イラストで稼ぐ方法

YouTube漫画の仕事をやってみた感想と応募の仕方、相場について

こんにちは。兼子です。

 

皆さんYouTube漫画ってみますかね?YouTubeを普段よく見る方なら一度ぐらいは目にしたことあるんじゃないでしょうか。

 

そんなわけでお気づきの方も多いのかと思いますが、今YouTube漫画市場ってものすごいでかくなっているんですよね。

それはつまり仕事も多いという事です。

 

そんなYouTube漫画の仕事今年に入ってからいくつかやってみたのでえ、その感想、メリットやデメリット、YouTube漫画の仕事で生活できるのか?等について描いていこうと思います。

イラストの仕事をしたい方や副業を考えている人は是非参考にしていってください

YouTube漫画の仕事のとり方

まずYouTube漫画の仕事をやった経緯ととり方について書いていこうと思うのですが、先日とあるYouTuberの方が「今YouTube漫画の仕事はめちゃくちゃ多い、絵で稼ぎたい方は今一番稼ぎやすい」的な動画を出しているのを拝見しまして、やってみたい!と思って探すことにしました。

 

仕事のとり方についてはいろいろなとり方はあると思いますが、僕がやったことはクラウドワークス
というサイトからYouTube漫画の求人募集を探し、応募しました。

 

探し方は非常に簡単で、会員登録後、

step
1
仕事を探す

step
2
デザインカテゴリーを選択

step
3
漫画・アニメ制作を選択

そして漫画・アニメ制作カテゴリーの中から自分にあった内容のお仕事を選んで応募すれば完了です。

 

あとは審査後、選ばれれば仕事が始まります。

 

もちろん選ばれずに落ちてしまう事もありますが、仕事自体は本当にたくさんあるので、落選してもめげずに応募し続ければ仕事に繋がる可能性はあります。

 

僕も3つぐらい応募して2つは返信なしで、3つ目に採用となりました。

クラウドワークスのHPはコチラ

YouTube漫画で使用したポートフォリオ

ちなみにYouTube漫画の仕事に応募する際に使ったポートフォリオはこちら

正直あまりYouTube漫画っぽくはないですね(汗)

YouTube漫画を実際にやってみて思った感想

実際にやってみて思ったことは、思った以上に大変だけど、個人的にはやりがいもあるし、絵も上手くなる仕事だと思いました。

その辺の理由を掘り下げて書いていきます。

YouTube漫画の納期はきつい?

YouTube漫画の募集ページをみると結構1週間いないとかが多く、1週間でラフの提出から清書、修正対応い納品となるとかなりキツイだろうなと思いました。ただ僕は初めに納品は月1~2本程度と書いていた為、クライアント様も納期には余裕を持ってくれていた為、締め切りが迫って焦るみたいなことはなかったです。

これから応募しようって方もこの納期については正直に自分が出来る範囲で伝える事をおすすめします。

もしやったことない方なら、一度適当なシチュエーションのラフと清書を1P描いてみて、自分がどれぐらいの時間がかかりそうかは知っておいた方が良いと思います。

 

ちなみに枚数については依頼者や漫画の内容によってかなり変わってくるのでなんとも言えませんがだいたい1話あたり30P(1P2~3コマ)前後ぐらいが多いのかなと思います。

 

僕の場合別の仕事をしていた為一応副業として始めたのですが、早くてラフに2~3日、本制作に3~4日程度かかっておりました。

なので最短でも1週間、遅くて2週間ぐらいは納品にかかってたと思います。

1話を最短で仕上げるのにかかる日数

ちなみにもし本業でやると考えた場合、ラフだったら頑張れば1日で終わり、本制作の場合15P分ぐらい描けるか描けないかぐらいでした。なので本当に気合いを入れて頑張れば最短で3日ぐらいになるのかなと思います。

 

ただやっぱり難しいシーンや作業量の多いコマなどが出てくる事があるので、現実的に5日ぐらいが平均になるのかなと思います。

YouTube漫画の仕事の良いところ

正直実際仕事をやりながら副業でやってみるとかなり大変でした。幸い納期の余裕はあったのですが、早く描かないと!という思いは常にあって、やっぱりかなり大変でした。

 

ですがその分納品し終わったときの達成感や安堵感も大きく、やりがい的なものも感じました。

 

なにより画力の向上に繋がるとも思いました。やっぱり漫画なんでね、いろんなシーンがあって、普段描かないようなものや構図、ポーズなんかも描かなければいけないし、かなりの量のイラストを描く為、必然的に上手くはなっていきますよね。

YouTube漫画の一番きつかった所

上で納期があるときついだろうな。って話をしましたが、僕がやっていて一番きつかったのは上手く描けない時です。

いやぁ本当へこみますよね。やっぱりいろんなシーンを描かなければいけないので、なかなか良い参考資料がない場合などもあり、そういった場面の違和感を取り払えない事もありました。

本当もっと勉強しないとなぁと思い知らされました。

 

でもそういったこともやった見たからこそ見えた課題なので、落ち込んだけど経験してよかったなとは思いました。

 

そういった事もあって最近クロッキーをやりだしました・・・笑

クロッキーをやってみて気づいた「上手く描くコツ」と「意識する事」

こんにちは。兼子です。   皆さん、クロッキーってやっていますか?僕は昔やっていたのですが、最近は全くやっていませんでした。普段よく描くのが食べ物のイラストっていうのもあり、人体の練習をサボ ...

続きを見る

 

YouTube漫画の相場と本業でやっていけるのか?って話

一応YouTube漫画にはだいたいの相場があって最初は1P/500円~1000円ぐらいが相場になってくると思います。また、結構作用スピードやクオリティ次第で単価を上げます!と書いている場合も多いです。

※ただ結構間違えやすいのが、1P当たりの単価が高くてもコマ数が1P5コマとかになってくると作業量がかなり多くなってくると思いますので、注意が必要です。

 

つまり30Pを納品すると15,000円~30,000円になるわけです。

 

で、実際これで食っていける?って話ですが1P1000円の案件を月に4回納品すれば12万なので、やっていけなくはないんじゃないでしょうか。

慣れてくれば作業スピードも上がり、単価も上げます!って書いてあるところもあるので、実際全然やれなくはないと思います。

もちろん月に使うお金が多い人は厳しいかもですが、家賃の安いとこで一人暮らしや実家暮らしだったら多分いけますよね。

 

あ、ただクラウドワークス等のクラウドソーシングサービスはだいたい手数料で20%ぐらいもっていかれるので、その辺も注意が必要です。

 

YouTube漫画の仕事をおすすめする人

個人的にある程度絵が描けて、時間に余裕があるのであれば一度はやってみても良いんじゃないかなと思いました。

何より完全に在宅でできる仕事なので、移動や対面することもないので、デジタルで絵が描ける環境さえあればできる事なので副業としてのハードルも結構低いですよね。

漫画家を目指している人や、オンライン授業で家にいる時間が多い学生さんなんかも経験してみるのは良いと思います。

まとめ 何事も経験

というわけでYouTube漫画の仕事をやってみた感想でした。

まぁやっぱりやってみてわかる事って多いなと思いました。

 

前からなんとなく仕事の存在は知っていましたが、大変そうだし・・・って思って全然調べる事もしていませんでした。

ただいざやってみたら良い事や悪い事などだいたいのことが分かったので何事も経験だなぁと思いました。

 

もし時間に余裕がある方で迷っているのなら、まず応募して、1回経験してみるのがいいんじゃないでしょうか。

ただ、YouTube漫画って結構トラブルも多いそうなので、最初は必ず仲介サイトを経由した方が安全だとは思いますので、クラウドソーシングサイトへ登録する事おすすめします。

 

それじゃ!

-イラストで稼ぐ方法

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5