落ちるとこまで落ちました...

落ちるとこまで落ちた人間の雑記ブログです。人生終わったのかも?

注意したいブログの文章の書き方 3選

    もしよければシェアする…

f:id:otimusya24:20190324061507j:plain

おはようございます。落武者です。

 

 

 

 

なんだかんだ気づけばこのブログも3ヶ月を超え、この記事を含めると119もの投稿数になりました。

決して書き物が得意ではない自分がここまで書いてこれたのも、読んでくれている皆様あってのことであります。本当にありがとうございます。

 

お陰様でブログを始めた当初より書くという事が好きになりました。

 

 

そんなわけで今日は、ブログの文章の書き方を考察してみたいと思います。

 

 

僕は国語が苦手なので、あまり文章の書き方がうまいとは言えません。

しかしそんな僕でも毎日ブログを書いていたことで、こういう文章は読みづらいな…とかこんな構成にすると読みやすいかも!など気づいたことがたくさんあります。

 

という訳で自分への備忘録の意味も込めて、文章について気づいたこと等を書いていこうと思います。

 

 

1 二重表現は読んでいて気持ちが悪い気がする

正直これがブログを書いて分かった一番のよく思ったことかもしれません。

二重表現と言うのは一つの文の中に同じ単語が2度(もしくはそれ以上)でてくること。

 

多分国語の授業で習ったことなので、そんなの知ってるよ!と思う方も多いかもしれません。

しかし意外とやってしまう表現だと思いますので詳しく書いていきます。

 

例えば

明日は寒いみたいだから、寒い地方に行くのは嫌だなあ。

 

 という文を書いたとします。

 

 

この文には寒いという単語が2回使われていますよね。

なんだか読んでいて気持ち悪くないですか?

 

強調したい場合などに使うこともあるそうですが、二重表現は基本くどい印象になってしまい、読んでて気持ち悪く感じるそうです。

 

ちなみに同じ意味の言葉を2回使うことも二重表現と言い、間違った日本語です。

 

頭痛が痛い

過半数を超える

犯罪を犯す

等など…

 

二重表現の解決策

 解決策として、違う言い回しにすることで不快感がなくなります。

もしくは省けるなら省いてしまえばいいのです。

 

例えば上記の文で言うと

①明日は寒いみたいだから、気温の低い地方に行くのは嫌だなあ。

②明日は寒いみたいだから、行きたくないなぁ。

 

みたいな。

もし前述で地方に出かけるという情報を書いているのであれば、②番のように大胆にカットすることでテンポの良い文になりますよね。

 

二重表現は意外とやってしまう気がしますが、知っていれば簡単に修正できます。

 

f:id:otimusya24:20190318062222p:plain

2 文中に読点は2つまでが良い

読点とは文の区切りに打たれる「、」のことです。

つまり長すぎる文は読みづらいってことです。

これは文を書く上での注意点としてよく出てくるので、気を付けたいところです。

 

例えば

一昨日は中国の北京にいたんだけど、昨日は韓国で買い物と美容整形してさ、今日は日本で映画見て、明日はハワイで優雅に過ごすのさ!

 

というスネオの日常のような文を書いたとします。

正直書いてる時はあまり思わないかもしれませんが、実際読んでみるとすごい読みづらいです。

 

 例えば英語でも関係代名詞等を使った長い文より、一度ピリオドで区切られandやbutなどを使って続けた文のほうが読解しやすいですよね。

つまり例え慣れ親しんだ日本語でも長い文は読解するのに僅かながらに頭を使うため、ストレスを生むんだと思います(多分)

 

長い文になってしまう場合の解決策

これは簡単です。2~3回目あたりの読点を句点にしてしまえばいいのです。(句点とは「。」のこと)

 

つまり上記の例なら

一昨日は中国の北京にいたんだけど、昨日は韓国で買い物と美容整形したよ。

そして今日は日本で映画見て、明日はハワイで優雅に過ごすのさ!

 

みたいな感じですね。

 

 

長すぎる文は話し言葉をそのまま書き言葉にしたときにおこりやすい気がします。

話してる時はそこまで感じないかもですが、文字として書き起こすと疲れる文になってしまいます。

読み返したときなんか長いなぁと感じたら1度バッサリ切っちゃいましょう。

 

 

f:id:otimusya24:20190324054358p:plain

ただし、すべてを句点で切ると幼稚な文になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

・昨日は暑かったですね。明日も暑いみたいです。熱中症に気を付けましょう。水をたくさん飲むといいですよ。

 

↓ 修正

 

・昨日は暑かったですが、今日も暑くなるようです。水をたくさん飲んで熱中症に気を付けましょう。

 

 

3 改行のない文は読む気力が起きにくい

例えば、何か調べ物をしたくてネットで検索をかけた時、画面がぎっしり文字で埋まってるサイトだとちょっと敬遠してしまいませんか?

 

そしてもっと読みやすいサイトを探し直していまいませんか?

 

僕だけじゃないはずです。。。

 

例えば下の画像をパッと見た時

f:id:otimusya24:20190324044144j:plain

1番のほうが読んでみようと思いませんか。

 

文字がずらっと並んでいると、次の行にいくのもちょっと苦労しますよね。

小説とか読んでいて気づいたら同じ行を読んでた。なんてことありませんでしょうか。

 

それって地味にストレスだし、どこかで読むのを休憩したいと思っても休憩場所が見つからないから読みだすのにエネルギーが必要なんだと思います。

 

そして検索からたどり着いた人は、結論を早く知りたい傾向にあるそうです。

結論を読んだうえで気になったところがあれば、その章まで遡って読んでいくという通常と反対の読み方をします。

 

その為文字がずらっと並んでいると、どこから結論なのかわからないので出て行ってしまうらしいです。

 

実際わかっていても、いざ書き始めると夢中になって文字で埋め尽くされた記事になっていることがあります。

ちゃんと読んでくれれば今後リピートしてくれるかもしれないので、気を付けたいところですよね。

 

文字だらけになってしまった時の解決策

解決策は単純に改行を使うことかと。

僕は文章が2~4行ぐらいになったら、ある程度改行してスペースを作っています。

 

しかしあまり改行しすぎもよくないらしいので、自分で一度遠目で記事を眺めて丁度いい感じを見つけるのが良いかと思います。

 

また画像やイラストを適度に差し込むことが大事です。

これもブログの書き方等で調べると必ず出てくる事なので間違いない事かと思います。

画像は文字ばっかりみて疲れた目を休める効果があるそうなので、適宜はっつけときましょう。

 

ぱくたそ-フリー素材

かわいいフリー素材集 いらすとや

上記のようなフリーサイトから記事に沿った画像を使うのもいいですし、自分で描いた絵を使うのも良いですよね。

 

あとは大事なところで赤字や太字を使うことでメリハリがでて読みやすくなります。

しかしこれも多用するとアンダーライン引きすぎて大事なとこが何処なのかわからない教科書状態になるので注意しましょう!

 

読みやすい文章のまとめ

という訳で読みやすいブログ記事の書き方について自分なりに思ったことを書いてきました。

素人が書いたことなので的外れなこともあるかもしれませんが、多分あたらずといえども遠からずでしょう!!!

 

 

間違ってたらごめんね

f:id:otimusya24:20190313060949p:plain

 

 

しかしどんなに気を付けて書いていても、後で読み返してみると、「あれ、読みづらいぞ!」なんてこともよくありますよね。

 

 

特に深夜のテンションなどで書いた記事は注意が必要ですよね。

翌朝のテンションで見ると消したくなります。

 

しかしそうやって気持ち悪っ!て思った記事を直していくことで文章力はついていくのかと思います。

 

文章力に自信のない人は是非積極的に過去記事を読み直してみましょう。

 

 

 

上記の本ははてなブログの始め方や、設定など結構細かく書いてあり、文章の書き方もわかりやすく書いてあります。そしてなんといっても読みやすいです。

これからはてなブログを始めたい方や、ブログの文章の書き方をもっと詳しく知りたい方はオススメです。

 

 

 

 

 

本のタイトルがちょっとがめついのが気になるところですが…