兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

就活・転職 雑記

ベンチャー企業や中小・零細企業で働く際の注意点と、ブラック企業体験談

こんにちは。兼子です。

 

今日はですね、ベンチャー企業や中小・零細企業で働く際の注意点的な話を書いていこうと思います。

 

今のご時世、コロナの影響でなかなかの就職氷河期ですよね。

 

行きたい会社への入社は叶わなかったけど、よくわからんベンチャー企業や、零細企業の会社には内定がもらえた。なんて人も多いんじゃないですかね。

 

そんな皆さんに、ベンチャー企業と零細企業でしか働いたことのないわたくしが、そういった会社で働くデメリットとか注意点を書いていこうと思います

 

不安を煽るような記事ではありますが、やっぱり就職って人生の一大イベントでもありますから、リスクは知っておいても良いのかなと思います。

 

また自分が体験したブラック企業の話も書いていこうと思いますので、気になる方は是非お読みいただけると嬉しいです。

 

注意

※全てのベンチャー企業や中小・零細企業に当てはまる話ではありません。そういう会社もあるから気を付けて!的な話です。

従業員が少ない会社の良し悪しは、上司が全て

まず、一般的にベンチャー企業や中小・零細企業は基本的に従業員が少ないかと思います。

 

そういう従業員が少ない会社は直属の上司との人間関係ってかなり重要なんですよね。

 

もちろんどの会社に入っても重要だとは思いますが、従業員が少ない会社の注意点として、上司が一人しかいない。みたいな事が普通にあるんですよね。

 

例え従業員数が5人とか書いてあっても、他の部署の人間だったり、普段会社に来ない人だったり、もしくは水増しとかしてる会社もあったりして、入ってみたら上司が一人って事が結構あったりするんですよね。

 

つまりその上司が難ありな人だった場合、まじですぐに辞める準備した方がいいです。

 

難があっても、仕事ができるとか、尊敬出来てこの人に付いていきたい!って思いがあるのなら全然良いと思いますが、常に機嫌が悪いとか、暴言とかパワハラをしてきたりするような人なら、頑張ろうとは思わない方が良いと思います。

従業員が少ない会社は問題が問題にならない

すぐにでもやめた方が良い理由は、問題を止める人がいないから。です。

 

例え誰が見てもおかしい人だったとしても、それを見る人がいなければ、止めてくれるわけないですよね。

また他に誰かいたとしても、従業員が少ない会社って結構一人が絶対的な権力を持ってたりして、誰も逆らえない。みたいな事が普通にあるんですよね。

 

 

それ故誰も助けてくれないし、助けを求める人もいないのです。

 

大手の会社とかになると、他にも沢山従業員がいて、助けてくれたり、相談とかできる環境があったりするのでしょうが、社員の少ない小さな会社ではそういった人や環境がない場合が多いので、上司がやばそうな雰囲気だったらすぐ辞めることをおすすめします。

石の上にも3年は嘘。石によるに決まってる

中にはすぐ辞める事に対して「石の上にも3年だよ?」とかいう人もいると思いますが、それは石によるでしょ。と僕は思います。

 

もちろん辞めないで頑張るべき。って状況もあると思いますが、どう考えてもおかしい!って人がいるならむしろすぐ辞めた方が良いと思います。

 

それでも頑張っていると、パワハラやモラハラが普通に思えてきたり、うつ病になったりしてしまうわけですから。

 

うつ病になったらもう石の上にもいけなくなりますからね。

良い意味でも悪い意味でもなんでもやらされる

またベンチャーや小企業でよくあると思うのが、部署が明確に分かれていない。という事です。

 

なんとなくは決まってたりしても、人手が少ない時や納期などによって結構「何でも屋」にさせられたりするんですよね。

 

まぁなんでもやる事は良い事でもあったりするのですが、あきらかにできないような量や内容の仕事を押し付けて「責任もてよ」とか言われることもあったりするので注意しましょう。

 

とくにイエスマン体質の人はなんでもやるやる等と言っていると地獄を見ることもあるので注意しましょう。

残業代がでない

これは会社によってですが、僕が経験した会社で残業代を計算して出してくれたところはなかったです。

 

それどころか忙しければ会社に泊まってやりなさい。的な会社でした。

 

会社に泊まれば飯は外食になるし、さすがに2日1回はシャワー浴びに銭湯にいったりで、無駄に金はかかるのに残業代は1円も出ないという最悪な環境でした。

 

ベンチャーでも中小企業でも会社としてまともな所であれば残業代は出るとは思いますが、結構ださない所も多いので注意しましょう

 

事前にブラック企業かのリサーチをする方法

残業代がでるのか?みたいなシビアな事って面接で聞きにくいって方も多いかと思います。

 

また自分が入る会社についての評判が知りたい!って方は転職会議というサイトで自分の会社を調べてみると良いかもしれません。

 

実際に働いていた人の口コミを見ることができます。

 

もちろん口コミなので絶対に信じられる内容!ではないですが、あくまで参考程度に見ると良いかもしれません。

 

会員登録も無料ですし、結構マイナー企業とかの情報も出てきますので、見るだけでも面白かったりします。

もちろん面接やエントリーの前に確認する。っていうのも良いかと思います。

 

 

ブラック企業体験談

最後に自分が働いていたブラック企業の話を書こうと思います。

 

僕は大学卒業後、とあるイラスト系のベンチャー企業に入ったのですが、そこがとにかく地獄でした。

 

社員も5人程とめちゃくちゃ少なかったのですが、何故か貧乏くじを引いた僕は他の人と違って常に社長と二人行動することになってしまいました。

※当時自分が一番若かったので、良くも悪くも扱いやすかったのだと思います。

 

この社長、とにかく機嫌の起伏が激しく、一度イライラしだすともう何をしてもキレるんですよね。

 

初めての事でわからない事があっても、「いちいち俺が教えてたらお前がいる意味はねぇだろ!」とどやされ、間違ったらもちろん責任とれと言われ、間違えなくても粗探しされるみたいな。

 

僕は気が小さいのでとにかく常にびくびくしていました。

 

そのうえ勤務時間も特に決まっておらず、社長が来いといった時間に行って、帰っていいと言われるまでは何日だろうと帰れないような会社でした。

 

もちろん残業代や交通費も出ないし、ひどい時は朝から晩まで働いてるのに諸々の出費で赤字(交通費や接待費等)になったこともありました。

ちなみに給料はたしか月10万前後ぐらいでした。

 

日々メンタルがやられていき、入って1か月もする頃には事故にあえば仕事に行かなくていいんだよなぁ・・・とか考えるまでに成長しました。

 

とにかく精神か体のどちらかがすぐにでも壊れそうな状況でした。

 

でもある日家族のことまで馬鹿にされ始めたことで、もう駄目だと思い、深夜に超長文の辞めますメールを社長にして、以降会社に行っていません。

社長からももう来なくていいってメールが帰ってきました。

 

もう少し詳しく書いた記事もあるので、気になる方はどうぞ!

事故にあって仕事を辞めたいと思っている方へ【実体験談】

こんにちは。兼子です。 今日はですね、4月という事で、仕事を辞めたい方へむけた内容の話をしていこうかと思います。   仕事を辞めたいと言っても、ただ辞めたいなぁではなく、タイトルにある通り、 ...

続きを見る

ブラック企業で働いてみて思う事

自分は鬱とか自殺とか、しないしならないと思って生きて気だけど、ブラック企業で働いてみると全然ありえるなと思いました。

 

絶対的な上下関係や、押し付けられる責任、辞めれない状況等がのしかかることで結構あっという間に病んでしまうんですよね。

 

もちろんなら辞めろよ!って話なんですが、責任とか感じると辞めるに辞めれなくて、いっそ事故にあってしまえば許されるんじゃないか!?とかわけわからん思考に陥っていくんですよね。

 

なのでね、マジでこの会社やばいなと思ったら、思考が正常なうちに辞める事をおすすめします。

 

周りがどう言おうが、本当に自分が壊れてしまっては意味がないですからね。

 

働くのも大事ですが、辞める勇気も大事なわけです。

 

それじゃ!

-就活・転職, 雑記

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5