兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

ガジェット 板タブ

【GAOMONの板タブ】S620の実機レビュー!5000円以下の板タブの使い心地は!?

10月 25, 2021

こんにちは。兼子です。

 

今日はですね、GAOMONさんから発売されている超激安の板タブ、S620について紹介とレビューをしていこうかと思います。

 

というのもですね、今回もGAOMONさんより商品をご提供いただきました。


この商品の見どころは何と言ってもその安さ。

 

3,799円という驚きの低価格。

 

がしかし、やっぱりここまで安いと、どうなんだろう・・・?って思いますよね。

というわけで、僕が実際に使ってみた感想をしっかり書いていこうと思いますので、購入を考えている人は是非参考にしてみてください。

この記事はこんな方におすすめ

  • これからデジタルお絵かき環境を整えたい人
  • 板タブに興味がある方
  • 安いデジタルイラスト機材について気になる方
  • スマホに接続できるお絵かき機材を探している方

 

GAOMONO S620のスペック

まずはスペックからご紹介します。

サイズ211 ×174×8mm(作業領域=165×101mm)
解像度5080 LPI
ペン性能8192レベルの筆圧検知 充電不要 2つのショートカットボタン
重量560グラム
ショートカットキー4個
反応率266PPS
接続端子マイクロUSB(本体)→USB typeA(PC)
スマホ対応Android6.0以降に対応

となっております。

安いけどペン性能は8192レベルだし充電は不要のバッテリーレスモデル。

 

更になんとスマホに接続して使うこともできるので、PCがない人でも使う事ができます。

普通に安くても素晴らしいスペックとなっております。

 

まぁしかし、実際使ってみると「あれ?」って思うことが出てくる場合も多い。

というわけで以下実際に使ってみたレビューをしていきます。

S620開封レビュー

というわけで、開封の儀から始めてまいります。

まずは外箱から

真っ白です。雪道で落としたら見失うレベルで真っ白。

そこに銀色に輝くロゴマーク。

 

兼子
安いけど高級感があります

裏面はこんな感じで製品の特長などが英語で表記されおります。

箱を開けるとこんな感じ。やっぱり板タブは液タブと違ってケーブル類が少なく、かなりコンパクトです。

 

内容物は上記の7点。替え芯は8個入っております

 

ありがたいことにスマホに接続するための変換アダプターもついております。

※変換アダプターはUSB typeCなので、マイクロUSBのスマホには接続できません。

S620を実際使ってみたレビュー

というわけで届いてからしばらくこちらの板タブを使ってみた感想をざっと書きます。

ポイント

・かなりコンパクトで軽い

・接続が簡単(液タブと比べて)

・板タブとしての使い心地は普通に良い

・大きい画面にはちょっと不向き

・スマホで使う場合はいくつか注意が必要

っていう感じです。以下に詳しく書いていきます。

かなりコンパクトで軽い

まずは何と言ってもかなりコンパクトです。

あの野口英雄が2人がギリギリ住める広さ。3人は無理

また重量も560グラムと軽く、鞄に入れても全然気にならない重さです。

 

それ故持ち運びを想定している方にとってはとても良いサイズ感だと思います。

接続が簡単

そして接続も超簡単。

まずHPよりドライバーをダウンロードし、本体を接続します。

ドライバーのダウンロードページ

 

これでほぼ完了です。

本体に接続すればドライバーが機種を認識してくれますし、必要に応じてショートカットキーなどを変えるだけです。

 

ちなみにドライバーも昔と比べてかなり進化していて、見やすいし設定もとてもやりやすい。

 

こんな感じでどこにどんなキーが割り当てられてるとかすぐに簡単に確認できるし、変更する場合もそこをクリックすれば簡単に変更できます。

実際の使い心地は普通に良い!

3000円代の板タブなんて使い心地が悪そう・・・って思う方も多いかもしれない。

【安かろう悪かろう】とか【安物買いの銭失い】ってことわざにあるように、安物は悪!と思われる風習が日本にはある。

 

がしかし

 

今はそんなことはない。

この板タブに関しても安くても普通に使えました。

 

実際に1枚イラスト描いてみましたが普通に描けました。

 

筆圧検知もしっかりされるし、遅延なども特に感じませんでした。

大きい画面には不向きかもしれない

描き味に不満はなかったけど、コンパクトさ故の問題がありました。

それは大きい画面との相性が悪い。という事

 

僕が使っている液晶が24インチなのですが、画面がある程度大きくなれば板タブとの対比が大きくなります。

つまりちょっとしたストロークのつもりが、結構長めのストロークと認識されてしまったりするわけです。

なので結構大きめの液晶を使っている人はS620のようなコンパクトな板タブより、大きめの板タブとかの方が相性はいいかと思います。

 

まぁ中には「その対比が大きいほど描きやすい」って 人もいるので、慣れっていうのもあるかもしれませんが、個人的には20インチ以上の画面の方は注意した方が良いかと思います。

 

逆に言えば小さい画面の液晶では描きやすかった(12.3インチのSurface Pro)

スマホで使う場合の注意

この板タブの何よりすごい所は、スマホに接続できるところ!

 

なんですが!

 

いくつか注意があるので、それについても書いていこうと思います。

① Android6.0以降のスマホのみ対応

まず使えるスマホは限られております。特に注意なのはiPhoneユーザーは使えません。

 

また一部Androidや古いスマホでも使えない場合があるので、スマホ用に買う方は注意してください。

一応Android6.0以降は使えるはずですが、例えばGalaxy等は正常に反応しない場合もあるそうです。

 

自分のスマホが使えるのか心配な方はメールで確認してみる事をお勧めします。

service@gaomon.net

 

ちなみに僕が使っているHuawei P30では普通に使えました。

② 電話モードにしないと正しく使えない

そしてもう一つ、この板タブには電話モードいう設定があります。

電話モードの電話はつまり携帯電話のことで、通常のPCモードからこの電話モードに切り替えないと正しく使えません。

 

まぁ使えない事はないのですが、例えば普通に丸を描いたつもりでも、かなり縦長の丸になる。

何でかって言うとスマホの比率と板タブの縦横比の比率がそもそも全然違うからです。(スマホは縦長ですが、板タブは横長の作りにになっていますよね。)

 

そしてスマホ用のドライバー的なの物はないので、ドライバーで調整することもできません。

 

じゃぁどうするかっていうと、電話モードにするのです。

 

やり方は簡単で、スマホに接続後、タブレットのショートカットキーの1と3を長押しするだけ

これだけでスマホの比率とほぼ同じになり、描きやすくなります。

 

ただ作業エリアは比率を合わせるため、半分になります。

つまり右半分は反応しなくなります。

なんかもったいないですが、ここが反応するとめっちゃ描きにくいので、これで良いのです。

 

ちなみにスマホ接続時はショートカットキーは使えなくなります。

なのでこの電話モード切替以外タブレット上部のショートカットキーは特に使い道はなくなります。

 

ただアイビスペイントの場合、ペン側のショートカットボタンは普通に使えました。

板タブの描き心地をアップするポイント

最後に板タブの描き心地をアップする方法を書いておきます。

もうね、これは誰でも簡単にできる方法で

 

兼子
板タブに紙を貼る

ってだけです。

こんな感じで適当な紙をマスキングテープなどで板タブの上にはっ付けます。

 

そうすることでどうなるのかというと、より紙の上で書いているような質感になり、ペンの摩擦も上がり滑りにくくなる分描きやすくなります。

 

ただその分ペン先の摩耗が早くなります。

また人によってはない方が良い!って場合もあるので、一度試してみて微妙だったら紙は破り捨てましょう。

まとめ 初心者の方や液晶画面が大きくない人にはとてもおすすめ

というわけでGAOMONさんのS620の商品レビューでした。

 

個人的には

・これからデジタルでイラストを始めたい人

・液晶画面サイズが大きすぎない人

・Androidスマホで絵を描きたい人

にはおすすめの商品です。

 

とにかく値段がかなり安いので、気軽にデジタルお絵かきの一歩を踏み出すことができます。

またコンパクトなので持ち運びにもとても便利。

 

スマホで描く人なんかは鞄に入れてカフェや出張先などでも手軽にお絵かきができるます。

 

なのでね、気になった人は是非購入を検討してみてはいかがでしょうか。


 

それじゃ!

 

2022年3月追記 M1220レビュー

先日新たにGAOMONさんから板タブを提供いただき、レビューを書きました。

【GAOMONの板タブ】M1220実機レビュー!初心者からプロにもおすすめできる板タブ

こんにちは。兼子です。   今日はですね、GAOMONさんの板タブ、M1220の実機レビューをしていきたいと思います。 兼子今回もこちらGAOMONさんにご提供いただきました リンク この板 ...

続きを見る

M1220 という板タブで、描きやすさははっきりいってS620より良いです。

 

大きさも大きすぎず小さすぎずで、24インチのモニターに対しても充分な作業領域です。

その分ちょっと値段は高くなりますが、個人的にはこちらのほうがおすすめです。


ガジェット系記事▼

ガジェット 液タブ

2022/7/3

HUIONの【PW517】とXP-Penの【X3 Elite】を実際に使ってみた比較!使いやすさはどっち?

こんにちは。兼子です。   最近の液タブは安価なのに高性能な物がどんどん増えてきておりますよね。 解像度や色域等の液晶の性能が良いのはもちろんのこと、ペンの性能もどんどん上がってきています。   中でも個人的にはHUIONの「PW517」というペンと、XP-Penの「X3 Elite」はどちらも沈み込みや視差等がかなり少ない高性能なペンだと思う。 PW517 X3 Elite   ただ同じような使い心地かというと、そんなことはない   それぞれにメリットやデメリット ...

ReadMore

ガジェット 板タブ

2022/6/23

やたら可愛い板タブ、【HUION KIZUNA】レビュー!使いやすさや描き味について

こんにちは。兼子です。   女子大生板タブってなんであんなに無機質なの?   そんな疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか。   板タブといえば黒くて四角い、無機質で無難なデザイン。 多少のデザインは違えど、だいたいどこのメーカーも大差はそこまでない。   それ故 ・もっと刺激が欲しい・・・ ・女性向けのデザインの板タブが欲しい・・・ ・プレゼントで「ォオッ!」と思われるような板タブが欲しい・・・ って人、多いんじゃないでしょうか。 兼子お待たせしました ...

ReadMore

ガジェット パソコン

2022/6/18

Surface ProとIdeaPad Flex550はどっちの方が液タブ兼PCとして良かったか?

こんにちは。兼子です。   自分は今年の2月にサブPCとしてLenovoのIdeaPad Flex550というノートPCを買ったのですが、それ以前はMicrosoftのSurface Pro4を使っていました。   両者ともに何を決め手に買ったのかというと、液タブとして画面に直接描画できるのか?っていう所。   どちらも画面に直接ペンで絵が描ける、液タブにもなるPCなんですよね。 年末とかに実家に帰省するときに、PC一個持っていけば絵が描ける。っていう状態にしたくて、これを基 ...

ReadMore

ガジェット

2022/6/17

【絵描きの腰痛対策】約1万円で買えるオフィスチェアレビュー!【FelixKing】

こんにちは。兼子です。   約2週間ほど前に新しい椅子を買いました。 それがこちら。FelixKingというあまり聞きなじみのないメーカーのオフィスチェア。   かなりシンプル故に逆に高そうだけど実は見た目通りの約1万円という低価格な椅子。 リンク 1万円って高くない!?と思われる人もいるかもしれないけど、結構オフィスチェアって高い物が多くて、平気で10万、20万の椅子もあるから、全体的に見たら割と安価な椅子だと思う。   自分は4月に電動昇降デスクを買ったんですが、それ以来 ...

ReadMore

液タブ

2022/6/10

格安22インチの大画面液タブ比較!それぞれの特徴とおすすめの選び方【HUION・XP-Pen・GAOMON】

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penの22インチ液タブを購入したのですが、購入にあたって結構他の製品と比較しました。 具体的に言うと、HUIONとGAOMON、そしてXP-Penの3メーカーの液タブで悩みました。 値段やスペックが似ているんですよね。   結果XP-Penを買ったわけなんですが、何故XP-Penを選んだかって言うのをそれぞれ比較しながら解説していこうと思います。 現在22インチの液タブ購入を検討している方は是非参考にしてみてください。 目次1 HUION、XP- ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/6/14

TourBox Eliteが楽天で予約開始!

こんにちは。兼子です。   先日当ブログで紹介したTourBox Eliteが楽天で予約販売が開始されました! TourBox Elite【楽天ショップ】   TourBoxEliteはクラウドファンディングで約1億4000万という異常なまでの金額を集めた話題の左手デバイスです。(当初目標金額は1000万でした。)   値段は色によって変わるのですが、白と黒は約3万3千円、スケルトンタイプは約3万8千円となっており、かなり高級な左手デバイスです。 女子大生ちょっと高すぎない⁉ ...

ReadMore

XP-Pen 液タブ

2022/6/5

格安大画面液タブを使ってみて感じたデメリット4選【XP-Pen Artist22セカンド】

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penの22インチ液晶タブレットを買ったのですが、これがなんと約48,000円。 なかなかに格安な液タブですよね。   20インチ越えの液タブもこんな価格で買えるようになったんだなぁ…と思う反面   女子大生怪しくない!? とも思っていました。   いやだって16インチとかでも4万円前後ぐらいするから、それがプラス1万円ぐらいで6インチも大きくなるなんて・・・ そんな上手い話ある?って感じでした。     実 ...

ReadMore

XP-Pen ガジェット 液タブ

2022/6/10

【XP-Pen】Artist22セカンド実機レビュー!視差や描きやすさ、Artist Pro16やArtist24との比較

こんにちは。兼子です。   兼子この度新しい液タブを買いました タイトルにもありますが、XP-PenのArtist22セカンドという液タブです。   なんでこれを買ったかという、   でかくて安いからです。 22インチという液タブとしてはなかなかに大画面の部類に入ります。それでいてなんど5万円以下というお手ごろ価格。   自分は今まで最大で16インチまでしか使った事がなかったので、一度大画面液タブを使ってみたい!と思い買いました。 買ってみた感想を先に言うと &nb ...

ReadMore

ガジェット パソコン 液タブ

2022/5/25

液タブになってイラストが描ける2-in-1PC【HUAWEI Matebook E】が期間限定でお得に買える!?【限定クーポン】

こんにちは。兼子です。   以前当ブログでも紹介していたHUAWEIのMateBook Eが現在同時購入でお得に付属品を買えるキャンペーンをやっております。 というわけで、その内容について詳しく記載していこうと思います。   MateBook Eのご購入を検討している方は参考にしていってください。 またその他HUAWEI商品の限定クーポン情報もありますので、是非最後までご覧ください 目次1 お得に買える付属品の内容1.1 Matebook E Core i3モデルのお得に買える付属品1 ...

ReadMore

GAOMON ガジェット 液タブ

2022/5/19

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

こんにちは。兼子です。     兼子GAOMONさんから新しい液タブが発売されました 13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。 ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。   また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)   そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思 ...

ReadMore

-ガジェット, 板タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました…