落ちるとこまで落ちました...

落ちるとこまで落ちた人間の雑記ブログです。人生終わったのかも?

1月に確定申告ができる?じゃぁいつやるか?いまでしょ。

    もしよければシェアする…

こんにちは。落武者です。

 

 

 

 

 

 

この記事は前回確定申告をしようとして撃沈した話の続きになります。

 

www.otimusya24.com

 

 

還付金が出る場合確定申告が1月からできるということで、税務署にいったわけですが、「書類が足りない」と門前払いされてしまい、申告を確定させることができなかったので、本日リベンジマッチをしてきた。

 

 

 

 

午前中に重い腰を上げ、経費などを書き出してみたのだが、やってみると思いのほか早く終わった。レシートなどとってなかったのでかけるものがなかったのもあるが…

 

 

 

 

とりあえず書けと言われた書類は書いたので再び税務署に行ってきた。

 

 

 

 

 

1月とは言え申告コーナーはなかなかに並んでいる。

20分ほど並び自分の番がようやく回ってきたので、ドヤ顔で出してやった。

 

 

 

 

f:id:otimusya24:20190124155422p:plain



職員「こちらは総合受付にお出しください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬鹿な…

 

 

 

 

「申告の方はこちら」コーナーではなく総合受付に確定申告を出すだと!?

そんなこと誰が想像するというのだ…

 

 

 

 

 

 

再び総合受付に10分程並びようやくドヤ顔で確定申告を申告する。

 

 

 

 

 

 

f:id:otimusya24:20190124155422p:plain

 

 

 

職員「これはうちの管轄外です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬鹿な…!!!

 

 

 

 

 

 

去年はここで出したぞ!

ここは住んでいる市ではないのだが、ここが一番近いという理由で去年はここにだして受理された。

それにネットの確定申告制作コーナーで、すべての項目を書き終えると

 

「どこの税務署にだしますか?」と選択画面がでるのだ。そしていくつか候補がでてきたなかで最寄りのここを選んだのだ。

 

 

 

 

それを伝えると

 

 

 

職員「ん~去年はたまたまじゃないですか?とにかくうちじゃ無理です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

望むところだ!!

 

 

 

 

職員「〇〇市の税務署へ行ってください。」

 

 

 

 

 

 

しかたない。なんにせよ自分の無知が招いたことだ…

 

 

 

 

 

 

とりあえずいったん家に引き返し、〇〇市の税務署を地図で確認し再びチャリで税務署へ。

 

 

 

余談だが家はすっごい坂の上にある。

 

 

 

 

 

 

約20分。

 

 

 

最初に行った税務署と合わせて30分以上かけて、〇〇市の税務署に到着した。

 

 

 

 

 

この極寒のなか額に汗を垂らしながら、ようやくドヤ顔で確定を申告する時が来た。

 

 

 

 

f:id:otimusya24:20190124155422p:plain

 

 

 

 

職員「これは・・・

 

 

 

 

 

 

うちでは受けられません。」

 

 

 

 

 

 

 

 

馬鹿な・・・?

 

 

 

誰がバカなの…

 

 

 

 

おれだ…

 

 

 

 

 

 

 

理由を聞くと

 

 

 

 

職員「うちは〇〇△△税務署です。これは〇〇税務署にだしてください。」

 

 

 

 

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだと。。。!?Googleマップでも「〇〇税務署」と調べたらここがでてきたし、〇〇駅のすぐ近くにあるこの税務署こそ〇〇税務署だろ!それが世の理だろ…△△ってなんだし…

 

 

 

 

 

もはやスカスカになった声で聞く

「それでその・・・〇〇税務署は・・・どこですか・・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員「東〇〇駅から徒歩20分くらいのとこです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂ってやがる・・・

 

 

 

「えっと・・・〇〇駅のそばにある、この税務署が〇〇△△税務署で、東〇〇駅から徒歩20分の所にある税務署が〇〇税務署・・・?」(なんでそんな駅から離れているの?)

 

 

 

 

 

職員「そうです。」

 

 

 

 

 

 

落武者「ここで受理していただくことは・・・」

 

 

 

職員「できません。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

望むところだ!!!

 

 

この税務署から東〇〇の税務署まで、およそチャリで20分ほどの距離にある。

 

 

 

 

 

 

ここまできて引き返せるわけもない。

そこからは無心だ。

 

 

 

 

余計なことは何も考えない。

 

 

 

 

 

ただただ申告を確定させるロボット。

俺は申告ロボット。

 

 

 

 

そう思わないと一気に崩れてしまいそうだ。

 

 

 

 

そして何故か坂だらけの道を必死にチャリでこぎ続ける事20分。

 

 

 

 

 

 

ついに…ついにきたよ…

 

 

 

 

 

f:id:otimusya24:20190124155422p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

職員「承りました(^^」

 

 

 

 

 

ã天使 ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

天使だ。

 

 

 

 

 

いや女神なのかもしれない…

 

 

 

 

 

ありがとう…

 

 

 

 

長かったよ。

 

 

 

無職になって一番自転車に乗った。。

 

 

 

 

 

正直、ちょっとイラついたりしてしまった。

 

 

 

 

しかし思い返せば

 

 

 

 

 

全部僕が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってそもそも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットでだせる

 

 

 

時代だよ。。。

 

 

 

 

 

 

みつを

 

 

YouTube始めました。

良かったら見てください('ω')

www.youtube.com