【国民年金・国保・住民税】フリーターが税金を免除できるか聞いたみた

税金

こんにちは。落武者です。

 

 

とうとうきましたね。6月!(今更)

祝日も祭日もないうえに梅雨。その上さらに住民税と国民健康保険の納税書が届くという悪夢のような月です。まじで日本は6月に厳しいですよね。

 

 

現在フリーターの僕は、自分で住民税や国民健康保険を払わなくてはなりません。なのでもちろん納付書がたっぷりと家に届きました。でもですね。

 

でもですよ。

 

 

そんな余裕はない!

私事で恐縮ですが、今月は家賃や家財保険の更新通知もきてるし、扁桃炎で体調崩し派遣もあまりいれられなかったわけで・・・

 

とにかくお金に余裕がない!もう納税書なんてみたくない・・・!

 

という訳で市役所に行き、フリーターは納税の減額や免除をできるのか!?について聞いてきましたのでそのことについて記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

国民健康保険の免除について

まず国保の免除についてですが、できませんでした!

 

国民健康保険が免除できる条件は「会社都合の退職があった場合」のようで、自分から会社を辞めた僕はもちろんこの条件に当てはまらず・・・残念無念の一審可決で納税の刑を科せられてしまいました。

 

しかし!

免除はできないが分納はできるとのことでしたので、そちらを適用してもらってきました!

国民健康保険の分納とは

分納とは字の如くなんですが、

「毎月はらう額を減らして後で払っていいよ!」ということです。

貧乏人救済システムです。

 

まぁしかし、結局後で払うことになるんですけどね!!!!

 

具体的には来期(来年の6月~)より分納して滞納した分を合算して支払うということです。お得なようでやってることはただの後回しです。

 

しかし今年の収入が少なった場合、来年の健康保険がかなり安くなるので、そこにプラスされてもなんとか払えるんじゃないのかな!という事になります。

 

僕はそれに掛けて目先の納税から逃げたわけです。ちなみに保険料は半額程にしてもらいました。(これは担当者がこれぐらいでどうですか?と打診してきた額にしてもらったので人により分納額は変わるようです。)

 

住民税の免除について

続いて住民税の免除についてですが・・・

 

 

できませんでした!!!

陪審員全会一致で納税の刑が可決です。執行猶予なしです。

 

まず住民税の免除については、

・学生

・災害を受けた

・生活保護

・所得の低下

の中から1つでも当てはまる必要があるわけです。僕は一応所得の低下が当てはまるわけですが・・・

所得の低下が理由の人は更に

・親族で払ってもらえる人がいない

・向こう1年働けない理由がある

たしか4つぐらいの理由すべてに当てはまらないと免除できないそうです。

たかが4つの理由を忘れてしまいましたが、とにかく僕みたいにぷらっと市役所にきて

「免除できる?」的なノリで来た人は一切お断りシステムでした。

なんていうかね、税金のことなんて考える余地すらないほど追い込まれてやっと免除できるような感じでした。

国民年金の免除について

ここからが本題です!国保や住民税は確かに日本で暮らすうえで払うのは仕方ない気がする。

 

ただし、国民年金!!!お前は別だ!!

年々受給額も受給日も下がる一方。自分が貰う頃にはいったい何歳にいくら貰えるのかがまったく不透明。むしろもらえない説すらある。

 

更に会社員が支払う厚生年金に比べ国民年金は高いうえに貰える額も少ないと二重苦。こればっかりは正直払いたくない。むしろ現状お金も厳しいのに国民年金を支払うことで更なる困窮に陥るなんてなんとしても避けたい!

 

ちなみに僕は1月に年金事務所で減税手続きをし、4分の1免除は受けています。

しかしそれも6月までのみだったので更なら高みを目指して(全額免除)役所に出向いたわけです。

その時の記事はこちら

 

という訳で気合を入れて窓口に行くと

 

 

 

なんと・・・・7月以降の免除申請は7月からの受付のようでした(恥)

 

まとめ 結局免税できず

わざわざチャリで20分かけて市役所に出向いたわけですが、なんの免税もできませんでした!

 

まぁしかし、健康保険を分納にできたのはありがたいことなので行ってよかったかと思います。

結局後々シワ寄せが来るわけですが・・・

 

 

まぁね!今を生きれればよしとしましょう!

という訳で終わってみれば何の役にも立たないクソ記事を生産してしまったわけですが、この僕の地の底ぶりを反面教師に強く生きてくれる人が増えれば幸いです!

 

それじゃ!

関連記事

スポンサーリンク
税金
スポンサーリンク
落武者をフォローする
落ちるとこまで落ちました…

コメント

  1. AK より:

    落武者さん、こんばんは

    国民年金については同感です!
    そこに麻生さんのあの話が出てきたわけで
    自分たち世代は死ぬしかないと言われてるような気がします

    • 落武者 落武者 より:

      こんにちは(‘ω’)
      本当国民年金は現状のままいけば毎月お金を捨ててるようなものですよね・・・
      今後状況は変わるかもですが・・・正直悪い方向にいく未来しか見えませんし。
      なんとか状況変わっていってほしいですね(T_T)

  2. ダイス より:

    国保とかは自治体によるのではと思っています。
    というのも、自分はここ最近国保、年金も含め払ってません。相談したら普通に通っています。
    (真面目に10ヶ月以上働いてない状態に陥ってましたが、去年相談したらそういう結果です。職がある、収入がある程度あると判定は厳しい。)
    と言っても、免除ではなくて猶予扱いですね。
    猶予でも国保、年金がないだけでもかなり楽にはなります。もちろん保険は使えます。

    住民税は1年分の所得で、確か108万以下なら住民税は年間最低クラスですが、これも自治体によると思います。
    基本的に通知が来てから相談で大丈夫じゃないかとは思うのですが、自治体によっては違うんでしょうか。

    7月1日までに支払い扱いではあるものの、市町村の納税課辺りで電話で聞いてみれば分納とかは対応してくれます。
    払ってもらわないと困るし、向こうも払ってくれるならいくらでも譲歩するはずです。じゃないと市町村の運営ができませんからね。
    自分も過去に一括請求来たので分納にしました。退職日の関係で3万とか来たので無理ゲーです。

    さて、政治のお話で誰も興味がない、持ちたくないというのが本来は正しい姿なんです。
    ですが、現状はそうも言ってられないぐらい腐敗しているので、選挙がある際は今の自民党を否定する勢いが必要です。
    おそらく、自民党のままではみんな不幸になります。直近で言う増税で、最悪は来年以降倒産する企業も増えるかもしれません。
    賃金も先月に比べて「さらに」1%低下しています。平成が始まった30年前に比べると15%も下がっています。もう絶望ですよね。これが政治の答えです。
    別名平成デフレ、トドメを刺した安倍デフレと言われています。

    結論言うと、今のままだと悪い方向まっしぐらです。選挙権があるなら、今の政治を否定するしか未来はありません。
    テレビは嘘を言っているので、ご注意ください。ネットで情報の裏付けをしないと、これからの時代生き残れない可能性もあります。

    • 落武者 落武者 より:

      本当無職の状態で国保、年金、住民税は無理ゲーですね(>_<) 自分は現状派遣で働いてしまっているので、年金も下げられないかもしれません・・・ とはいえ所詮派遣なので生活に余裕などないので、とりあえず7月以降に電話か役所で相談してみようと思います。 ありがとうございます(^^ 政治に関しては本当に無知なので全然知りませんでした・・・ へらへらと生きているだけだといずれ国の制度や政治に殺されかねませんね(T_T)

トップへ戻る