ガジェット

SurfaceのGOシリーズとは何?液タブとして使えるのか

こんにちは。兼子です。

 

当ブログはSurfaceを取り扱った記事が結構あり、アクセスしてくださる方もSurfaceについて検索してくれた方が多いです。

 

しかし、SurfaceのGOシリーズに触れたことは一度もありませんでした。

 

というわけで今日はSurfaceのGOシリーズは何?って事と、Surfaceと言えば液タブ!って事で液タブとして使えるのかについて書いていこうと思います。

SurfaceのGOシリーズとは

まずね、SurfaceのGOシリーズって何?って話ですが、現在Surfaceでは2種類のGOがあります。

 

・Surface Go2

・Surface Laptop Go

の2つです。

※Surface Go2の2は2世代目という事です。iPhoneでいうiPhone8とiPhoneXの違いみたいな感じです。

初代Goについてはここでは触れません。

 

早い話、GOがついてるものはスペックやサイズを落とした安価版って感じです。

 

Surface Go2とはSurfaceProの安価版でSurface Laptop GoはSurface Laptopの安価版です。

つまりスペックはあまり高くないし、画面も小さいけど、その分安いですよ!ってなわけです。

 

多分学生や、サブ機として持ち運びをメインの人をターゲットにした商品だと思います。

Surface Go2のスペック

まずスペックですが3種類あり、

・CPUがPentium、メモリが4GB、SSDが128GB

・CPUがPentium、メモリが8GB、SSDが128GB

・CPUがCoreM3、メモリが8GB、SSDが128GB(LTEモデル)

となっております。※LTEモデルとはWi-Fiがない環境でもシムカードを指せば使えるというもの。

 

そして画面のサイズはどれも10.5インチ。通常のSurface Proの12.3インチと比べるとかなりコンパクトになっております。

スペック的にもどれも高くありませんが、かなりコンパクトで持ち運びには便利です。

もちろんSurface Penにも対応しております。筆圧レベルも4096となっており、Surface Proと同じ描き心地です。

※ただし、ペンもキーボードも付属しておりません。

Surface Goの値段

※2021年4月現在のAmazonでの価格を参考にしています。

 

まず一番低スペックのモデル


こちらが約56,000円

 

高スペックのWi-Fiのみのモデルが


約72,000円

 

そしてLTEモデルは


約93,000円

 

Surface Proと比べるとやはり安いとは思いますが、LTEモデルになるとやはりそこそこの値段になっておりますね。約10万ともなると、あまり安価なPCとは言い難いですね。

Surface Laptop Goのスペック

Surface Laptop Goのスペックも3種類あり

・CPUがCore i5、メモリが4GB、SSDが64GB

・CPUがCore i5、メモリが8GB、SSDが128GB

・CPUがCore i5、メモリが8GB、SSDが256GB

となっております。Surface Goと違いLTEモデルはございません。

 

特筆すべきはかなりのメモリ4GB、SSDが64GBというかなり低スペックがまざっている点です。

 

もちろんネットしかみないとか、特に何もインストールする予定がないのであれば問題ないと思いますが、SSD64GBというとかなり少ないので、本当にこれを選ぶ場合慎重になった方が良いと思います。外部ストレージで対応は出来ますが、個人的にはちょっと不便かなと思います。

 

画面サイズはどれも12.4インチになっております。

そしてこのLaptop Goはペン入力が非対応です。

Surface Laptop Goの値段

※こちらも2021年4月現在のAmazonでの価格を参考にしています。

 

まず一番安価のモデルで


約7,1000円

 

ミドルスペックのモデルで


約88,000円

 

そして一番ハイスペックのものが


約106,000円

 

どれもそこそこの値段ですね。個人的には買うならやっぱりプラス17000円だしてミドルスペックが良いかなとは思います。

Surface Goは液タブになる?

最後にSurface Goは液タブになるか?って話をしていこうと思います。

※Laptop Goはそもそもペンに対応してないので液タブになりません

 

率直に言うと、なるけど結構不満が出ると思います。

まず画面サイズですが、通常のSurface Proが12.3インチで、12インチあれば一応問題なく描ける!ってレベルで、資料を映したりすると結構画面が小さくなるので、もっと大きい方が良いな。と思っています。

Surface Goはこれよりも2インチ程小さいとなるので、かなり描くスペースが小さく感じてしまうと思います。

更にSurfaceって画面サイズが3:2で割と正方形に近いんですよ。通常の液タブは16:9とかが多く、横長の長方形です。これはお絵かきソフトが左右にツールを置くので、横長の方が圧倒的に作業がしやすいからです。

 

なので10インチで3:2の画面っていうのは結構辛いのは間違いないでしょう。

 

またCPUがPentiumということで、これがどこまでの負荷に耐えられるのか・・・ってのもあります。レイヤーの数が増えたり、負荷の重い処理をした場合多少のフリーズなども起きやすいんじゃないかなと思います。

 

なので個人的には、正直液タブとして買う事はおすすめしません。

 

もちろんね、コンパクトで持ち歩きしやすいし、比較的Surfaceの中では安価なので、良いところはたくさんあると思いますのでSurface Goシリーズ自体が微妙とは思いません。ただ液タブには向かないかなぁと思います。

 

この記事が何かの参考になりました幸いです。

それじゃ

液タブにおすすのSurfaceはこれ!

液タブもパソコンも欲しいならSurfaceがオススメな件

おはようございます。兼子です。   突然ですが皆さま、絵を描き始めると、画材を欲しくなりませんか? でも画材!といっても世の中いろいろあるし、何を買えばいいのか悩みますよね。   ...

続きを見る

Surface Laptop、Pro、Bookの違いは何?

Surfaceシリーズ(Laptop,Book,Pro)の性能の比較!液タブとしてのおすすめ

こんにちは。兼子です   みなさんね、Surfaceは好きですか?僕は大好きです。 使っているのはSurface Pro4という大分前の機種ですが、未だ現役バリバリでPCとしても使えてますし ...

続きを見る

Chromebookは液タブになる?

【Chromebook】は液タブになる?Surface、iPadとの比較!

こんにちは。兼子です。   兼子皆さん知っての通り、僕はSurface絵描きです知らん そんな僕が最近気になっているのが、タイトルにある通り     Chromebook ...

続きを見る

WacomのPCとSurfaceを比較!

Wacom MobileStudio ProのスペックをSurface proと比較!液タブ兼PCとしてはどっちがおすすめ?

こんにちは。兼子です。   先日WacomのYouTubeチャンネルからこんな動画がでました。   Wacom MobileStudio Proの販促動画です。   いや ...

続きを見る

イラストレーターなら買って損はない?買ってよかったものランキング

イラストレーターにおすすめ!?買って良かったものランキング【絵描き版】

こんにちは。兼子です。   みなさんね、何か買いたい!って衝動に駆られる事ありますよね。 特に何かが欲しいわけじゃないけど、なんとなく何かを買いたいなぁ。って時。   この記事を見 ...

続きを見る

-ガジェット

© 2021 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5