兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

XP-Pen ガジェット 液タブ

【XP-Pen】13.3インチの液タブを買ったら後悔したから、買うなら15.6インチをオススメします

7月 7, 2021

こんにちは。兼子です。

 

いきなりですが、僕は今13.3インチのXP-Penの液タブを使っています。

 

半年以上使っていますが、基本的に不満はないです。

 

正直値段的にかなり安いし、実際使ってみたら使いづらいとか、すぐ壊れるとか、色がおかしいとか、何かしら不満がでてくるんじゃないかなぁ…って思っていましたが、そんなことはなく全然普通に使えております。


 

【XP-Pen公式ストア】Artist 13.3Pro

なのでXP-Penの液タブ、すごくオススメ!

 

 

なんだけど

 

 

正直画面サイズはもう一段階大きい15.6インチのを買えばよかったかなと思っております。

 

ていうかね、この13インチと16インチって実際迷っている人が結構多いと思う。どちらも多分結構売れ筋な大きさだと思うし、小さすぎず大きすぎずな絶妙なサイズ感。

そのため、「う~んどうしようかなぁ。。。どっちもあまり変わらなそうだし、ちょっと安い13インチを買おう!」って人、多いと思う

 

兼子
それが僕です

というわけで今日は15.6インチの液タブを買えばよかった。っていう嘆きの記事を書いていこうと思います。

今13インチ~16インチの液タブ選びで悩んでいる方は是非参考にしてみてください

2インチの差は結構大きい

そもそも僕が13インチの大きさを買ったのは、ちょっと値段をケチったっていうのが主な理由です。

 

あとは元々Surface Pro(12.3インチ)で描いていたので、同じぐらいの大きさの13インチで十分だろうと思っていました。

 

実際届いた液タブを使ってみても、特に不満もなく、この液タブで正解だったな!とか思っていました。

 

がしかし、先日ちょっと電気屋で15.6インチのWacomの液タブに触れてみたのですが、それによって後悔が生まれました。

 

実際見た目だけだと13.3インチと15.6インチの大きさってそんな変わらないんですが、描いてみると結構違いました。

 

なんていうか15.6インチになると割と拡大しないでも描けるんですよね。

もちろん細かい所を描くときは拡大は必要ですが、やっぱり描いてみると「自分のより全然画面が大きい!」ってなるんですよね。

拡大をあまりしないでも描けるって事は、全体を見ながら描けたりするので絵のクオリティーにも差が出る可能性があるわけです。

13インチのサイズ感

ちなみに13インチのサイズ感ってどのぐらいなの?って所ですが、XP-Penの公式サイトから読取サイズ(描画できるエリア)の寸法を引用すると

13インチの描画エリア

  • 横293.76mm
  • 縦165.24mm

となっております。

 

これがどのくらいかというと、約A4の紙ぐらいに思って頂けると良いと思います。

A4の紙のサイズ

  • 横297mm
  • 縦210mm

と、なっているので、A4の方が若干正方形に近い縦長だけど、サイズ感的には似たようなものだと思います。

 

つまり13インチの液タブの描画エリアはだいたいA4の紙ぐらい。

 

A4ぐらいって聞くと結構充分じゃん!って思う方も多いと思います。

 

が!

 

注意してほしいのが、ペイントアプリはツールウィンドウが出るため、実際描けるサイズはもっと小さい。

 

どういうことかというと

こんな感じで左右にツールウィンドウが出るので実際に描けるスペースは全然A4サイズではない

実際描画できるエリアはツールウィンドウを除くと上のような感じなわけです。

 

これはペイントソフトや、使うツールによって異なってくるわけですが、僕の場合

13インチの実際の描画エリア(兼子の場合)

  • 横205mm
  • 縦140mm

程になる。

 

これはA4ではなくA5サイズとほぼ同じぐらいの大きさと言える。

A5の紙のサイズ

  • 横210mm
  • 縦148mm

 

なので13インチの液タブを買う際は、まずA5サイズの紙を基準に考えると良いかもしれない。

16インチのサイズ感

次にXP-Penの公式サイトのArtist Pro15.6の読取サイズを引用すると

15.6インチの描画エリア

  • 横345.6mm
  • 縦194.4mm

という感じになっております。

 

もちろんこちらもツールウィンドウなどを表示する事で実際に描画できる範囲はさらに小さくなるわけです。

こっちは僕がもっていない商品なので、あくまで憶測ですが、

 

15.6インチの実際の描画エリア(憶測)

  • 横250mm
  • 縦170mm

ぐらいになるのかなと思います。

 

つまり16インチの液タブになってもまだA4サイズより小さいわけです。

13インチ<A5<16インチ<A4

みたいな感じです。

 

ちょっと伝わりにくいかもしれませんが、とにかくこの約2インチの差は結構でかい。

13インチで描きなれた後に16インチを使うと「全然描きやすい!!」って感じるほどの差がありました。

13インチと16インチを実際に比べてみた

この記事を書いた当初はもちろん持っていなかったのですが、その後僕は16インチの液タブを買いました。

 

というわけで、実際に13インチと16インチの液タブを比べてみるとこんな感じ

思っている以上に差がある事がわかるかと思います。

 

それに実際に使ってみるとやっぱり16インチの液タブは個人的には13インチと比べて描きやすかった。

 

詳しくは以下の記事で書いていますので、よかったら合わせてご覧ください。

【XP-Pen】Artist Pro16実機レビュー!X3チップ搭載の最新ペンはすごい?前モデルとの比較!

こんにちは。兼子です。     兼子とうとう買ってしまいました   XP-Pen Artist Pro16を。   実は以前に記事で、XP-Penから新商品が出 ...

続きを見る

机におけるなら16インチがおすすめ

なので僕の結論を言うと、机に置けるのであれば16インチの物の方がおすすめです。

 

何より大きさに結構差がある割に値段の差はそこまでない。

だいたい1~2万ぐらいの差だと思いますが、長く使うって思うと本当ケチる所ではないと思う。

 

ケチケチ精神の僕はこの1万円をケチったわけですが、この先下手したら何年も使い続けるわけですから、そう考えると1万円ってケチるべき程の値段じゃなかったな。と個人的には思います。

 


【XP-Pen公式ストア】Artist Pro16

 

ただ、もちろん人によっては小さいほうが描きやすい人もいるので、全員が全員でかいのを買ったほうがいい!というわけではありませんので、ご注意ください。

なるべく大きいのが欲しいな。。。でもちょっとケチって13インチ買おうかな。。。って人はケチらないほうがいいんじゃない!って感じです。

 

それじゃ

XP-Penは公式サイトでの購入がおすすめ

もしXP-Penで商品を買おう!って思ったら、公式サイトで買うのが個人的におすすめです。

XP-Pen公式ストア

理由はキャンペーンやセールをやっていて、値段的にも安いし、プレゼントもついてくることがあります。

また、公式サイトからの購入した場合のみ保証期間も通常12か月から18ヶ月に延長されます。

 

詳しくは以下の記事で書いていますので、良かったら参考までに読んでみてください。

【XP-Pen】公式ストアから買うメリット!Amazonよりお得な場合も!

こんにちは。兼子です。   XP-Penの液タブや板タブは公式ストアよりAmazonで買った方が安くてお得!そう思っている方、いないでしょうか?   兼子私です。 というかネットシ ...

続きを見る

-XP-Pen, ガジェット, 液タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5