしかし!

アンチコメントに返信はしない方が良い。

実際アンチコメントがくるとかなり返信したくなったりするんですよね。

 

やっぱり自分が一生懸命やっていることに対して暴言や上から目線の批判をされたら誰だって反論したくなる。

でもそれこそがアンチコメントをする人が待ち望む事であるわけです。

 

そこに返信をしてしまうと、次もアンチコメントをしてくる。

 

そんな感じでアンチループに入ってしまいます。

なので反論も感謝もしないで、ただただ無視するのが一番。

 

実際アンチコメントをする人からしたら無視されるのが一番つまらないと思う行為なわけです。

なのでね、例え的を得たアンチコメントでも、返信はしない。って事をおすすめします。

 

マックスむらいさんが何故アンチコメントに返信してはいけないのか?っていうことを自身の体験談をもとに話した動画もとても参考になるので、リンクを貼っておきます。

まとめ SNSは割り切った考え方が大事

というわけで、アンチコメントや評価の数が恐い・・・って時の対処法についてでした。

まぁ要は備えが大事で、事前にこういう事があったらこうする!って感じで対処法決めておくと精神的に凹むことは少ないかと思います。

 

 

基本的にSNSって平和な交流って感じですが、中には人を貶して楽しむ人もいるわけです。

そういう人は絶対いる。だからこそ、どうしたらいいか?何でそんなことをするのか?等を考えておく必要があるのかと思う。

特に頭に血が上りやすい人や、メンタルが弱い人は事前対策が重要かと思います。

 

また、評価の数は少なからず運要素が絡む事あるけど、自分の絵の評価を客観的に分析する良い判断材料になるわけです。

なのでただ少ないから凹むのではなく、過去の自分の投稿と比較してみると良いかと思います。

 

それじゃ

悩み系の記事▼

イラストの技術向上 悩み

2022/7/6

絵を早く描く方法やコツを考えてみた!描くのが早い人の3つの理由

こんにちは。兼子です。   絵を描くスピードについて悩む人は多いと思う。 かくいう自分もそうだ。   もっと早く描けるようになりたい!という思いはきっと絵描きに共通の悩みであると思う。   がしかし!   だからと言って早く描けば良い物ではない。 がむしゃらに時間だけ気にしていてはむしろただの手抜き作品になりかねない。   というわけでこの記事では絵を早く描くにはどうしたらいいか?について考察してみた結果を書き記していきます。 あくまで個人的な考えですが、 ...

ReadMore

イラストの技術向上 悩み

2022/7/4

【下手な絵を1万枚描いても上手くならない!?】絵が上手くなるには量よりも質が大事だった話

こんにちは。兼子です。   先日アニメ私塾の室井さんが以下のようなツイートをされました 下手な絵を1万枚描いても上手くなりません。 下手な手癖が強化されるだけ。 今日時間をかけて1枚資料も見つつ、素体も下敷きにして150%の絵を描いてみましょう。 そうしたら、少しだけ昨日より上手い形を覚えます。 それを数ヶ月、数年してる人としていない人… それが上手下手の圧倒的な大差になる — アニメ私塾 (@animesijyuku) June 17, 2022   兼子ヒェッ    なん ...

ReadMore

悩み

2022/7/2

体がダルくて絵を描く気力が出ないのは食いすぎが原因かも!?原因と食べ過ぎない対策4選

こんにちは。兼子です。   最近めちゃくちゃ暑いんですが、食欲は全然衰えなくて、つい食べ過ぎてしまう事が多くありました。 そんな時思ったのが、食べ過ぎると絵が全然描けなくなる。という事。   まぁ当たり前のことだし、別に絵に限った話ではないんですが、本当にめちゃくちゃ実感して反省しているのでこの記事に全貌を記そうと思います。 また、それに対する対策を練って、現在満腹規制をしておりますので、その方法についても書いていこうと思います。   現在食べすぎて困っている人や、なんか絵を ...

ReadMore

おすすめ記事 悩み 雑記

2022/7/3

本が読めなくて自己嫌悪に陥る人必見!オーディブル×ウォーキングで本が読めるようになった話

こんにちは。兼子です。   本を読みたいけど読めない。   そんな悩みを抱える人はかなり多いんじゃないでしょうか。 実際自分がその一人。   今まで本を全然読めなかったくせに、結構本屋に出向いて衝動買いをして、結局読めない。そして自己嫌悪に陥る。 そんな負のループを長年繰り返してきた。   女子大生学習しろ!お前は本が読めないタイプなんだ それでも読みたいんじゃ!兼子   とあがき続けていたのですが、とうとう最高の読書方法にたどり着いてしまいました。 それ ...

ReadMore

悩み 腰痛対策

2022/6/14

【絵描きの腰痛対策】整体に行ったら腰痛の原因が腰ではなく〇〇だった話

こんにちは。兼子です。   自分は去年フリーランス(仮)になってからデスクワーク中心の生活になったのですが、そのことが原因で腰痛になってしまいました。 本当なってみて思った事は腰痛はかなり辛い。   幸いそこまで重症化はしていないけど、腰痛が原因で集中力が途切れたりと、長時間作業がなかなか厳しくなってしまった。 そんなわけで去年から今年にかけて様々な腰痛対策をしてきた。   電動昇降デスクを買ってみたり、サポートベルトを買ってみたりと、色々と腰痛に投資をしました。 がしかし! ...

ReadMore

SNSの活用 悩み

2022/6/13

アンチコメントや、評価の数が恐くてSNSに絵を投稿できない時の対処法

こんにちは。兼子です。   女子高生SNSに絵を上げたいけど、アンチコメントが恐い と思っている人、結構多いのかと思います。   実際自分も恐くないかと言われると、恐い。 単純にアンチコメントがされなくとも、評価の数がいつもより低かったり、フォロワーが減ったりと、SNSで絵を上げると良い事ばかりが起こるわけではないんですよね。   とはいえそれを恐れていてはSNSに絵を上げる事が出来なくなってしまいます。 もちろん別に無理にSNSをやる必要はまったくないんですが、やりたいのに ...

ReadMore

おすすめ記事 悩み 腰痛対策

2022/7/3

絵描きの腰痛対策で行ってきた事6選!デスクワーク腰痛持ち必見

こんにちは。兼子です。   絵描きに腰痛はつきもの。 そんな言葉があるのか知らないけど、自分はここ数年で確実に腰にダメージが蓄積し続けていました。   そんな腰痛に対して、対策と改善を尽くしてきたのは言うまでもないわけです。 仕事道具の次に腰痛に対して金をかけてきました。   腰痛って本当に一生ものなので、とにかく悪化させない事が大事だと思います。 とういうわけでね、実際に自分がやってきた腰痛対策について、効果と共にご紹介していきたいと思います。 イラストレーターだけでなく、 ...

ReadMore

イラストの技術向上 悩み

2022/5/22

絵の成長には謙虚さと自己肯定感がとても大事!【傲慢にならない方法】

こんにちは。兼子です。   絵が上手くなるためには謙虚が大事! そんな言葉を聞いたことはないだろうか。 まぁ絵に限らず、何事も学ぶには謙虚な心は大事と言われますよね。   がしかし!   それと同じくらい、自身を持て!的な事もよく聞きます。 例えば「自分は下手だから・・・」とか「才能がない・・・」なんて嘆くよりも、自信をもって取り組んだ方が成果が出る。なんて言われますよね。   つまり傲慢になってもいけないし、自己肯定感も持つことが大事。ってわけですが。。。 &nb ...

ReadMore

悩み

2022/4/23

絵を描きたいのに描きたくない!そんな矛盾した感情の向き合い方

こんにちは。兼子です。   兼子絵を描きたいのに描きたくない...   そんな矛盾に悩んでる人、結構いるんじゃないでしょうか。   「何を言ってるんだ!?」って感じですが、絵描きの人なら結構あるあるなんじゃないでしょうか。 実際自分も度々そんな感情に度々見舞われます。   矛盾しているからこそなかなか解決策等も思い浮かばず、歯がゆくイライラしちゃったりするんですよね。   特に怖いのが、自分は絵が嫌いなんじゃないか!?とか、向いてない!?と思って絵を描かな ...

ReadMore

おすすめ記事 ガジェット パソコン周辺機器 悩み 腰痛対策

2022/7/3

【絵描きの腰痛対策】電動昇降デスクを買ったら最高だった件【Flexi Spot EF1レビュー】

こんにちは。兼子です。   とうとう買いました。 電動昇降デスク。   前々から欲しいなぁとは思っていたのですが、まだいいか。と楽観的にすごしていたのですが…     兼子このままじゃ腰が壊れる...   と危機感を真剣に感じてきたので、思い切って買いました。   やっぱり腰は一生ものなので、腰は全力で労わるべきだと今更ながらに思いました。 その為には多少のお金はかけるべき。そんな思いで買ったわけです。   というわけでね、今日は絵描き ...

ReadMore

-SNSの活用, 悩み

© 2022 落ちるとこまで落ちました…