当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット

Microsoftの新しいペン【Surfaceスリムペン2】が11月1日発売!なんと充電器が別売りだってよ

10月 3, 2021

こんにちは。兼子です。

 

兼子
少し前にSurfaceの新シリーズの発表がありましたね

個人的にSurfaceはすごく好きで、僕も今のPCの前はSurface Pro4を愛用していました。

 

その為今回の新シリーズもかなりワクワクしております。

というわけでね、本来なら最新のSurface Proについて記事を書こうと思ったのですが、その前にSurfaceの新しいペン、【Surface スリムペン2】について調べてみたので記事にしたいと思います。

 

※Surface Pro8についての記事も書きました

 

この記事はこんな方におすすめ

  • Surface スリムペン2について気になる方

Surface スリムペン2が11月1日に発売!スペックや値段について

Microsoftより引用

今回マイクロソフトより新たにペンも発売されるようで、それがSurfaceスリムペン2というもの。以前でていたSurfaceスリムペンの後継機となるわけです。

見た感じはかなり似ていますが、以前のペン先より鋭利になっています。また、ボタンの位置も微妙に違っております。

Microsoftより引用

↑初代Surfaceスリムペン

 

ちなみに初代のペンは家電量販店で試したことがあるのですが、ボタンの位置がめちゃくちゃ押しづらかったです。

その為このボタンの位置が変わったっていうのはとても良いと思います。

アシスタント
上から目線やな

Surfaceスリムペン2のスペック

スリムペン2の主なスペックは以下通り

互換性
  • Surface Laptop Studio
  • Surface Pro 3 - Surface Pro 8
  • Surface Pro X
  • Surface Duo、 Surface Duo 2
  • Surface Go、Go 2、Surface Go 3
  • Surface Hub 2S
  • Surface Laptop 1 - 4
  • Surface Studio 1、2
  • Surface Book 1 - 3
  • Microsoft Pen Protocol (MPP) に対応した非 Surface デバイス
接続 Bluetooth5.0
筆圧検知 4096段階
ショートカットボタン サイドとトップに1つずつ
バッテリー 充電式 最長15時間の連続使用
重量 13グラム
新機能 ゼロフォース手書き入力機能や触覚フィードバックの搭載
超注意事項 充電器別売り

となっております。

 

かなり幅広い互換性があり、僕の使っているSurface Pro4でも使えるようです。

ただし、新機能のゼロフォース手書き入力という機能はSurface Pro 8、Surface Pro X、Surface Laptop Studio、Surface Duo 2でしか使えないそうです。

 

それにしても13グラムはかなり軽いですよね。僕が持っているSurfaceペンは電池式なので、21グラム程あるので、充電式になったことでかなり軽くなったみたいです。

Surface スリムペン2の値段

気になるお値段ですが、こちらのペン

 

15,950円(税込み) 

兼子
たけぇ・・・

Surfaceスリムペン2

庶民をあざ笑う値段設定です。

 

ただし、驚くのはまだ早いです。

 

このスリムペン2は

 

 

充電器別売り

Microsoftより引用

スリムペン2 充電器

アシスタント
は・・・

いやびっくりですよね。

説明欄もちょっと煽り気味な気がします。充電器なんだから当たり前だろ!

ていうかSurface Pro8ではそのUSB typeAが無くなりました。

 

もはや笑うしかない。

 

なのでペンだけ買ってもスリムペン2は使うことができない。

そして充電器を買ってもtypeAのポートがないSurface Proでは充電ができない。

 

まじでトラップだらけなので注意してください。

 

ちなみに充電器のお値段は4290円

つまり2つ合わせて約2万円。

 

これだけでも貧乏人は白目で吐血するレベルなんですが、まだ死なせないのがMicrosoft。

ペン先交換不可!※できました

なんとこのペン、ペン先の交換が現状できないそうです。

 

アシスタント
15,000円の消耗品!!?

最悪ペン先が削れてしまったらそういうことになるわけです。

※2023年1月追記

現在スリムペン2のペン先のみの販売がされておりました。

なのでペン先交換が可能となっております。


ゼロフォース手書き入力機能とは?

まぁしかし、これだけ高いのには訳があります(多分)

 

それが新機能のゼロフォース手書き入力が搭載されたこと(多分)

 

これは何ぞやって話ですが、ペンが画面に当たった瞬間にインクが流れ出る感じの機能の事で、要は視差や遅延がほとんどなくなりました。って事だと思う。

 

またSurface Pro8はリフレッシュレートが従来の60Hzから120Hzになったのでより、描画性能もより滑らかになり、追従性能も大幅にあがりました。

触覚フィードバック(ハプティック)とは?

また、このスリムペンには内部に触感ルーターがあり、まるで紙に描いているような書き心地を再現してくれるようです。

どういう事かというと書く際にペンが微妙に振動して、デジタル特有のツルツル感を減らしてくれます

※これをハプティック機能というそうです。

 

更に、このスリムペンは77°までの傾き検知機能もついており、かなりペンとしての性能は高いようです。(通常傾き検知は60°が一般的)

 

ただ注意点が2つあって、ひとつはゼロフォース手書き入力はSurface Pro 8、Surface Pro X、Surface Laptop Studio、Surface Duo 2 の4機種でしか使えない機能です。

 

また触覚フィードバックはWindows 11 を実行している Surface Laptop Studio と Surface Pro 8 の一部のアプリケーションでのみ使える物だそうです。

 

一部のアプリケーションがなんなのかわかりませんが、基本的にMicrosoftのWhiteBoardとか、office系のソフトのみのようです。

つまりCLIPSTUDIO等の普通のお絵かきソフトは今のところ対応していません。

 

なので触感ルーターは絵を描く際に特別メリットになるものではないと思っていた方が良いと思います。

ない物と考えた方が良いと思う。

初代Surfaceスリムペンとの比較

今回発売されたのは、初代Surfaceスリムペンの後継機になるわけですが、初代との違いとはなんぞや?ってとこですが、基本的に変わったところは大きく3つ

・デザインの変更

・ゼロフォース手書き入力&触覚フィードバック機能の搭載

・充電器が別売りになった

かと思われます。他にも微々たる変化はあると思いますが、仕様を見る限りこの3つが大きな違いになる。

 

デザインについては前述した通り、ボタンの位置が変わっていたり、先端がかなりエッジのきいたデザインになっていたりと実は結構変化している。

また、今回の目玉新機能?のゼロフォース手書き入力や触感ルーターが搭載されたのがもっとも大きな違いになるかと思う。

 

そして最後に嫌味のように付け加えると、初代は充電器が付属でついてきたのですが、今回から別売りになった。

何故充電式で充電器が別売りなのか

ペンとしての性能はかなり良いですが、やっぱりどうしても気になるのが、なんで充電器別売りなの?ってとこですよね。

充電式なのに充電器別売りなんてあんま聞いたことないですよね。

 

普通充電器が付属するか、本体から直接マグネット充電できる仕様になっている。

 

ここからは完全に僕個人の予想ですが、恐らくMicrosoft的には

 

「充電器以外でも充電できるから、必要ない人もいる。そういう人の為に選択肢を増やした」

 

って感じなんじゃないかと思います。

 

ちなみに充電器以外で充電する方法は「Surface Pro Signature キーボード、Surface Laptop Studio、および Surface Duo 2 ペン カバー の Surface スリム ペン 2 収納トレイと充電機能」との記載がありました。

ちょっと分かりづらいですが、要はSurface Laptop StudioSurfaceDuo2、もしくは今回新たに発売された新しいSurface Pro用のキーボードがあれば充電できるという事。

 

まぁつまりSurface Pro8を買った人に対して

このスリムペン付きのキーボードをSurfaceと抱き合わせで買わせたい!っていうのが狙いなんじゃないかと思う。

これを買えばスリムペンもキーボードもついてくるし、キーボードから充電もできる。更に単体で買うよりお得だぞ!だからペンが欲しいならこれ買いなって。

 

多分だけど。

スリムペン付きキーボード

まぁ勝手な予想ではありますが、個人的にこの充電器別売りっていう手法は正直えげつない気がして残念です。

 

ちなみに以前までのキーボードとSurfacePro8の互換性のはなくなりましたのでご注意ください。

また今回発売されたキーボードもSurfacePro8と、SurfaceProX以外では使えないのでご注意ください。

まとめ 高い

というわけでSurfaceの新しいペン、Surfaceスリムペン2の紹介でした。

 

個人的にはちょっと高すぎる気がするし、充電器を別で買うのもどうかなって感じです。

買ってもないのに文句言うなよ。って感じですが…

 

電池式から充電式になったのはめちゃくちゃ良い事だとは思うのですが、その充電がネック過ぎる。

キーボードも買えばいいじゃん!って感じですが、3万円越えは普通に高すぎる。

 

ちなみにSurface Pro4をお絵かき用のPCとして使ってみたレビューを以前書いていますので、よかったらそちらもの合わせてご覧ください。

Surface 液タブ
Surfaceは液タブになる?実際に使ってみて感じたメリットとデメリット

アシスタント Surfaceってipadみたいに絵が描けるの? きっとこの記事を見ている人はそんな疑問を抱えてたどり着いた人だと思います。   結論から言うと、全然描く事は出来ます。 &nb ...

続きを見る

 

それじゃ





ガジェット系の記事はこちら▼

2024/4/1

KOORUIの27インチモニター27N4Qを買ってみた!おすすはできない

先日液晶モニターを買い換えました。 KOORUIの27インチモニター。 リンク Amazonで5,000円 オフのクーポンが配布されており、約25,000円で買いました。   アシスタント モニター持ってなかった? 持ってたけど、TN液晶の安物ゲーミングモニターだったから、色味が大分おかしかったんだよね 兼子   そもそも絵描きがゲーミングモニター使うなよって話ではあるんだけど、PCを買う時に何も考えずにまとめ買いしちゃって、それをだましだまし使っていました。 それに使っている液タブが ...

ReadMore

2024/3/29

TourBox Liteレビュー!案外Liteでもいける

先日TourBox様より、TourBox Liteをご提供頂きました。 TourBoxと言えば左手デバイスとして有名ですが、値段が結構お高い。 最上位モデルのEliteは約4万円と、なかなか手を出しづらい価格。   使ってみたいけど、価格的に諦めていた人は多いと思う。 兼子 そんな人に向けて発売されたのが、今回提供頂いたTourBox Liteになります   値段が約13,000円と、Eliteに比べて3分の一になっており、かなりお求めやすい価格になっています。 ただ、その分削られた機 ...

ReadMore

2024/3/11

HUIONからもAndroidタブレットが発売!XPPenのタブレットとの比較

先日XPPenからAndroidタブレットが発売した記事を書きましたが、HUIONからもAndroidタブレットが発売されました。 その名もKamvas Slate10。 アシスタント Slateって何・・・? 予定するとか、計画する、石板って意味らしい・・・読み方はスレート 兼子 何故Slateという名前になったのかは謎。   そして個人的にアプリのUIがパット見た感じなんだかめちゃくちゃ不安な見た目をしているのが気になる所… 「とりあえず作ってみたよ」って段階感がすごい。   とい ...

ReadMore

2024/3/12

XPPenからイラスト制作用Androidタブレットが発売!【充電不要&16,384段階の筆圧検知】

先日液タブや板タブを販売するメーカーのXPPenからAndroidタブレットが発売されました。 絵が描けるAndroidタブレットってのは今までも結構発売されているけど、液タブ板タブの開発メーカーがAndroidタブレットを発売するケースは稀。 そんなわけで、結構期待と不安が入り混じるタブレットとなっているかと思いますので、この記事では性能などをまとめてみます。 Magic Drawing Padの性能 公開されている性能は以下の通り サイズ 279 x 192 x 6.9 mm 液晶サイズ 12.2イン ...

ReadMore

2024/3/5

FlexiSpotがセール中でかなり安くなってるので超おすすめ【スタンディングデスク】

自分が愛用しているスタンディングデスクメーカーのFlexiSpotが現在新生活応援セールを開催している。(2024年4月1日まで) 兼子 めちゃくちゃ安くなっている   ちなみに自分が買ったEF1というデスクは元が約3万円で比較的安いんだけど、今なら23,100円で買える。(天板別売り) マジでデスクワークしている人はスタンディングデスク超おすすめです。   単純に座って作業する際も、机の位置を微調整できるし、座ってて腰が痛くなってきたら立ち作業に変えられる。体を労わるだけでなく、気分 ...

ReadMore

2024/4/1

KOORUIの27インチモニター27N4Qを買ってみた!おすすはできない

先日液晶モニターを買い換えました。 KOORUIの27インチモニター。 リンク Amazonで5,000円 オフのクーポンが配布されており、約25,000円で買いました。   アシスタント モニター持ってなかった? 持ってたけど、TN液晶の安物ゲーミングモニターだったから、色味が大分おかしかったんだよね 兼子   そもそも絵描きがゲーミングモニター使うなよって話ではあるんだけど、PCを買う時に何も考えずにまとめ買いしちゃって、それをだましだまし使っていました。 それに使っている液タブが ...

ReadMore

2024/3/29

TourBox Liteレビュー!案外Liteでもいける

先日TourBox様より、TourBox Liteをご提供頂きました。 TourBoxと言えば左手デバイスとして有名ですが、値段が結構お高い。 最上位モデルのEliteは約4万円と、なかなか手を出しづらい価格。   使ってみたいけど、価格的に諦めていた人は多いと思う。 兼子 そんな人に向けて発売されたのが、今回提供頂いたTourBox Liteになります   値段が約13,000円と、Eliteに比べて3分の一になっており、かなりお求めやすい価格になっています。 ただ、その分削られた機 ...

ReadMore

2024/3/11

HUIONからもAndroidタブレットが発売!XPPenのタブレットとの比較

先日XPPenからAndroidタブレットが発売した記事を書きましたが、HUIONからもAndroidタブレットが発売されました。 その名もKamvas Slate10。 アシスタント Slateって何・・・? 予定するとか、計画する、石板って意味らしい・・・読み方はスレート 兼子 何故Slateという名前になったのかは謎。   そして個人的にアプリのUIがパット見た感じなんだかめちゃくちゃ不安な見た目をしているのが気になる所… 「とりあえず作ってみたよ」って段階感がすごい。   とい ...

ReadMore

2024/3/12

XPPenからイラスト制作用Androidタブレットが発売!【充電不要&16,384段階の筆圧検知】

先日液タブや板タブを販売するメーカーのXPPenからAndroidタブレットが発売されました。 絵が描けるAndroidタブレットってのは今までも結構発売されているけど、液タブ板タブの開発メーカーがAndroidタブレットを発売するケースは稀。 そんなわけで、結構期待と不安が入り混じるタブレットとなっているかと思いますので、この記事では性能などをまとめてみます。 Magic Drawing Padの性能 公開されている性能は以下の通り サイズ 279 x 192 x 6.9 mm 液晶サイズ 12.2イン ...

ReadMore

2024/3/5

FlexiSpotがセール中でかなり安くなってるので超おすすめ【スタンディングデスク】

自分が愛用しているスタンディングデスクメーカーのFlexiSpotが現在新生活応援セールを開催している。(2024年4月1日まで) 兼子 めちゃくちゃ安くなっている   ちなみに自分が買ったEF1というデスクは元が約3万円で比較的安いんだけど、今なら23,100円で買える。(天板別売り) マジでデスクワークしている人はスタンディングデスク超おすすめです。   単純に座って作業する際も、机の位置を微調整できるし、座ってて腰が痛くなってきたら立ち作業に変えられる。体を労わるだけでなく、気分 ...

ReadMore

2024/3/5

【Lenovo】Ideapad Slimを使ってみたけど、個人的にはFlexがおすすめ

先日Ideapad Slim570の中古品を入手しました。 買ったわけではなく、ASPサイトが主催していたプレゼント企画で当選して手に入れたもの。 ちなみにIdeapad Slim570は2022年に発売されたPCなので、今は廃番になっている。 現在は新しいモデル(Slim5 Gen8)がでているので、今更Slim570をレビューする価値はほとんどない。   ただ、自分は以前Ideapad Flexシリーズを使っていたので、SlimとFlexの違いについて書いていこうと思います。 どちらもIde ...

ReadMore

2024/4/21

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット