兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

SNSの活用

【ウザい!?】SNSに絵を上げると勝手に評価や指摘をされて悩んでいる方へ!原因と対策

こんにちは。兼子です。

 

先日Twitterにて

イラストを投稿したら勝手に点数とか評価を付けられて腹が立った。

 

みたいな投稿を目にしました。

 

Twitter等のSNSに絵を投稿すると色々指摘してくる人がいてストレスを抱えている方って結構多いんじゃないでしょうか。

 

正直お願いしているわけでもないのに、「デッサンくるってるよ!」とか「もっとこうしないと成長しないよ!」みたいに、誰かもわからぬ人に上から評価とか指摘されたらちょっと嫌ですよね。

中にはそれが嫌でSNSを辞めてしまう方も多いのかと思います。

 

というわけで今日は、僕なりの指摘する人が出てこないための対策や原因を書いていこうと思います。

今現在指摘されて困っている方はもちろん、勝手に指摘するのが生きがいの人も今後の為に是非参考にしてみてください

勝手に絵の添削や指摘をされても気にしなくていい

まずイラストを投稿し、頼んでもないのに何か指摘や添削めいたことをされた場合、特に反応しないことが一番です。

 

例えばTwitterなら何の反応もしなくてもいいし、気が引けるならいいねだけするとか、その程度で十分です。

 

とにかくその行為に対して、ありがたがるようなことだけはしてはいけません。

 

感謝の言葉でもしようものならまた指摘にくるからです。

 

おっさん
しょうがないから俺が君を育ててやるよ

みたいな考えになって、下手したら投稿するごとに付きまとわれてしまいます。

 

正直これってかなり辛い。

自分も経験があるのですが、絵を見せることで必ずマイナス事を言われる事が確定していると思うと人に絵を見せるのが本当に嫌になります。

これが憧れの人や、会社の上司とかなら受け入れられると思いますが、見ず知らずの人だとわけが違います。

 

そして心優しい人は、もしかしたら勝手に貰った指摘や指導に真摯に向き合おうとする人もいるかもですが、それも特別必要ないです。

 

理由は指摘する人はその道のプロでも指導者でも何でもないことがほとんどだから。

女子大生
指摘するぐらいだからプロとか、少なくとも上手い人なんじゃないの?

 

と思われるかもですが、そもそもプロとか上手い人が、頼んでもない人の絵に対する講評をする事はほぼありません。

やりだしたらキリがないですし、そもそもそんな暇なわけもないですよね。

 

それに絵とかって正解があるわけではないんですよね。デッサンやパースもちょっと無視した方が迫力が出て良い絵になる事もあるけど、指摘したい人はそこに付け込んで「パースがおかしい、デッサンがおかしい」とつけこんでくるが、実際は技法として全然ありの可能性もあるので、知らない人のアドバイスはあまり信用しない方が無難。

勝手に指摘してくる人は、指摘することで優位性を保ちたい人

実際どういう人が指摘するか?って話ですが、それは自分の優位性を保ちたい人が多いのかなと思います。

 

「自分の方が上手い」とか「このぐらいの人には教えるだけの技量がある」と思ってる人が、そのアピールをすることを目的に上から指摘をしてくるのかなと。

 

全員が全員そうだ!ってわけではないですが、やっぱり多くの人が自分に自信がないため、その自信つけの為に自分より下に見える人にアドバイスという名のおせっかいを焼いて自分に自信をつけようとしている人が多い。

 

なので正直言われたことを聞く必要はあまりない。

言ってることが正しいと感じたなら聞いても良いと思いますが、そもそもその人の言っていることが正しいとは限らないわけだし、どこの誰かも知らない人のアドバイスをうのみにするのもそもそも危険。

それならYouTubeで有益な情報を発信している有名イラストレーターの動画を見て勉強した方が良いと思う。

 

それよりも見ず知らずのよくわからない人に指摘されるストレスはなかなかに大きいので、個人的にはまるで何も言われてないような無反応が良いかと思う。

勝手に指摘やいらない添削をされなくするための対策

じゃぁどうすればそういう人にからまれないか!?

 

兼子
絡まれない方法はない

どんなに上手い絵を描いたところで、どこか粗を探して指摘してくる人ってのはいます。

なのでそういう人に絶対絡まれない方法はありません。

 

ただし、絡まれやすくなる言動等はあります。

 

例えば断言した口調だったり、自信家のような発言をすると結構そういう人に絡まれやすくなります。

 

例えば

 

兼子
デッサンマスターした

みたいな発言をすれば、どこか狂ってるところがあるやろ!と発言者の投稿した絵を色々見ては

「ここ狂ってますよ(^^」

と言われてしまう。

 

そういう自信や断言した発言は絶対に粗があるはずだ!とそういう方々の標的になりやすいわけです。

 

かと言って自信があまりにもない発言や弱音や愚痴っぽいことを言えばればそれはそれで

おっさん
俺が指導してやろう

となってしまいます。

 

なので逆に言えば弱音や愚痴、自信過剰な発言をしなければそれだけでかなり少なくなると思います。

更にもっと言えば人が不快にならず、ポジティブになる発言を意識すればいいかと思います。

 

例えば仮にデッサンをマスターしたと思ったのなら

「デッサン難しいけど楽しい!」

みたいな感じでいいのです。

 

この発言に対して不快に思う人もいなければ何か指摘してやろう!って気には多分なりませんよね。

絵を投稿するときも「自信作!RTよろしく」とか「う~ん、下手くそだなぁ・・・」みたいな発言と共に投稿してはやっぱりいちゃもんを付けられやすいです。

 

そんな時は

「イラスト描きました!」と元気のいい小学生みたいな発言を意識すると良いと思います。

つい他人に指摘したくなってしまう人は相手より自分の事を考えるといい

中には他人に対して指摘したい欲がありすぎてに困っている人もいるかもしれない。

 

そんな人に是非意識してほしいのが、他人の事は他人に任せる。です。

 

仮に自分の方が上手いから!という理由で目についた絵に指摘していたらかなり自分の時間を失うことになります。

 

指摘するための文を考え、相手から反応があればそれに応え、次のイラストも指摘する。

 

こんなことをやっていては大切な自分の時間が無くなってしまいます。

それに相手の為、いわば人助けの為にやっていると思う人もいるかもですが、上でも書いたように頼んでもいないのに勝手に指摘や講評みたいな事をされるのはかなりストレスになる事が多い。

 

自分的には良いことをしているようでも実際は自分一人が良いことをした!と気持ちよくなっているだけの事が多い。

 

そう思うとちょっと悲しいですよね。それなら自分がどんどん上手くなって、「自分の絵を添削してほしいです!」と言われるようになったら思う存分すればいいと思う。

 

実際有名イラストレーターの方がよく添削動画などだしていますが、有名になれば添削を希望する人は沢山出てくるし、頼まれた人の悩みにこたえるのは紛れもなく人助けになる。

まとめ ネットは匿名性があるからつい口出ししたくなる。だからこそスルースキルが重要

というわけで勝手にされる指摘や添削に対する対策についてでした。

やっぱりする側もネットっていう匿名性がある場だから気軽に何か物を言いたい人は多い。

 

兼子
このブログでもそうなんですが…

 

だからこそそれに対するスルースキルも必ず必要になってくると思う。

すべてに向き合っていたらおのずと色々な物を失いかねない。

 

もちろんこれは言う側もそうで、いちいち気になったからと言って指摘したところで何にもならないし、むしろ相手にストレスを与えているかもしれない。

なので別にほっとけばいいし、気になるならその人の投稿を見ないようにすればいいのかなと思います。

 

また、SNSはタメ語より敬語がおすすめ!そんな内容の記事も書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

SNSは敬語がおすすめ!タメ語は絶対に使わない方が良い理由

こんにちは。兼子です。   今日はですね、SNSでタメ語は使わない方が良い理由について書いていこうと思います。   もしかしたら現状タメ語を使いまくっている人がこの記事を見たら不快 ...

続きを見る

それじゃ

-SNSの活用

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5