兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

ガジェット 液タブ

【新発売】XP-PenからAndroidスマホ対応の液タブ「Artist 12セカンド」が発売!特徴やスペックについて

こんにちは。兼子です。

 

先日またまたXP-Penから新たな液タブが発売されました。

 

それがこちら


XP-Pen Artist12セカンド

 

先日Artist16が出たばかりなのですが、早くも新製品が発売されました。

 

というわけで今日はこのArtist12セカンドのスペックや特徴について書いていこうと思います。

XP-Penの液タブが気になる方は是非参考にしてみてください

Artist12セカンドのスペック

まずはスペックについてですが

サイズ12インチ
解像度1920×1080(フルHD)
色域sRGB127% Adobe RGB94%
ペン性能8192レベルの筆圧検知 60°の傾き検知 充電不要 X3チップ搭載
液晶IPS液晶+アンチグレアフィルム
ショートカットキー8つ
カラーバリエーションブラック・ブルー・グリーン・ピンク
視野角垂直178° 水平178°
接続端子3in1ケーブル or typeCケーブル
電源typeCならPCから供給可能

となっております。

12インチという比較的小型のモデルなのでどこかスペックを落としているのかな。って思ったけどそんなことないようです。

 

ペンは最新型のX3チップ搭載で、XP-Penでは最高峰の描き心地のペンを使っており、色域もかなり高く色味も抜群に良い。

つまり前回発売したArtist16のサイズと価格を抑えたスペックになっていて、決して初心者向けの低スペックというわけではありません。

 

プロでも全然使えるスペックです。画面は小さいけど。

 

また今回の液タブ、カラーバリエーションが4色あって、好みの色から選べる。

Amazon.co.jpより引用

ピンクとかやたら可愛い。

Artist12の特徴や従来のモデル(Artist 12Pro)との比較

スペックについてはかなり高スペックではありましたが、従来のモデルとなにが違うかについて。

ちなみに従来の物はこちら↓


まず気を付けてほしいのが、古いモデルにPROがついていて、今回の最新モデルはPROが付きません 

ちょっとややこしいんで間違って古い方を買ってしまった!とかならないように注意してください。

 

で、肝心のスペックの違いで言うと、まず上述したようにペンが違う!

今回のArtist12はX3チップというものが搭載されており、これがペンの沈み込みや検知能力、耐久性等が飛躍的向上しております。

XP-Pen公式ストアより引用

つまり描き心地がかなり上がって更に丈夫になっている。

 

また色域や画面サイズもわずかながらに向上しております。

 

そしてビックリなのが、公式サイトのセール中の今、従来の物より値段が安い...

価格差は1000円程ですが、高スペックでありながらかなりお買い得な値段になっております。

※下段左から2番目に同じ名前のArtist12という商品がありますが、これも全く別物で、スペックが全然低いので買う際は注意してください。

 

ただ限定200台のセールなので、予告なく終了するものと思われます。

 

XP-Pen公式ストア

 

更に今回の新製品はもう一つ大きな特徴があります。

Android・Chromebookでも使える

それがAndroidスマホ・Chromebookでも使えるという事です。

 

女子大生
え、スマホに液タブ繋げられるの!?

って感じですよね。前回発売したArtist16はスマホもChromebookも非対応だったのですが、今回の製品は対応しているようです。

 

ただiPhoneは接続できないので注意してください。

またAndroidも端末によっては動作が正常に動かない場合があるので、もしスマホで接続して使いたいって方はカスタマーセンターに相談してからの方が無難かと思います。

 

そしてもう一点、Androidに接続する場合、別途接続用のUSB-typeCケーブルを買わないといけないので、そこらへんもご注意を。


余談 液タブは板タブとしても使える

余談ですが、実は最近の液タブは板タブとしても使えます。

 

女子大生
は?

って感じかもですが、実はドライバーの作業領域をいじることで簡単に切り替えられます。

 

上記はArtist13.3Proのドライバー画面になりますが、画面エリアのタブの中にあるモニターって所を、モニター2からモニター1に変えます。

 

そうすることで液タブのモニターにペンを置くとPCモニターの方にカーソルがいきます。

 

つまり板タブを使っているような感じになります!

 

更にただの板タブではなく、液晶付きの板タブになるので、資料を表示したりしながら使うことができます。

 

ただし液晶を消すことはできません。

 

別に板タブとして使うのがオススメ!ってわけじゃないですが、最悪液晶付きの板タブとしても使えると思うと安心ですよね

XP-Penは公式サイトでの購入がおすすめ

もしXP-Penで商品を買おう!って思ったら、公式サイトで買うのが個人的におすすめです。

XP-Pen公式ストア

理由はキャンペーンやセールをやっていて、値段的にも一番安く買えることが多いからです。

また保証期間も公式サイトで買った場合のみ、通常より半年長くなります。

 

詳しくは以下の記事で書いていますので、良かったら参考までに読んでみてください。

【XP-Pen】公式ストアから買うメリット!Amazonよりお得な場合も!

こんにちは。兼子です。   XP-Penの液タブや板タブは公式ストアよりAmazonで買った方が安くてお得!そう思っている方、いないでしょうか?   兼子私です。 というかネットシ ...

続きを見る

画面は小さいけど安くて高性能でありながら多機能な液タブ

というわけでXP-Penから新たに発売された液タブ、Artist12 セカンドについてでした。

 

正直ここ最近の液タブはスペックもさることながら、機能性や汎用性がすごいですよね。

スマホにもつなぐことができて板タブにもなる。それでいてかなりの高スペックでありながら3万円以下です。

 

12インチなので画面はちょっと小さいけど、個人的には11.6インチの液タブでも十分イラスト制作はできるのでコスパを求めるかたにはおすすめです。

 

逆にスマホに接続する予定はないし、もう少し大きい画面で描きたいって人はArtist16がおすすめ。


 

Artist16公式ストア

 

Artist16については以前記事を書いていますので、よろしければ参考にしてみてください。

XP-Penから新たな液タブ【Artist Pro16】が発売!Innovator 16・Artist 15.6Proとの違いは?

こんにちは。兼子です。   つい先日XP-Penから新たな液タブが発売されましたね。   リンク 16インチの液タブ、Artist Pro16! 新しい液タブの発売を知るとワクワク ...

続きを見る

 

それじゃ

-ガジェット, 液タブ

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5