兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

動画編集

初心者におすすめの動画編集ソフト【Filmora】を使ってみた!Premiereとの比較

6月 28, 2022

こんにちは。兼子です。

 

先日株式会社ワンダーシェアーソフトウェアさんより、Filmoraの製品をご提供いただきました。

女子大生
Filmoraって何?
動画編集ソフトです。読み方はフィモーラです。
兼子

 

正直自分は動画編集自体あまりやっていないし、全然得意じゃありません。

しかしFilmoraはそんな動画編集初心者にこそおすすめの動画編集ソフトとのことで、今回実際に使わせていただきました。

 

というわけで、実際に動画編集初心者がFilmoraを使ってみた率直な感想を書いていこうと思います。

ちなみに普段はAdobe Premiereを使っていたので、PremiereとFilmoraの使い勝手の比較もしていこうと思います。

これから動画編集をしたい方や、現在使っている動画編集ソフトが扱いづらいと感じている方は是非参考にしてみてください

Filmoraとは

引用:https://filmora.wondershare.jp/

Filmoraが動画編集ソフトってのは知ってるけど、どんな特徴があるのかは知らない人もいるかと思いますので簡単に説明します。

Filmoraの特徴

・初心者でも使いやすいシンプルな設計

・直感的な操作性

・タイトルやテロップ、BGMが内蔵されていて、シームレスに作業がこなせる

・安い

といった感じ。

特徴だけ見るとPremiereと正反対な気がします。

Filmoraの価格について!無料版と有料版の違い

ちなみに価格はいくらなの?って話ですが、Filmoraはいくつか料金プランがありまして、

永続ライセンス(買い切りプラン)1年間プランFilmora+Filmstockお買い得プラン
値段(2022年6月現在の公式サイト価格)8,980円年6,980円年11,780円
特徴課金なしで永久的に使える常に最新バージョンが使える常に最新バージョン+エフェクト

という感じになっております。動画編集ソフトの中ではかなり安価です。

1年以上使うのであれば永続ライセンスの方がお得に使い続けられます。ただ1年間プランだと契約中は常に最新のバージョンが使えます。

 

AdobeのPremiereは年間2万円以上しますし、DaVinci Resolveの有料版も3万円以上するので、そこら辺と比べると安く感じると思います。

 

ちなみにFilmoraは無料で使う事が出来ます。

 

ただし、無料版は書き出しの際に透かしが必ず入ってしまいます。

こんな感じで自然にうっすらという感じではなく、がっつりアピールされてしまうので、動画編集してYouTubeなどにアップまでしたいと考えている方は購入をおすすめします。

ただ、ちょっと使ってみようかな?って方は無料版でもしっかり使うことができるので、とりあえず触ってみたい方はまずは無料版を使ってみると良いかと思います。

Filmoraを動画編集初心者が使ってみた感想

というわけで、実際に軽く触ってみたんですが、結構驚くことが沢山あったので箇条書きさせてください

・とにかく使いやすい

・便利すぎる機能がたくさんある

・YouTube等に日本語のハウトゥービデオが多数ある

・付属のエフェクトやタイトルの数がすごい

といった感じです。

Filmoraは本当に初心者でも使いやすい

まず一番最初に伝えたいのが、Filmoraが初心者にも使いやすいってのは「確かに!!」と思えました。

というのも操作画面やアイコンがかなりわかりやすく設計されており、ぱっと見で「これをこうすればこういうことができるんじゃない!?」ってなる。

 

また、動画編集ソフトって横文字の専門用語が多く使われていることが多いのですが、Filmoraはなるべくわかりやすい単語を使っている気がします。

 

もちろんよくわからない単語とかアイコンもあったりするのですが、そういう時はカーソルを当てると説明文がでるのですれで解決できる事も多く、いちいち検索で調べるって事が少ないと思います。

便利すぎる機能が沢山ある

正直、安価だからそこまで機能は期待してないって人も多いと思う。

実際僕もそうでした。

女子大生
失礼だな・・・

 

兼子
ところがどっこい!!

 

マジで便利な機能がたくさんある。

・モーショントラッキング・・・動画内で動いている物体を自動で検知して、それに合わせて文字などを追随させる機能

・無音カット・・・しゃべってない無音の部分を自動でみつけてカットしくれる機能

・グリーン抜き(クロマキー)・・・グリーン部分を透過して、背景と合成するための機能

等々。

動画編集する方ならあると便利な機能がたくさんあるし、使い方もかなりシンプルで簡単に使えます。

グリーン部分を透過するグリーン抜きの作業もボタン一つで行えます。

 

また、無音カットなんかは今まで手動でやっていた人にとってはめちゃくちゃ時短になると思う。

YouTube等に日本語のハウトゥービデオが多数ある

とはいえ動画編集を初めてやる方にとっては難しい部分もあったりすると思います。

がしかし、Filmoraは日本語の動画が多数存在します。

 

例えばモーショントラッキングのやり方が知りたい!と思ったら、【Filmora トラッキング】とかをYouTubeで調べればやり方がすぐ出てくる。

 

海外製のマイナーなソフトとかだと、日本語の動画があまりなくて苦労したりしますが、その辺も安心です。

付属のエフェクトやタイトルの数がすごい

また、Filmora標準のエフェクトやタイトルもめちゃくちゃ多い。

有料のものもあるんですが、無料で使える素材もめちゃくちゃ多いです。

 

このエフェクトが使ってみるだけですごく楽しいです。

こんな感じで様々なエフェクトをドラッグアンドドロップで動画に挿入できるんです。

適当にエフェクトを追加していくだけでもなんか楽しい。

 

こんな感じの挿入するだけで動画が楽しくなる質の高い素材がめちゃくちゃ多いです。

 

また、タイトルアニメーションなんかも豊富にあって、実際YouTubeで見たことあるようなタイトルもあったりします。

Filmoraを使って編集している方が沢山いる事がわかります。

 

僕が拝見しているhide channelさんの冒頭のアニメーションも多分Filmoraのタイトルかと思います。

もちろん自分の任意の文字に書き換えられたりするので、簡単に自分の動画のOPを作る事も出来ちゃいます。

Filmoraの残念な点(デメリット)

安いし使いやすく、豊富な素材を使えるので、めちゃくちゃ良い!

ただ、残念だった部分もあります。

 

それが字幕生成

最近の動画って字幕が付いていることが多いと思うんですが、なんとこのFilmoraには自動字幕生成機能があるんです!

しかも16か国語対応しているので、日本語以外の言語でも生成可能。また、デザイン面も優れていて、縁取りや影つけなどもする事が出来ます。

 

動画編集者にとってはまさに神ツールです。

 

がしかし

 

買い切り版、年額利用版共に30分までの音声しか字幕を生成できません。

女子大生
それ以上の時間の字幕を付けたい場合は!?
有料になります
兼子

料金はこんな感じ。

例えば10~15分ほどの動画を週に1本とかペースで投稿する場合、月額599円程かかる感じ。

 

高いってわけじゃないけど、字幕を付けるために別途お金がかかるって思うとちょっと躊躇してしまう。

 

 

また、Filmoraにはテキスト読み上げ機能もあるのですが、こちらも5000字を超える読み上げには別途料金が発生します。

どちらもかなり便利な機能だし高いってわけではないんですが、やっぱり製品を買ったうえで別途支払うのはちょっと割高感を感じてしまう。

本体価格が安いだけに、字幕に毎月お金を掛けるのか・・・って思うとちょっと残念。

FilmoraとPremiereの比較

自分はいままでPremiereを使っていたので、一応両方を使ってみた比較をすると、

・Filmoraの方がかなり直感的に操作出来てやりやすい

・また多数のエフェクトやアニメーションを簡単に動画に挿入できるので、動画の作りやすさもFilmoraの方がやりやすいかと思う

・一方でPremiereのほうがパラメーターの量が多いし、エフェクトの数も多いので本格的に作り込める

・字幕の生成もPremiereは無料で出来る

という感じになります。

 

とにかく初心者が触るにしてはFilmoraの方がかなり使いやすいと思う。

また、動画の装飾も簡単にできるので、そこら辺に時間を掛けたくないって人も手軽にできるFilmoraはすごくおすすめです。

Premiereは豊富なエフェクトがあるけど、扱いが難しい

Filmoraもかなり沢山のエフェクトがあるのですが、Premiereのエフェクトの数はそれ以上にあり、ひとつひとつのパラメーターも細かくいじれるので、本格的に動画編集をするならPremiereの方が良いかもしれない。

ただそれ故に操作が難しいし、そもそもエフェクト名が呪文のようで、いじる気すら起こらないって問題もあります。

↑こんな感じ。

正直その道のプロとかでない限り、どんなエフェクトかもわからないって事が多いと思う。

大抵の人がシングルバンドコンプレッサだけみても【???】って感じですよね。

 

Filmoraの方は名称がわかりやすいってのもあるし、どんな効果がでるのか可視化されているのでわかりやすい

長時間字幕を付けたいならPremiereの方が安くなる

また、毎月5時間以上の字幕を付ける場合などはPremiereの方が安上がりになります。

なので字幕機能を毎月頻繁に使う予定がある人はPremiereの方が良いかもしれません。

 

ただ字幕に関してはVrewっていう無料で字幕を入れられるソフトもあったりします。

ひとつのソフトだけで完結しないのがちょっと手間ですが、安価で動画編集したいならFilmoraとVrewを使うってのが良いかと思います。

 

結局どっちが良いかを一言では伝えられないけど、機能面の多さから極めればPremiereの方が使い勝手が良くなると思います。

逆にFilmoraは初心が動画を作るための機能と扱いやすさが充実したソフトという感じでとらえると良いかと思います。

まとめ 動画編集初心者の方や、めんどくさがり屋の人にはFilmoraはおすすめ

というわけで動画編集ソフト、Filmoraについてでした。

個人的に使ってみた感想は、とにかく使いやすくて楽しい。って感じです。

 

動画編集が全く分からない人にとってもかなり使いやすい部類だと思うし、心配な方は無料で試すこともできるので安心です。

また、豊富なエフェクトや画面切り替え素材(トランジション)あるので、そういったのを自分で作るのはめんどくさい...と思っている人にもFilmoraは良いソフトだと思います。

Filmora 公式サイト


それじゃ

-動画編集

© 2022 落ちるとこまで落ちました…