兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

ガジェット

Wacom MobileStudio ProのスペックをSurface proと比較!液タブ兼PCとしてはどっちがおすすめ?

4月 23, 2021

こんにちは。兼子です。

 

先日WacomのYouTubeチャンネルからこんな動画がでました。

 

Wacom MobileStudio Proの販促動画です。

 

いやぁ、以前から出ていた商品で、一応知ってはいたのですが、こうして動画を見るととても魅力的ですよね。

知らない方にWacom MobileStudio Proについてさらっと説明すると、要は液タブ兼PCにもなる製品の事です。

 

液タブって通常、PCにつないで使うものじゃないですか。それがこのWacom MobileStudio Proはこれ自体がPCであって、更に液タブとして画面に直接絵が描けるわけです。

 

 

つまりこの1台がパソコンにもなるし、PCにもなるって奴です。それゆえ持ち運びが簡単で、どこでも使えちゃう代物です。

急な出張や、出先で描きたい!そんな要望にもいとも簡単に答えてくれます。

 

また今PCを持っていない人からしたら、液タブで絵を描きたい!と思ったら、通常PCを買って、更に液タブも買って、それを繋げて使う。ってわけですから、コスト的にもPCを選ぶ労力なども考えるとかなり大変ですよね。

 

そう思うとね、このWacom MobileStudio Proを買えば一台で良いし、スペック的にも数種類のラインナップから選べばいいので、楽ですよね。

 

めっちゃ良いじゃん。って思いますよね。

 

 

が!

 

 

そうなってくるとですよ!

 

Surfaceと比べないわけにはいかないですよね!

Surfaceもね言わずと知れた液タブ兼PCになる代物です。

 

というわけでですね、Surfaceを4年間愛用しているSurface大好きおじさん事、兼子がですね、SurfaceとWacom MobileStudio Pro、液タブ兼PCとして使う場合どっちが良いの!?って点について話していこうかと思います。

今、液タブ兼PCの購入で迷っている方は是非参考にしてみてください。

Wacom MobileStudio Proの魅力

まずね、Wacom MobileStudio Proの魅力について調べた感じで語っていきます。

① 超有名ペンタブメーカーが出している安心感

まずなんといってもこれでしょう。ワコムと言えば国内最大のタブレットメーカーです。

今や液タブも板タブも数多く出ていますが、迷ったらワコム選んどけ。と言われるほど安心と信頼のペンタブメーカーです。

 

そんなワコムが出している液タブ兼PCってだけで、他のどの会社が出す製品にも出せない魅力があります。

こればかりはSurfaceには一生出せない魅力です。

②解像度が良い

通常ね、1920×1080のフルHDの解像度の液タブって多いんですが、ここは天下のワコムです。

 

製品によって変わってくるのですが

 

13インチのMobileStudio Proが2560 x 1440(WQHD)

16インチのMobileStudio Proが3840 x 2160(UHD)

 

と、どちらもフルHDを遥かに超える解像度です。

特に16インチはいわゆる4Kです。

 

電気屋さんで4Kのテレビとか見るとめちゃくちゃ綺麗な映像ですよね。

あの解像度で絵が描けると思うとワクワクしますよね。

 

③PCとして高スペック

PCとしても使えるのなら、そのスペックが気になるところですよね。

そのスペックもさすがはワコムです。

 

それじゃ、きつくない?なんてスペックの物はありません。

13インチ

13インチのMobileStudio Proは2種類のタイプから選べて、

 

スペックの低い方で、メモリ8GBでストレージが128GBSSD、CPUがIntel® CoreTM i5-8269Uとなっております。

 

高スペックモデルはメモリ16GBでストレージが512GBSSD、CPUがIntel® CoreTM i7-8559Uとなっております。

16インチ

16インチの方は1種類のみで

メモリ16GB、ストレージが512GBSSD、CPUがIntel® CoreTM i7-8559Uとなっております。

 

いずれも高スペックで絵を描くうえでは十分なスペックです。

 

ただ、13インチの低スペックモデルが128GBのSSDなのはちょっと容量少ない気がします・・・外付けやオンラインストレージでいくらでも対応できますが、すぐに容量が圧迫されそうではあるので、唯一そこだけ微妙な気がします。

④液タブとしての性能

そして何よりの魅力はやっぱり液タブとして高性能なところですよね。筆圧検知はもちろん8192段階で充電不要。従来の液タブとなんら変わらず、そのままPCとして使えるようになってる感じです。

 

もちろん画面端にショートカットキーもついています。

 

基本的に液タブ兼PCになる製品ってPCがメインで、一応画面にも描けますよ!って感じが多いので、ショートカットキーはなかったり、ペンもオプション品だったり、あまり筆圧がなかったりするのですが、そこは天下のペンタブメーカーですよね。

 

ぬかるわけがありません。

SurfaceとMobileStudio Proの比較

というわけでね、SurfaceMobileStudio Proを比較したいのですが、どちらもPCとしてのスペックはいくつかラインナップがあるので、一概にどっちが良いとかは言いづらいので、価格と液タブとしての性能の比較をしていこうと思います。

MobileStudio Pro高すぎ?値段が一般人向けじゃない

もうね、値段に関してはSurfaceの方が全然良心的です。

まじでワコム高すぎます。

公式サイトから見ると13インチの低スペックモデルで22万越え。

 

更に13インチの高スペックモデルは30万越え!!

 

16インチのモデルに関しては40万越えです!!!

 

ちなみにAmazonでみても値段はあまり変わらず。


13インチ低スペックモデル22万


 16インチモデルで41万。

 

 

一般人には買わせないような絶望的な値段設定ですよね。

 

金持ちからしたらいいですが、普通の人でしたら一番安くて22万ってだけでも吐いちゃうレベルですよね。それだけ出したらかなり良いパソコン買えるし、同スペックぐらいのPCと安い液タブだったら全然そっちの方が安く済みますからね。

 

それに比べてSurface proはというと、メモリ8GBでストレージが128SSD、CPUがcore i5のモデルであれば13万千円程度。

メモリ16GBでストレージが512GB、CPUがcore i7のもので24万7千円。

 

更にAmazonだともっと安く


低スペックの物なら10万程

 


高スペックの物でも21万です。

 

正直Surfaceも高いなぁと思っていましたが、こうしてMobilestudio比べると格安くらいに感じてしまいます...

 

※ただし、Surfaceはペンが別売りなので、ペンも買わないと液タブとして機能しません。

液タブとしての比較

続いて液タブとしての比較ですが、僕はSurfaceしか使っていないので、ワコムのMobile studioを詳しくは語れませんが、これに関しては間違いなくWacom Mobilestudioの方が良いでしょう。

 

何よりSurfaceはペンが微妙。これは言い切って良いです。

 

以前に下の記事で書きましたが、やはり電池式という事で、電池を買う手間や重さなど、結構不便なところがあります。

液タブもパソコンも欲しいならSurfaceがオススメな件

こんにちは。兼子です。   女子高生デジタルで絵を描き始めたいけど、何から買えばいいかわからない・・・   って方、多いんじゃないでしょうか。   まずデジタルで絵を描く ...

続きを見る

 

さらに純正のペン先はグニャッとしたフェルトっぽい素材で、それもまた絵をすごく描きづらいんですよね。


何より純正品のペンは約 1万円程と高いです

 

 

まぁペン先はオプション品があるので、それを買って変えればよくなるのですが、やはりワコムの電池不要で筆圧レベル8192のペンには叶わないでしょう(Surfaceペンの筆圧は4096)

 

その他にもSurfaceはショートカットキーが画面の横についてる事もないし、画面の大きさも12インチなので負けています。

それでも僕はSurface proをおすすめします

やはりね、液タブとして比べればSurfaceは完敗だと思います。

 

 

でもそれでも僕はSurfaceを推します。

理由はね、前述したとおり

 

 

Wacom高すぎるでしょ!

まぁ本当にお金にまったく困ってない人とか、絵を本業にしていて、そこそこ稼げているのなら40万だして買うのも良いかと思いますが・・・そもそもタブレットPCにそこまで出す価値があるかっていわれると、個人的にはちょっともったいなすぎると思うんですよね。

 

というかね、タブレットPCってPCとしては結構限界があると思うんですよ。

 

 

何故かって言うと、持ち運べるような薄さで、画面に直接描ける。って結局熱がすごいんですよ。

薄い本体の中に、ディスプレイもCPUもメモリもすべて詰まっているわけですよ。そこに画面に手っていう温かい物体を触れて操作するわけですから、発熱しないわけがないですよね。

それ故、いくら高性能でも、あまりに高負荷な作業ってむかないんですよね。

 

動画編集とか、3Dとか、色々高負荷な作業ってありますが、そういったものはやっぱりデスクトップPCとか、まだノートPCとかの方が良いと思うんですよね。

 

まぁ僕は今Surfaceしかないので、動画編集やlive2dを使ったVTube撮影など、かなり高負荷事をしてしまっているのですが、スペック的にできなくはないのですが結構熱がやばいです。

 

そうなるとお絵かきを目的としてタブレットPCを買うのであれば、絵が十分描けるスペックがあれば良いと思うんですね。

 

その点で言うとワコムの低スペックモデルは、スペック的には良いと思うのですが、値段高すぎるし、その値段ならせめて128GBしかないストレージ容量あげてくれよ。って感じですよね。

 

16インチの方に関してはそこまでなくても良いスペックだし、40万あれば超高スペックのデスクトップやノートPC変えますからね...40万で考えるとスペックも不満に感じます...

 

 

なのでね個人的に超おすすめなのは相変わらず


 

メモリ8GB、ストレージ256GBSSD、CPUはcore i5のこちらのモデル。

お値段は約14万円。

 

ペンは付属してないですが、以下のようなペン先が固い純正品以外のペンを選べば+5000円以下ですし、ペン先が固いので描き味も純正品より多分良いです。


※自分もこういった純正品でないペンを使っていますが、そちらのペンが品切れなので、似たようなペンを紹介しています。

 

あくまで個人的な比較でしたかが、詳しく調べてみた結果なので、よかったらこういった液タブ兼PCを買う際に参考にしてみてください。

 

それじゃ!

クロームブックは液タブになる?Surfaceやipadと比較した記事

【Chromebook】は液タブになる?Surface、iPadとの比較!

こんにちは。兼子です。   最近僕には気になっている物があります。   それは Chromebook(クロームブック)     なんでも画面に直接描ける機種が結 ...

続きを見る

Surfaceを使ってみたわかった良さやデメリットを紹介した記事

液タブもパソコンも欲しいならSurfaceがオススメな件

こんにちは。兼子です。   女子高生デジタルで絵を描き始めたいけど、何から買えばいいかわからない・・・   って方、多いんじゃないでしょうか。   まずデジタルで絵を描く ...

続きを見る

液タブ兼PCとして使う際におすすめのキーボードを紹介した記事

Surface Proを液タブ化するならの純正キーボードは使えない!その理由とおすすのキーボードのご紹介

こんにちは。兼子です。   いきなりですが     この世の中にはSurface proを液タブとして使おうと検討している人が多いと思います。     ...

続きを見る

 

-ガジェット

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5