当ブログはアフィリエイト広告による収益を得ています

PC周辺機器・ガジェット

マルチポイント対応のワイヤレスイヤホンEarFun Air Pro3がすごい【デメリットあり】

2月 13, 2023

こんにちは。兼子です。

 

兼子
先日EarFunのAir Pro3というワイヤレスイヤホンを買いました

 

元々使っていたイヤホンを紛失したため、新しく買おうと探していたところ、発売したばかりのコイツを見つけた。

ただ、どうしようかなぁと迷っているうちになんと品切れになってしまった...

人間欲しい商品が在庫切れになると、より一層欲しくなる。

 

もう欲しくて欲しくてたまらなくなったので、在庫があるビックカメラまで足を伸ばして買ってきました。

というわけで、このイヤホンのレビューを書いていこうと思う。

 

というか最初に言ってしまうと、Air Pro3は素人には死角なし!と言っていいほど高機能、高スペックなイヤホン。

 

しかもかなり安いので、とにかくコスパ最高なんだけど、気になる点もいくつかあったから是非参考にしていってください。


Air Pro3の内容物

入っていたものはこんな感じ

イヤーキャップは本体についている物と合わせると全部で4種類入ってました。

タイプCケーブルも付属されております。

Air Pro3のスペック

イヤホンタイプカナル型
ノイズキャンセリングANC(‐43db)+ cVc8.0 マイクノイズキャンセリング
BluetoothBluetooth5.3対応
再生時間最大45時間(イヤホン単体9時間+ケース36時間)
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX5
低遅延モード55ms
マルチポイント対応
充電急速・ワイヤレス充電対応
音声英語
値段(2023年2月現在)8,990円(ビックカメラ価格)

スペックはこんな感じ。

 

個人的にはアクティブノイズキャンセリングとマルチポイントに対応していて、再生時間がそこそこ長く1万円以下の物を探していたんだけど、まさに全部乗せ。

というか素人目にはもはや非の打ち所がない。

 

防水レベルも高く、ワイヤレス充電にも対応してしまっている。

これで1万円以下で買えてしまうのがスゴイ。

Air Pro3のおすすめポイント【メリット】

アクティブノイズキャンセリング

個人的に特に何が良いかっていうと、1つ目はノイズキャンセリング機能。

Air Pro3にはアクティブノイズキャンセリング(ANC)が搭載されている。

なので、周りの騒音をある程度搔き消してくれる。

 

ANCをオンにすると【スッ】と周りの雑音が小さくなる。

この状態で音楽を聴くと、ほとんど周りの音が聞こえなくなる。

 

ANCは音量を小さくしてもしっかり音楽が聞こえるので、耳の負担も少なくなるっていうメリットもある。

マルチポイントにも対応

そして2つ目がマルチポイント。これがマジでめちゃくちゃ便利。

もうマルチポイントなしには戻れない体になってしまった。

 

アシスタント
そもそもマルチポイントって何?

って話だけど、マルチポイントとは要は2台同時接続ができる機能。

 

つまりPCとスマホ等を、両方同時に接続できる。

 

似たような機能でマルチペアリングってのもあるけど、これは同時接続は出来ない。

切り替え作業をしないと接続デバイスを変えられない。

 

マルチポイントなら同時接続ができるので、切り替え不要で両方で音楽を聴ける。

 

家にいる時はPCで音楽を聴き、家を出る時はスマホで聴く。というのを完全にシームレスで行える。

また、同時に接続されているので、例えばPCで音楽を聴いているときにスマホに着信がっても、そのままイヤホンで応答できる。

 

今まではPCは有線イヤホンを使っていたのだけど、コードが邪魔なのであまり使いたくなかった。

なので本当に快適になった。

※マルチペアリングは2台まで可能

外音取り込みモードが優秀

ノイズキャンセリングとまったく逆の機能で、外音取り込みモードというのがあるんだけど、これがすごい。

外の音をしっかり取り込みながら音楽を再生してくれる。

 

なので例えば夜道とかイヤホンをすると不安って人でも割と安心して使えるし、電車内とかでもアナウンスの音もしっかり聞こえる。

 

ただ逆に雑音も多く取り込むので、音楽はかなり聞き取りづらくなる。

Air Pro3の微妙な点【デメリット】

続いてデメリットについて

低音が強すぎる

個人的には、低音が迫力あるなぁ!ぐらいに思っていたんだけど、レビューを見ると低音が強すぎると書かれていた。

確かに強すぎると言われると、そんな気がするけど...個人的には好き。

 

たまに流れるどうでもいいYouTubeの広告がめっちゃ迫力のあるBGMに聞こえたりして面白い。

ANCモードで左耳側から機械音がする

これはレビューでも書かれていたので、不具合っていうより仕様なんだと思うけど、左側のイヤホンからANCモード時に機械音がする。

音楽を流すとまったく聞こえないレベルなんだけど、何も流さない状態だと「ジッ…ジリ…ジッ…」みたいな音がする。

 

大きい音ではないけど、着けていたら聞こえてくるレベル。ノイズキャンセリングされているがゆえに、この機械音が目立ってしまっている。

これはどうにかしてほしかった。

 

ちなみに外音取り込みモードやノーマルモードでは聞こえない。

また、右側のイヤホンも特に機械音はしない。

 

色々と謎仕様。

アプリの接続がたまに切れる

あとたまーにアプリとの接続が切れる。

※アプリの接続が切れるだけで、実際Bluetooth接続が解除されるわけではない。

 

なのでいきなりスピーカーで流れるとか、そういった事はなく、アプリとの接続が切れてもしっかりイヤホンから音楽は流れ続ける。

 

ただイコライザー等はアプリでしかいじれないので、接続が切れてしまうとこれが出来なくなる。

※しばらくするとまた接続されます

Earfunのアプリで認証ができない不具合の解決策

ちなみに、このAir Pro3は上で書いたように専用のアプリでイコライザーをいじる事もできる。

 

操作も全然難しいことはなく、とても使いやすい。

よくわからない人でもプリセットが用意されているので、簡単に使えるようになっている。

 

がしかし!

 

アプリの評価はめちゃくちゃ低い。

ラーメン屋だったら絶対入らないような評価が付けられている。

これの主な原因は、初回接続の際にアプリが製品を認証しないという本末転倒すぎる不具合が多発しているから。

アプリではまず、上の画面から製品を追加するを押して、Air Pro3を認証しないといけないのだけど、これができないのだ。

こんな感じで、しばらく探し続けるのだけど、結局接続が出来ない。

そんな馬鹿な!と思ったけど、本当にできなかった。

 

そりゃ2.6だ!って思ったけど、一応解決できたので、その方法を書くと

解決策

アンインストールして、再度試す

 

アシスタント
それだけ・・?
それだけで認証できた。
兼子

詳し原因はわからないけど、もしかしたら最初にアカウント登録したのが原因かもしれない。

2回目のインストールでは作ったアカウントを使わないで、スキップしたらできたので、出来ない人は試してみると良いかも。

作業に没頭できるようになった

良い点悪い点あったけど、個人的には大満足。

1万円以下でこれだけ高機能高性能なイヤホンは他にないんじゃないかと思う。

 

特にマルチペアリングが本当に最高で、PC、スマホ共にこのイヤホンを使いまくっている。

今までは家ではPCに接続し直すのが面倒だし、有線イヤホンはコードがうざいからあまり使っていなかったのだけど、やっぱりイヤホンを使った方が作業が捗る。

 

周りの音が聞こえなくなるのは、作業時にはとても良い。

 

マルチペアリング付きのイヤホンを探している人には、このAir Pro3おすすめです。


それじゃ

ガジェット系記事▼

2024/1/13

5万円以下で買えるおすすの液タブ【初心者におすすめ】

アシスタント 予算五万円で液タブを買いたい この記事ではそんな人におすすめの液タブを紹介していきます。   一昔前なら おっさん 5万円で液タブ?5万円じゃ板タブしか買えないよ って言われていましたが、時代は変わりました。 5万円あれば液タブは選べる時代です。   安い物なら2万円台から売っているので、5万円あれば選び放題と言っていい。       がしかし   初心者にとっては選択肢が増えると、なかなか決められない問題が出てくる。 そして最終的 ...

ReadMore

色域ってどれくらいあればいい?

2023/12/27

液タブの色域ってどれぐらいあればいい?色域100%超えの理由と選び方

「AdobeRGB99%!」と言われても、知らない人からしたら良いのか悪いのかの判断がし辛いと思う。 物によってはsRGB表記だったりするし、なんなら100%超える色域が表示されていることもある。 100%超えってどういうことなのよ・・・・って感じですよね。 そんなわけで、この記事では色域について分かり易いように、解説していきます。 自分自身最近まで全然理解していなかったので、なるべく誰が見ても分かり易いように解説していく予定。 色域について知っておくと、液タブやモニター選びの際に役に立つので、知らない方 ...

ReadMore

2023/12/25

HUIONから16,384段階の筆圧検知に対応した液タブが発売【Kamvas Pro19,Kamvas Pro27】

こんにちは、兼子です。   HUIONから16,384段階の筆圧検知レベルに対応した液タブが発売されました。   まだ先行予約の段階で、出荷予定は2024年の1月5日から順次発送との事。   現在HUION公式ストアで先行予約の受付が出来ます。 16,384段階の筆圧検知レベルってのは先日XPPenが一足先に「業界初」を売りに発売していたので、もはやあまり驚く事ではないんだけど、結構その他のスペックもヤバいことになっているので、どこがすごいのかってのをわかりやすく解説していき ...

ReadMore

2023/12/25

【Ideapad Flex570レビュー】コスパ最強の液タブになるPC

こんにちは。兼子です。   先日LenovoさんにIdeapad Flex570をレビュー用にレンタルさせて頂きました。 Ideapad Flexといえば、コスパの高さで有名です。多分。 しかし、実はなんとマルチタッチにも対応した、画面に直接絵が描ける液タブにもなるPCなのです。   コスパが高いうえに、液タブにもなるときたら絵を描く人にとっては夢のようなパソコンですよね。   まぁしかし!良い面の裏には悪い面もある。 というわけで、今回このIdeapad Flex570を絵 ...

ReadMore

2023/12/26

【XPPen】Artist 22Plusが新発売!セカンドとの違いや進化した点について

こんにちは。兼子です。   XPPenからまたまた新しい液タブが発売されました。 つい先日Artist Pro14(Gen2)と、Artist Pro16(Gen2)が発売されたばかりでしたが、ここにきて22インチの液タブも新発売となりました。   液タブのページが新製品だらけになってきました。。   ちなみに先日Artist Pro16(Gen2)を買ったばかりの自分としては、「まじかよ・・・」って思いが否めないのが正直なところであります。 これでArtist22Plusの ...

ReadMore

2023/11/21

【幅が狭い】液タブスタンドとしてBoYataのノートパソコンスタンドを買ってみた!

こんにちは。兼子です。   先月XPPenの新しい液タブ、Artist Pro16 Gen2を買ったのですが、付属のスタンドの角度が低すぎる問題にぶち当たっていました。 おおよそ20度程しか角度が付けられず、これだと自分の場合首に負担がくる。 ないよりマシですが、正直低すぎる。     長時間この角度で描くのは辛いし、多分体にもよくなさそう。   そんなわけで、もう少し角度をつけたい! 角度が付けば首が伸びて、若干姿勢は良くなる。ハズ。 同じような悩みを抱えている人 ...

ReadMore

2023/12/28

【Zenfone10レビュー】最強で最高の小型スマホ!不満なし!安く買う方法も解説【IIJmio】

こんにちは。兼子です。 兼子 先日Zenfone10にスマホを乗り換えました。   今まで比較的安いスマホばかり使っていたので、自信初のハイエンド?スマホである。   そもそも自分はゲームとか、動画編集みたいな高負荷な作業をスマホでやる事はないので、「ハイエンドスマホなんて必要ない!!!!」   と思っていました。   兼子 同じ考えの人、結構多いと思う   ただ、以前まで使っていたスマホ(xiaomiのMi 11 lite5G )だと、ちょこちょこ動作が ...

ReadMore

2023/11/18

【XPPen】Artist Pro16 Gen2実機レビュー!文句なしの使い心地!付属のスタンドは微妙

こんにちは。兼子です。 兼子 先日新しい液タブを買いました   XPPenの最新機種、Artist 16Pro Gen2 リンク 筆圧検知が業界初の16,384段階に対応した液タブ。 筆圧だけでなく、ペンや液晶もかなり拘っている、XPPenの技術を全てぶち込んだような液タブとなっています。   ただ実際性能が良い=描きやすい。というわけでもないので、こいつを実際に使ってみての感想を書いていこうと思います。   兼子 これから液タブを買おうと思っている人は是非参考にしてみてくだ ...

ReadMore

2023/10/5

【XPPen ack05レビュー】イラスト制作時の左手デバイスとしては物足りないけど、買って損はない逸品

こんにちは。兼子です。   兼子 先日XPPenの左手デバイス、ack05を買いました 買いましたと言うか、新しい液タブを買ったら付いてきました。   買った液タブはArtist Pro16(Gen2) 液タブについては後日またレビューする予定です。   というわけで今回はXPPenの左手デバイスを実際に使ってみての感想を書いていきます。 兼子 左手デバイスについて気になっている方は是非参考にしてみてください ack05の外観 ack05の外観はこんな感じ 個人的にだけど、見 ...

ReadMore

2023/10/11

【Lenovo P12Pro実機レビュー】12.6インチで高性能なうえに液タブにもなる!ただ描きやすくはない

こんにちは。兼子です。   兼子 先日新しいタブレットを買いました   それがこちら 兼子 レノボのP12Pro 1年くらい前に発売されたものなので、新しい製品って訳じゃないですが、当時13万ほどした商品が現在10万程に値下がりしていたので買ってみました。   10万円に下がったとはいえ、正直タブレットとしてはかなり高額。 ただそれ相応のスペックに加え、付属品が充実しているのでコスパは悪くない。   はず。。。   というわけで実際に買ってみたこちらをレビ ...

ReadMore

-PC周辺機器・ガジェット