兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

GAOMON ガジェット 液タブ

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

5月 17, 2022

こんにちは。兼子です。

 

 

兼子
GAOMONさんから新しい液タブが発売されました

13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。

ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。

 

また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)

 

そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思います。

また、前モデルにあたるPD1161と何が違うかについても書いていこうと思います。

 

現在安価な液タブや、比較的小さめの液タブを探している方は是非参考にしていってください

PD1220のスペック

まずPD1220のスペックについて書きますと、

サイズ11.6インチ
解像度1920×1080(フルHD)
色域NTSC86%
ペン性能8192レベルの筆圧検知 傾き検知 充電不要 2つのショートカットボタン
液晶IPS液晶+アンチグレアガラス+フルラミネーション加工
ショートカットキーなし
反応率220PPS
接続端子Mini HDMI→HDMI
 電源PCから供給可能

こんな感じとなっております。

前モデルと比べて液晶がフルラミネーション加工がされたことと、色域がNTSC72%からNTSC86%まで上がっております。

フルラミネーション加工とは、液晶とカバーガラスを圧着させて、隙間を失くす加工の事で、これがされているのとされていないのでは視差の有無が変わってきます

 

逆に以前はついていたショートカットキーはなくなりました。

PD1220の内容物

続いて内容物について。

こんな感じとなっております。電源アダプターもついておりますが、PCに十分な電力があればから電源を供給して使うことも可能です。

ペン立てにはお馴染みの、替え芯が収納されております。(8本)

それよりもなによりも

女子大生
レザーカバーって何!!

って感じですよね。

 

なんと多分液タブ梱包品として初の、液タブ用のレザーカバーが付属されております。

ただ画面を保護するカバーってだけではなくて

こんな感じで液タブ本体の角度をつけるためのスタンド的な役割も果たす事が出来ます。

 

人によっては持ち運びも意識する小さめサイズの液タブだからこその、カバーにもなってスタンドにもなって、尚且つ軽いレザーカバーを付けてくれたんじゃないかなと思います。

 

ただ注意点もあって、このレザーカバーはよくあるマグネット式ではなく粘着式で貼り付けるタイプなので、付けたら容易に外せないのと、付ける際もほこりなどに注意が必要かと思います。

めちゃくちゃ軽い

ちなみに重さはというと、本体重量約750gでめちゃくちゃ軽い!

 

ケーブル込みでも余裕で1kgを切るので、本当持った瞬間軽!って思いました。

意外と便利な機能

また、普通あまりついていない機能として、イヤフォンジャックと音量調節機能ってのがこのPD1220にはついております。

上がイヤフォンジャックで、下のボタンが、上下にスライドできるもので、音量調節が出来ます。

※イヤフォンが付いていない状態でスライドさせると輝度調節になります

 

イヤフォンジャック端子って意外とあると便利なんですよね。

まぁPC本体にもついているので、ないと困るってわけではないんですが、液タブって結構顔を近づけて描いたりするので、液タブ側にもあると案外便利だったりします。

 

また、下にあるボタンを押し込むことで輝度やコントラスト、色味の調節なんかのメニューを出すこともできます。

PD1220の肝心の描き心地についてのレビュー

というわけで、商品の特徴などを紹介してきましたが、肝心なのは描き心地についてですよね。

まず最初に気になった点から書くと、ペンは従来の通り、強く押し込むと沈み込みます。

また、使っているとたまに視差がでることもありました。

ペンの沈み込みについて

PD1220は液タブ本体は新商品ではあるのですが、ペンは以前のものと全く一緒のAP50というペンとなります。

その為、ペンの沈み込みは前回同様あるっちゃあります。

ただこれ結構強く押し込んでます

なので筆圧があまり強くない人からしたら沈み込みを感じる事はできないレベルかと思います。

個人的には自分は筆圧そんな強くないのであまり気にならないレベルでした。

たまに視差がでてくる

また、個人的にはこっちの方が気になったんですが、フルラミネーション加工になったことで、視差は基本的にほとんどなくなったのですが、何故か急に視差がでてくることがありました。

こんな感じで基本は視差はほとんど感じられません。

 

たまーに使っていると急に少しズレがでることがありました。

 

画面を拡大しているとあまり気にならないレベルだけど、全体表示で描くとちょっと気になるレベルの視差。

描き心地は普通に良い

という感じで、気になった点は2点ほどありましたが、描き心地は普通に良いです。筆圧もしっかり効くし、画面もIPS液晶で高色域なので見やすいです。

PD1220をつかって描いてみたイラスト▼

結構軽いタッチでもしっかりと検知してくれるので、反応もとても良い感じです。

 

 

画面に関しても反射防止のアンチグレア加工もされていますので、明るい場所でも見やすくいです。

また、触った感触もツルツルではなく、適度なザラツキがあるのでペンの描き心地も良いです。

触れていて気持ちのいい素材です。

 

ただまぁ11.6インチ画面はやっぱり決して大きくはありません。

なので大きい画面で描きたい!って人にはやっぱり物足りない大きさだと思いますが、机の上をコンパクトにしたい方や、あまり手を大きく動かしたくない方にはおすすめの大きさです。

また画面が小さい分、画質の粗も全然目立たず、かなり綺麗に見えます。

板タブにもなる

また、このPD1220はドライバーの設定次第で板タブとして使うことも可能です。

別途ディスプレイがあれば、作業領域をそちらのディスプレイにすることで板タブのように使う事が出来ます。

今や大抵の液タブでこのように板タブみたいにして使うことはできたりするんですが、この11.6インチは板タブとして使う場合は結構絶妙なサイズだと個人的に思います。

 

13インチや16インチだとやっぱりどうしても板タブとしてはちょっとでかい。

なので板タブとしても使ってみたい場合、このPD1220のサイズは良いサイズだと思います。

スマホ接続や、持ち運び用のセカンドディスプレイとしても使える

引用:https://jp.gaomon.net/Pen_Display/PD1220PD1320.html

PD1220は液タブではあるのですが、小さくて軽いし、それでいて高色域のIPS液晶。

なので持ち運び用のセカンドディスプレイや、ゲーム用のディスプレイとしても活用できます。

 

またAndroidスマホに接続して絵を描く事もできます。

※スマホに接続できる機種公式サイトによると以下の通りとなっておりますのでご注意ください。また、スマホ接続の際は別途フル機能のTypeCケーブルが必要となります。

すごい視差が出る時の原因(Windowsの場合)

あと、注意点があって、液タブとして使う場合、ディスプレイの拡大率が150%を超えるとかなり視差がでてしまいます。

こんな感じで。

なのでもしこのぐらいの視差が出ている場合、拡大率を変えてみると治るかもしれません。

Windowsの設定から→システム→ディスプレイの順でいけば拡大率を変更できます。

100%と125%だと普通に使えたので、どちらかを選んでみてください。

まとめ シンプルなデザイン好きにはたまらない液タブ

というわけでPD1220のレビューでした。

この11.6インチのサイズの液タブって他の液タブ会社でも発売されているので、どれを買おうか悩む人は多いと思います。

 

なので個人的なポイントを挙げると、見た目が結構ポイント。

上でも書いたんですが自分は液タブについているショートカットキーはまったく使わないので、それがなくなった為見た目がすっきりしていて美しいデザインをしております。

 

また、カラーバリエーションも黒だけではなく、浅緋色というピンク系の可愛らしい色もあるので、女性や可愛い物が好きな方にはこの色もおすすめです。

 



 

GAOMON公式ストア:https://store.gaomon.net/jp/

GAOMON公式Twitter:https://twitter.com/GAOMONJP

※Amazon、公式ストア共に5月31日まで4000円OFFのキャンペーン中です

 

それじゃ

ガジェット系記事▼

ガジェット 液タブ

2022/7/3

HUIONの【PW517】とXP-Penの【X3 Elite】を実際に使ってみた比較!使いやすさはどっち?

こんにちは。兼子です。   最近の液タブは安価なのに高性能な物がどんどん増えてきておりますよね。 解像度や色域等の液晶の性能が良いのはもちろんのこと、ペンの性能もどんどん上がってきています。   中でも個人的にはHUIONの「PW517」というペンと、XP-Penの「X3 Elite」はどちらも沈み込みや視差等がかなり少ない高性能なペンだと思う。 PW517 X3 Elite   ただ同じような使い心地かというと、そんなことはない   それぞれにメリットやデメリット ...

ReadMore

ガジェット 板タブ

2022/6/23

やたら可愛い板タブ、【HUION KIZUNA】レビュー!使いやすさや描き味について

こんにちは。兼子です。   女子大生板タブってなんであんなに無機質なの?   そんな疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか。   板タブといえば黒くて四角い、無機質で無難なデザイン。 多少のデザインは違えど、だいたいどこのメーカーも大差はそこまでない。   それ故 ・もっと刺激が欲しい・・・ ・女性向けのデザインの板タブが欲しい・・・ ・プレゼントで「ォオッ!」と思われるような板タブが欲しい・・・ って人、多いんじゃないでしょうか。 兼子お待たせしました ...

ReadMore

ガジェット パソコン

2022/6/18

Surface ProとIdeaPad Flex550はどっちの方が液タブ兼PCとして良かったか?

こんにちは。兼子です。   自分は今年の2月にサブPCとしてLenovoのIdeaPad Flex550というノートPCを買ったのですが、それ以前はMicrosoftのSurface Pro4を使っていました。   両者ともに何を決め手に買ったのかというと、液タブとして画面に直接描画できるのか?っていう所。   どちらも画面に直接ペンで絵が描ける、液タブにもなるPCなんですよね。 年末とかに実家に帰省するときに、PC一個持っていけば絵が描ける。っていう状態にしたくて、これを基 ...

ReadMore

ガジェット

2022/6/17

【絵描きの腰痛対策】約1万円で買えるオフィスチェアレビュー!【FelixKing】

こんにちは。兼子です。   約2週間ほど前に新しい椅子を買いました。 それがこちら。FelixKingというあまり聞きなじみのないメーカーのオフィスチェア。   かなりシンプル故に逆に高そうだけど実は見た目通りの約1万円という低価格な椅子。 リンク 1万円って高くない!?と思われる人もいるかもしれないけど、結構オフィスチェアって高い物が多くて、平気で10万、20万の椅子もあるから、全体的に見たら割と安価な椅子だと思う。   自分は4月に電動昇降デスクを買ったんですが、それ以来 ...

ReadMore

液タブ

2022/6/10

格安22インチの大画面液タブ比較!それぞれの特徴とおすすめの選び方【HUION・XP-Pen・GAOMON】

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penの22インチ液タブを購入したのですが、購入にあたって結構他の製品と比較しました。 具体的に言うと、HUIONとGAOMON、そしてXP-Penの3メーカーの液タブで悩みました。 値段やスペックが似ているんですよね。   結果XP-Penを買ったわけなんですが、何故XP-Penを選んだかって言うのをそれぞれ比較しながら解説していこうと思います。 現在22インチの液タブ購入を検討している方は是非参考にしてみてください。 目次1 HUION、XP- ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/6/14

TourBox Eliteが楽天で予約開始!

こんにちは。兼子です。   先日当ブログで紹介したTourBox Eliteが楽天で予約販売が開始されました! TourBox Elite【楽天ショップ】   TourBoxEliteはクラウドファンディングで約1億4000万という異常なまでの金額を集めた話題の左手デバイスです。(当初目標金額は1000万でした。)   値段は色によって変わるのですが、白と黒は約3万3千円、スケルトンタイプは約3万8千円となっており、かなり高級な左手デバイスです。 女子大生ちょっと高すぎない⁉ ...

ReadMore

XP-Pen 液タブ

2022/6/5

格安大画面液タブを使ってみて感じたデメリット4選【XP-Pen Artist22セカンド】

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penの22インチ液晶タブレットを買ったのですが、これがなんと約48,000円。 なかなかに格安な液タブですよね。   20インチ越えの液タブもこんな価格で買えるようになったんだなぁ…と思う反面   女子大生怪しくない!? とも思っていました。   いやだって16インチとかでも4万円前後ぐらいするから、それがプラス1万円ぐらいで6インチも大きくなるなんて・・・ そんな上手い話ある?って感じでした。     実 ...

ReadMore

XP-Pen ガジェット 液タブ

2022/6/10

【XP-Pen】Artist22セカンド実機レビュー!視差や描きやすさ、Artist Pro16やArtist24との比較

こんにちは。兼子です。   兼子この度新しい液タブを買いました タイトルにもありますが、XP-PenのArtist22セカンドという液タブです。   なんでこれを買ったかという、   でかくて安いからです。 22インチという液タブとしてはなかなかに大画面の部類に入ります。それでいてなんど5万円以下というお手ごろ価格。   自分は今まで最大で16インチまでしか使った事がなかったので、一度大画面液タブを使ってみたい!と思い買いました。 買ってみた感想を先に言うと &nb ...

ReadMore

ガジェット パソコン 液タブ

2022/5/25

液タブになってイラストが描ける2-in-1PC【HUAWEI Matebook E】が期間限定でお得に買える!?【限定クーポン】

こんにちは。兼子です。   以前当ブログでも紹介していたHUAWEIのMateBook Eが現在同時購入でお得に付属品を買えるキャンペーンをやっております。 というわけで、その内容について詳しく記載していこうと思います。   MateBook Eのご購入を検討している方は参考にしていってください。 またその他HUAWEI商品の限定クーポン情報もありますので、是非最後までご覧ください 目次1 お得に買える付属品の内容1.1 Matebook E Core i3モデルのお得に買える付属品1 ...

ReadMore

GAOMON ガジェット 液タブ

2022/5/19

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

こんにちは。兼子です。     兼子GAOMONさんから新しい液タブが発売されました 13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。 ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。   また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)   そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思 ...

ReadMore

-GAOMON, ガジェット, 液タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました…