当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット パソコン

Surface ProとIdeaPad Flex550はどっちの方が液タブ兼PCとして良かったか?

6月 18, 2022

こんにちは。兼子です。

 

自分は今年の2月にサブPCとしてLenovoのIdeaPad Flex550というノートPCを買ったのですが、それ以前はMicrosoftのSurface Pro4を使っていました。

 

両者ともに何を決め手に買ったのかというと、液タブとして画面に直接描画できるのか?っていう所。

 

どちらも画面に直接ペンで絵が描ける、液タブにもなるPCなんですよね。

年末とかに実家に帰省するときに、PC一個持っていけば絵が描ける。っていう状態にしたくて、これを基準に選びました。

 

で、この2つの機種って多分液タブになるPCとして割と有名な方だと思うので、使い心地について気になっている人も多いと思う。

というわけで実際2つの機種を使ってみて、「どうなの?どっちの方が良いの?」って所を書いていこうと思います。

 

これから液タブになるPCを買おうとしている方や、SurfaceやIdeaPadに興味のある人等は是非参考にしてみてください。

Surface Pro4とIdeapad Flex550の液タブとしての使い心地

始めに断っておきますと、自分が使っていたSurfaceはPro4という2016年位にでたちょっと古い物になります。

その為今出ているSurface Pro8とは異なる点もあると思いますので、その辺はご了承ください。

 

そんな古いタイプのPCですが、正直言うと液タブとしての描き味はSurfaceの方が全然よかった。

具体的にどこがよかったかというと

・キックスタンド付きタブレット端末は液タブとして使うならかなり優秀

・ペンの追随性が良い

・画面が綺麗

・持ち運び安さが抜群

あたりがSurfaceの方が優れていたところ。

ひとつひとつ解説していきます。

キックスタンド付きタブレットは液タブとして使うならかなり優秀

まずは端末の形状の違いって所なんですが、キックスタンド付きのタブレットPCは液タブとして使う場合かなり優秀だと思う。

引用:https://www.microsoft.com/ja-jp

特にスタンドを用意しなくてもある程度の角度をつけて描く事ができるし、キーボードも取り外せるので、本当に液タブと近い環境を再現できる。

IdeaPadも360°折りたたむことができるので、一応タブレットっぽくはなるけど、どうしても厚みが出てごっつくなるし、キックスタンド的な物もないので、角度も調節できない。

引用:https://www.lenovo.com/

一応こんな感じでテントモードみたいないことはできるけど、やっぱりちょっと描きづらい。

PCスタンドとかを買えば解決はできる問題なんですが、スタンドを持ち運ぶ必要もない点Surfaceは便利だった。

ペンの追随性が良い

また、ペンの追随性がSurfaceはとてもよかった。

 

ちょっと見えづらいかもしれないけど、↓のGIFでIdeaPadの追随性が見れるんですが、カーソルがペンに全然追随してこない。

これじゃ使い物にならないんじゃ!?って思われるかもだけど、実際ペンが画面に触れるとちゃんとそこは認識されるので描く分にはあまり問題ない。

なので別に深刻な問題ではないけど、描いているとカーソルが付いてこないのはちょっとストレス。

画面が綺麗

また、画質に関してもSurfaceは2736×1824、IdeaPadは1920×1080となっており、結構目に見えて違ってきます。

また大きく違うのが色域で、Surfaceは約sRGB99%、IdeaPadは約60%となっているので、色味の正確性において結構な差が出ます。

 

実際IdeaPadはちょっと黄色味が強い印象で、画質や色味においては明確な差を感じました。

持ち運び安さが抜群

またSurfaceは重量が766gと、めちゃくちゃ軽い。IdeaPadはというと約1.5kgと倍の重さがある。

1.5kgが重いかって言われると、そこまで重いわけではないんだけど、Surfaceが軽すぎたせいか重い印象を受けました。

 

IdeaPadも持ち運びは全然できるんですが、長時間持ち運ぶときは結構負担になる。

逆にSurfaceは本当に大した重さを感じないので、「持ち運ぶのに疲れる...」って事はほとんど感じられなかった。

IdeaPadが勝る点は圧倒的コスパ

アシスタント
じゃぁSurfaceを買えばよかったじゃん

って話ですが、なんでそれだけ液タブ兼PCとして優秀だったSurfaceを買わずにIdeaPadを選んだかというと、圧倒的にコスパが良いからです。

 

諸々不満はありましたが、実際絵を描くうえでめちゃくちゃ大きな支障はない。

唯一色域の低さはちょっと気になったけど、最悪スマホとかで確認しながら色味の調整もできるのでそこまで問題ない。

実際自分はIdeaPadで絵を描けたので液タブとして機能はしております。

 

 

それでいて値段はなんとSurfaceの半分以下。

 

アシスタント
そんなに違うの?

って話だけど、実際は倍どころではない。

メーカー名LenovoSurface(ペン別売り)
機種名Ideapad Flex550Surface Pro9
CPURyzen 7Core i7
メモリ16GB16GB
SSD512GB512GB
価格(2022年6月現在の公式サイト価格)約89,800円約236,280円

もちろんまったく同じ性能ってわけじゃないので、公平な比較とは言えないんですが、あらかた似たようなスペックでありながら価格差はすさまじい。

しかもSurfaceはペンやキーボードが別売り。これらを純正品で買うとなると更に3万円以上はかかる。

 

つまり3倍ほどの価格差になってしまうわけです。

 

性能を落としてCore i5とかにするともっと安くなるんだけど、なんにせよ最安モデルでも14万は超えてしまいます。

なので描き味に関してはSurfaceの方がよかったわけですが、それを覆すほどコスパがすぐれていたのでIdeaPadを買ったわけです。

 

そもそもサブ機としてなので、実際家にいる時はメインPC+液タブor板タブで描くので、ある程度描ければとりあえずOK。という事でSurfaceはそうそうに諦めました。

まとめ お金に余裕があるのであればSurface、コスパを追求するならIdeaPad

というわけでSurfaceとIdeaPadの液タブとして比較でした。

上に書いたように、描き心地がSurfaceの方がよかったので、お金に余裕があるならSurfaceの方が良いと思う。

 

ただ個人的にCore i7のモデルはちょっと高すぎる気がする。動画編集とか、ゲームとかしたいなら高性能の方が良いかもしれないけど、単純に絵を描く事が目的ならCore i5モデルでも問題はないと思う。

Surface Pro9

 

あまりお金を掛けたくない!それでいて高性能で絵も描けるPCが良い!って人はIdeaPadがおすすめ。

本当に数ある2in1PCの中でもIdeaPadはトップクラスのコスパの良さだとは思う。

ボタン

それじゃ

 

ガジェット系記事▼

2024/1/13

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

2023/12/26

【XPPen】Artist 22Plusが新発売!セカンドとの違いや進化した点について

こんにちは。兼子です。   XPPenからまたまた新しい液タブが発売されました。 つい先日Artist Pro14(Gen2)と、Artist Pro16(Gen2)が発売されたばかりでしたが、ここにきて22インチの液タブも新発売となりました。   液タブのページが新製品だらけになってきました。。   ちなみに先日Artist Pro16(Gen2)を買ったばかりの自分としては、「まじかよ・・・」って思いが否めないのが正直なところであります。 これでArtist22Plusの ...

ReadMore

2023/11/21

【幅が狭い】液タブスタンドとしてBoYataのノートパソコンスタンドを買ってみた!

こんにちは。兼子です。   先月XPPenの新しい液タブ、Artist Pro16 Gen2を買ったのですが、付属のスタンドの角度が低すぎる問題にぶち当たっていました。 おおよそ20度程しか角度が付けられず、これだと自分の場合首に負担がくる。 ないよりマシですが、正直低すぎる。     長時間この角度で描くのは辛いし、多分体にもよくなさそう。   そんなわけで、もう少し角度をつけたい! 角度が付けば首が伸びて、若干姿勢は良くなる。ハズ。 同じような悩みを抱えている人 ...

ReadMore

2023/12/28

【Zenfone10レビュー】最強で最高の小型スマホ!不満なし!安く買う方法も解説【IIJmio】

こんにちは。兼子です。 兼子 先日Zenfone10にスマホを乗り換えました。   今まで比較的安いスマホばかり使っていたので、自信初のハイエンド?スマホである。   そもそも自分はゲームとか、動画編集みたいな高負荷な作業をスマホでやる事はないので、「ハイエンドスマホなんて必要ない!!!!」   と思っていました。   兼子 同じ考えの人、結構多いと思う   ただ、以前まで使っていたスマホ(xiaomiのMi 11 lite5G )だと、ちょこちょこ動作が ...

ReadMore

2023/11/18

【XPPen】Artist Pro16 Gen2実機レビュー!文句なしの使い心地!付属のスタンドは微妙

こんにちは。兼子です。 兼子 先日新しい液タブを買いました   XPPenの最新機種、Artist 16Pro Gen2 リンク 筆圧検知が業界初の16,384段階に対応した液タブ。 筆圧だけでなく、ペンや液晶もかなり拘っている、XPPenの技術を全てぶち込んだような液タブとなっています。   ただ実際性能が良い=描きやすい。というわけでもないので、こいつを実際に使ってみての感想を書いていこうと思います。   兼子 これから液タブを買おうと思っている人は是非参考にしてみてくだ ...

ReadMore

2023/10/5

【XPPen ack05レビュー】イラスト制作時の左手デバイスとしては物足りないけど、買って損はない逸品

こんにちは。兼子です。   兼子 先日XPPenの左手デバイス、ack05を買いました 買いましたと言うか、新しい液タブを買ったら付いてきました。   買った液タブはArtist Pro16(Gen2) 液タブについては後日またレビューする予定です。   というわけで今回はXPPenの左手デバイスを実際に使ってみての感想を書いていきます。 兼子 左手デバイスについて気になっている方は是非参考にしてみてください ack05の外観 ack05の外観はこんな感じ 個人的にだけど、見 ...

ReadMore

2023/10/11

【Lenovo P12Pro実機レビュー】12.6インチで高性能なうえに液タブにもなる!ただ描きやすくはない

こんにちは。兼子です。   兼子 先日新しいタブレットを買いました   それがこちら 兼子 レノボのP12Pro 1年くらい前に発売されたものなので、新しい製品って訳じゃないですが、当時13万ほどした商品が現在10万程に値下がりしていたので買ってみました。   10万円に下がったとはいえ、正直タブレットとしてはかなり高額。 ただそれ相応のスペックに加え、付属品が充実しているのでコスパは悪くない。   はず。。。   というわけで実際に買ってみたこちらをレビ ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット, パソコン