兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

雑記

好きとか得意だと思ってたものが実は嫌いだったり全然得意じゃな事が普通にある。

こんにちは。兼子です。

 

皆さん好きな事より得意な事を仕事にすべき。って事聞いたことありますか?

 

僕は絵を仕事にしたい!と思った時にこの言葉を聞いて、それからずっとモヤモヤした気持ちになっています。

 

果たして自分にとって絵は好きなのか、得意なのか・・・

 

正直神絵師を見るたびに得意ではないな。と思ってしまいます。

 

まぁでもやっていくうちに得意になればいい!とポジティブに考えていました。

 

ですが最近、ちょっと恐ろしい経験をしたのですが、それが「好きだと思ってものが実は好きじゃなかった」っていう体験です。

 

女子大生
なんか怖い

 

自分でも怖い
兼子

 

というわけで今日は、好きな事が実は先入観の可能性もある。って話をしていこうと思います。

ホラー映画が好きだと思っていたけど、実は全然好きじゃなくなってた

僕は昔から自称ホラー映画好きでした。

 

リングや呪怨など、ジャパニーズホラーはもちろん、海外のホラー映画もよく見てきました。

 

また、幽霊ではなく人間の恐さを感じるスプラッター系の映画もよく見ていました(テキサスチェーンソーとか)

 

女子大生
趣味悪…

 

今でもそういったタイトルの映画を見ると見たいなぁ。とか思うのですが、最近ちょっとした悩みがあったんですよね。

 

それが、映画が最後まで見れない。ってことです。

 

最後までどころか、15分ぐらいでそわそわしてみてられなくなるんですよね。

 

もちろん怖いとかではありません。多分

 

なんか飽きちゃうんですよね。その結果15分もすると何か他の事がしたくなって見るのを辞めてしまうんですよね。

 

さすがに映画館とかでは最後まで見ますが、家でAmazonプライムとかで見ていると最後まで見れないんですよね。

 

でも、最近違うジャンルの映画見てみようかな。と思ってクリントイーストウッドの映画を何本か見たんですよね。

 

それがなんとまぁ

 

 

めちゃくちゃ面白い!

 

グラントリノ運び屋という映画を見たのですが、どちらもめちゃくちゃ面白いんですよね。

 

そこで「ぁ、自分はちゃんと映画見れるし、好きじゃないか!」と思ったのですが、ふと思った事がもう一つ

 

兼子
ホラー映画全然すきじゃないのかも。

好きとか得意は思い込みかも

ちなみにホラー映画の他に、辛い食べ物も実はあまり好きじゃないことに最近気づきました。

 

辛くできる物ならとりあえず辛くして食べるって事をしていたのですが、別に得意でもなんでもないし、甘口の方が好き。って事に最近気づけました。

 

辛いの食べても味わえないしつらいだけだったんですよね。

 

なので実は好きとか得意とかも、そう思いたい!っていう思い込みの可能性があるんですよね。

 

もしかしたらホラー映画も辛い物も苦手な人が結構いる反面、「自分は平気!」っていう幼心のちょっとした優越感から、好きと思いこみ続けていたのかもしれません。

 

ただね、不思議な事にそうは思ってもなんかホラー映画は見たくなるし、辛い物も食べてみたくなるんですよね。

 

まぁ何十年もそれが好き!って思って生きてきたので、今更簡単に興味を断てるわけでもないのでしょう。

実は不得意なものや嫌いなものも思い込みかも

まぁもちろん好きだと思っていることや、得意だと思っていることを否定的に考えるんだ!って話じゃなくて、

 

実は見向きもしなかったものが大好きだったり得意な事もあるかもしれない。という話です。

 

自分は苦手とか、やったことなかったことが、単に思い込みで、実は好きだったり得意だったりすることもあるんですよね。きっと

 

好きだと思ってるものを考え直す必要は全くないと思いますが、長い人生だから色々なものに挑戦することで、意外な才能がでてくるかもしれない!そう思った話です。

 

新しいことに挑戦できない性格

ちょっと余談になりますが、新しいことに挑戦する事がなかなかできない人っていると思うんですよね。

 

兼子
僕とか

 

人間どうしても新しい物にチャレンジするより、今まで通りでいい!っていう考えを持つようになってたりするんですよね。

 

新しいことは失敗する可能性があるけど、知っているものなら失敗しにくいから。

 

例えば8chで見たこともない新しい映画が放送されていて、4chでは何度も見たことのある名作、ターミネーター2が放送されていますと。

 

ターミネーター2は何度も見ているから、どうせなら新しい映画を見た方が良い気がするのに、それでつまらない思いをしたくないから絶対面白いターミネーター2を見よう!ってなっちゃうんですよね。

 

これに関して僕は結構悩んで、どうしたら新しいことに挑戦できる性格になるのか考えました。

 

兼子
無理でした

 

結局根本の部分に失敗したら嫌だ!って感情があるので、どうしても新しいことを始めるのは嫌だし苦痛だったりします。

 

それをむりやり押し殺してやるしかないんですよね。今のところ。

 

最近3DCGのBlenderとか2DCGのlive2dってソフトを使うようになりましたが、本当に始めるはまでは億劫な気持ちでした。

 

それでもやってしまえば案外面白いことに気づいたり、自分でもある程度できることに気づいたり、今の技術にかけ合わせてスキルアップできたりと、良い思いも沢山します。

 

なのでやっぱりやれば良いことがある!と思いこんで、嫌でもめんどくさくても無理やりやる。って方法しか僕はみつかりませんでした。

まとめ 新しいことがもたらす影響はすごい

新しい試みって本当に難しいことだと思いますが、やってみると予想の斜め上を行くような結果がでることってあるんですよね。

 

もちろん同じことをやる事も大事だし、嫌いな事を無理やりやった方が良いとも思いませんが、気になった物なら挑戦してみると良いのかなと思います。

 

それが想像以上に好きだったり、得意だったりすることもあるわけですし。

 

僕はなんだかんだ自分は映画が好きっての確認できてよかった気がします。

 

グラントリノと運び屋、めっちゃ面白いんでね、是非!

 

それじゃ

-雑記

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5