簡単な萌絵イラストの描き方(巫女編)

イラスト

こんばんは。萌武者です。

皆さん

巫女さん好きですよね?

嫌いな人はいないよね。という訳で今日は簡単な萌えイラスト(巫女)の描き方について書いていこうと思います。

イラスト初心者の方は役に立つかと思われます。

スポンサーリンク

なんで巫女さんを描いたか

描き方の前に、巫女さんを描いた経緯について簡単に話していこうと思います。

先日うさぎのOLイラストを描いた時に、コメントにて豚キムチ様より「等身大のイラストを描く際のコツ」についてご質問頂いたので、何か等身大のイラストを描いて記事にしようと思い立ったわけです。

まず最初に女子高生を描こうと思ったんですが、失敗しました。

続いてOLを描こうと思ったんですが、失敗しました。

という訳で消去法で巫女さんになりました。

萌絵どころか女の子の描き方を聞かれたわけでもないのに、巫女さんに走ったのはなんか描きたくなったからです。

最初はもっと写実的なイラストにしようかと思いましたが、可愛い女の子を描きたい欲を止める事が出来ず巫女さんに行きつきました。すみません。

という訳で巫女さんを描いていきまーす。

関連記事

うさぎOLの描き方記事はこちら

www.otimusya24.com

人物のイラストを描く際の資料の探し方

何を描くか決まったらまず資料を探します。

ネットで資料を探す際、Googleの画像検索でもピンタレストでもなんでもいいと思いますが、ここで実はポイントがあるのです。

それは、光源が分かりやすい写真、もしくは逆光の写真がおすすめ!ということです。

モデルの宣材写真のように、光源が多数あり影のあまりない写真は、イラストにした時映えません。

それよりも光源がある一定の位置から強く出ており、影の位置がくっきりとわかるような写真をもとに描いた方が圧倒的にイラストが映えます。

あと写真では逆光はあまりよくないですが、イラストの場合綺麗なイラストになったりします。

もちろんそこに技術は必要ですが、絵がのっぺりする。とかなんか絵の印象が弱い…と思ってる方は是非お試しを!

(僕独自の見解ですが…)

もちろん光の参考画像、服の参考画像、モデルの参考画像など複数を組み合わせて描くのもありです!

というより多分上手い人ほど参考画像はたくさん使っていると思います。

 巫女さんの描き方 下書き

まずは下書きです。ちなみに今回下書きは3枚使いました。

①ざっくりとポーズを描いて、②それも元に裸体で描き、③服を着せる

といった感じです。

まず1枚目はこんな感じ。

f:id:otimusya24:20190314094803j:plain

雑ですがこんなもんです…(汗)

続いてそれをもとにして描いた裸体がこちら

f:id:otimusya24:20190314095035j:plain

ここもざっくりですね。

最後にこれをもとに服を着せれば下書きの完成です。

f:id:otimusya24:20190314095155j:plain

これをもとに線画を描いていきますが、変だと思ったところは線を描きながらもどんどん直していきます。

下書きのポイント

今回なるべく等身大にと思いながら描いたのですが、実際参考にした画像より足は長くしています。

本当に写真をそのままでもいいかもですが、例えば女の子なら肩幅狭く、足を長く描いた方がイラスト的には良く見えます。

写実的な絵を描きたい場合は別ですが…

等身大のイラストを描く際の注意点

例えばバストアップのイラストを描きたいけど、なんかバランスがおかしい…

なんて思う事ありませんでしょうか。

そういう時はまず小さくでいいので、全身もしくは足ぐらいまでの下書きを描いてから、それを拡大して描くとうまくいったりします。

というのもバストアップだけで体のバランスをとるのは結構難しかったりします。

あとは最初から画面いっぱいに描くより、小さいサイズで全体を見ながら下書きを描くことでうまく描けたりもします。

 巫女さんの描き方 ②線画

続いて線画です。

f:id:otimusya24:20190314101123j:plain

線画から結構直した部分があります。

あまり線画で陰影は付けていませんが、ハッチングなどで陰影をつけると色塗りが結構楽になったりします。色塗りがうまくいかない方は線画で陰影を意識してみるといいかもです。

 巫女さんの描き方 ③下塗り

続いて下塗りの作業です。

f:id:otimusya24:20190314101437j:plain

目は最後に塗るのでこの時点ではシカトです。

ダルマと一緒です(?)

 巫女さんの描き方 ④完成

影とハイライトを入れれば完成です。

f:id:otimusya24:20190314101633j:plain

とにかく参考の写真を見ながら影の位置やハイライトがどこに入るか考えて塗っていきます。

2影を入れる際のポイント

2影とは影を2段階に入れる事ですが、ポイントとして、1段階目の影は結構薄めに入れます。

最初から強く入れすぎると影が浮いてしまってよくわからなくなってしまいます。

2影、3影と入れる場合は徐々に濃くしていくイメージで入れていくと分かりやすいと思います。

さらに時間がある場合は1影2影の境目をぼかしたりするとよくなったりします。

簡単な萌絵の描き方まとめ

というわけでざっくりと終わらせてしまいましたが、何にせよ下書きである程度納得できるものを描くことが大事かと。

色塗りはやってればいつか良くなりますが、下書きをミスってしまうとその絵は永遠に良い絵にならないはずです。

自分も結構下書きが微妙だな…と思いつつも描き進めて「やっぱダメじゃん!」と発狂しそうになります。(女子高生とOLはそれで失敗しました。)

下書きはとにかく練習すればうまくなっていきます。カフェとか電車内等で実際の人を見ながら短時間でスケッチしたりすると良い練習になります。変質者扱いされかねませんが。

暇つぶしにもなりますので、暇な時におすすめです(‘ω’)

簡単なスケッチの仕方などもいずれ記事にしたいと思いますのでお楽しみに…(‘ω’)

という訳で皆様

良い萌えライフを。まどマギ打ちたい。

f:id:otimusya24:20190314110041j:plain

★この記事のイラストはすべてCLIPSTUDIOで描いております。

デッサン・スケッチのオススメ書籍

コメント

  1. b-kobuta より:

    豚キムチです(^_^)v
    ご紹介までしていただき恐縮です!
    やっぱ上手いですねー♪まずはデッサン?の勉強からやってみよかな(笑)クロッキーって言うんですかね!いつも風景ばっかり描いてるので明らかに練習不足かもしれません(^_^)v

  2. ankolkkaku より:

    こんにちは!
    いいなー、うまくなりたい(´・ω・`)
    下書きからの線画がむずかしいです
    練習不足なのはわかっていますが悔しいです!
    ジャグラーの低設定を打っているような感覚に陥るためちょっと休憩しています(>_<)

  3. otimusya24 より:

    豚キムチ様
    いえいえ、記事ネタになりましたので微力ながら紹介させていただきましたm(_ _)m
    自分も会社でクロッキーをオススメされました!クロッキーに行き詰ったときにじっくりデッサンをやるといいとのことです(^^
    自分は風景絵を避け続けております…笑

  4. otimusya24 より:

    あんこう様
    ありがとうございます!でもあんこうさんのあんこう好きです(>_<) 線画難しいですよね…やっとできたと思い全体見たらすごい微妙だったり… 例えが逸脱ですね笑 ジャグラーの高設定打って上手くなりましょう('ω')

  5. nAK777 より:

    落武者さん
    こんばんは
    巫女さんやらし~
    体のラインが素晴らしいです!
    萌絵とは、参りました

  6. otimusya24 より:

    AK様
    こんばんは(‘ω’)
    ありがとうございます!
    いやらしい頂きました(‘ω’)
    やっぱり女の人の曲線美は描いてて楽しいんですよね…笑

トップへ戻る