兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

パソコン周辺機器 悩み 腰痛対策 雑記

【絵描きの腰痛対策】5万円前後で買える電動昇降デスクの特徴や製品比較【FlexiSpot・PYKES PEAK・山善・アイリスオーヤマ】

2月 6, 2022

こんにちは。兼子です。

 

先日Flexispotの電動昇降デスクE9が安くて良さそう!的な記事を書いたのですが、それからも電動昇降デスク熱が冷めやらず色々と調べてしまいました。

 

正直個人的にはあまり高価な物は買えないのですが、だからと言って安物買いの銭失いはしたくない。

そんな銭ゲバ魂で毎晩色んな方のレビュー動画を見あさっていました。

 

そしたら5万円前後で買える良さそうな電動デスクがいくつかあったので、自分への備忘録も兼ねて記事にしたいと思います。

 

なのでこの記事では比較的安価(5万円前後)の電動昇降デスクに絞って紹介していきます。

また、なるべく失敗しないように、有名なメーカーに絞り、僕が聞いたことのない海外メーカー等は安くても省いてあります。

 

電動昇降デスクが欲しい方は是非参考にしてみてください

5万円前後で買える電動昇降デスクメーカー

まず、どういった会社が電動昇降デスクを販売しているのか。

兼子調べですが、5万円前後で良さそうな電動昇降デスクを販売していたのが以下の4メーカー。

・FlexiSpot

・PYKES PEAK

・山善

・アイリスオーヤマ

他にも海外メーカーでやたら安いのがAmazonであったりしますが、レビューしている人が少なく、会社名も聞いたことないとこだと不安要素が大きいので省きました。

 

というわけでこの4つのメーカーから発売している電動昇降デスクの特徴について書いていきます。

FlexiSpotの5万円前後で買える電動昇降デスク

FlexiSpot公式ストア

FlexiSpotの5万円前後でで買える商品は5種類あります。(天板セット)

※スマホは横にスライドしてねE9EG8(ガラス天板)SD1(学習机)UD4WGD9E
耐荷重50Kg50Kg40Kg40Kg50Kg
昇降範囲73~123cm72~121cm55~89cm75~125cm75,5~125,5cm
天板サイズ(幅,奥行き,厚み)120×60×1.8cm120×60×6cm80×60×1.8cm121×60×1.6cm120×60×1.8cm
機能メモリ、衝突検知メモリ、ロック、衝突検知、引き出し付特になしメモリ、衝突検知、USBポート、引き出し付天板がカーボン調
値段(2022年2月現在)29,700円46,750円24,200円55,000円30,800円

※学習机のSD1は子供用なので昇降範囲が低く、大人だと多分スタンディングにはならない。(通常成人男性で100cm前後の高さがないと厳しい)

なので大人は是非気を付けてほしい。

 

ちなみにFlexiSpotでは天板と別売りになった脚単体での販売もされている。(むしろそっちがメイン?)

もちろんオプションで天板を付ける事もできるし、自分で天板を買ってきてオリジナルのデスクにすることもできる。

 

安い物だとオプションで天板をつけても5万円程に収まる。色も選べるので気に入った物がない人は脚から選ぶと良いかと思います。

脚フレーム

5万円前後で買えるPYKES PEAKの電動昇降デスク

Amazon.co.jpより引用

PYKES PEAKでは1種類のみ電動昇降デスクが販売されております。

S-200
耐荷重50Kg
昇降範囲70~119cm
天板サイズ(幅,奥行き,厚み)120×60cm(厚み不明)
機能メモリ、衝突検知、USBポート、引き出し付
値段(2022年2月現在)46,733円

 

こちらの商品は組み立てがとにかく簡単で、わずか10分ほどでできてしまうそう。

レビュー動画を見てもとにかく簡単に出来上がるという声が多い。

 

また、地味にUSBポートや引き出しが付いているのがありがたいようです。

Amazon.co.jpより引用


5万円前後で買える山善の電動昇降デスク

Amazon.co.jpより引用

続いて山善の電動昇降デスク。

山善昇降式デスク
耐荷重80Kg
昇降範囲71~117cm
天板サイズ(幅,奥行き,厚み)120×50×2cm(幅、奥行き変更可)
機能メモリ、衝突検知、2モーター
値段(2022年2月現在)50,800円

こちらの商品は2モーターなので、1モーターよりも静穏で昇降スピードも速いそうです。

また、耐荷重も80kgと他のものと比べてもしっかりしております。

Amazon.co.jpより引用

ただHPによると組み立てが結構大変との事で、2人以上での作業が推奨と言われております。


5万円前後で買えるアイリスオーヤマの電動昇降デスク

Amazon.co.jpより引用

最後がアイリスオーヤマの電動昇降デスク。

DST-1200
耐荷重50Kg
昇降範囲72~120cm
天板サイズ(幅,奥行き,厚み)120×70(厚み不明)
機能
値段(2022年2月現在)32,800円

FlexiSpotのE9に次いで安いですが、メモリ機能などはなくかなりシンプルなデスクです。

コード収納トレイなどもついているので、シンプルに見せたい方におすすめな商品かと思います。

Amazon.co.jpより引用

 


コスパで選ぶならFlexiSpot

というわけで、各メーカーの電動昇降デスクを比べてみましたが、やはり一番安いのがFlexiSpotのE9。

3万円以下でメモリ機能や衝突検知機能付きなのはかなりコスパが良いのかと思う。

 

何よりFlexiSpotは主力商品が電動昇降デスクということだけあって、他社と比べて圧倒的に品数が多い。

主力商品として電動昇降デスクを取り扱っているからこそのコスパの良さなのかと思う。

 

更に公式ストアでのレビューをみていたら

グラつきに対してしっかりと対応しようとしてくれているのが良い。

 

ただ他もちゃんとしたメーカーなので、機能や値段を見て選ぶと良いかと思います。

個人的にはPYKES PEAKのUSBポートが付いている昇降デスクも良いかなと思う。

 

というわけでね、個人的におすすめな5万円前後で買える電動昇降デスクでした。

自分も未だ迷っていますが、近いうちに腰やお尻が死にそうなので、スタンディングデスクは絶対買おうと思います。

特に腰は砕けたら本当一生ものになりかねないのでね、座り作業に不安がある方は是非スタンディングデスクの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

それじゃ

 

2022年4月追記

結局Flexi SpotのEF1という商品を買いました。詳しくは以下の記事でレビューを書いていますので、よかったら参考にしてみてください。

【絵描きの腰痛対策】電動昇降デスクを買ったら最高だった件【Flexi Spot EF1レビュー】

続きを見る

-パソコン周辺機器, 悩み, 腰痛対策, 雑記

© 2022 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5