落ちるとこまで落ちました...

落ちるとこまで落ちた人間の雑記ブログです。人生終わったのかも?


厚塗りでドーナツのイラスト描きました

レイヤーは最低2枚には分けようというお話

    もしよければシェアする…

f:id:otimusya24:20190306233732j:plain

 

 

 

こんばんは。落武者です。

 

 

 

 

絵を描き始めた時、レイヤー分けについて悩むことありますよね。

 

・レイヤーを分ける意味ってあるの?

・何枚くらいに分けたほうが良いの?

・レイヤー100枚とかつかってもいいの?

 

 

などなど。

 

自分も初めてデジタルで絵を描いた時はてんやわんやしたのを覚えています…

そんな訳で今日はレイヤー分けについて話していこうと思います。

 

ちなみにレイヤーのモードについては以前記事にしたのでそちらをご覧ください。

 

 

 

レイヤーとは何か

まずレイヤーとは何なんぞやって話ですが、アナログの道具で言うとセル画のことです。

セル画セルが)は、セルアニメ製作過程において用いられる画材「セル」とよばれる透明シートに描かれる絵。 透明シートの素材にセルロイドが使用されていたことに由来する。 セルアニメからデジタルアニメ移行後もセルに相当するオブジェクト名として使用されている。

引用元:セル画 - Wikipedia

 

アニメ制作では背景とキャラは別々の、セルと言われる透明なシートに描きます。

それらを重ねることによって背景とキャラが合わさった絵にしていきます。

 

なんでそんなことをするのかというと、例えばすべて一枚の紙に描いた場合、キャラだけミスったとしてもすべて描き直しですが、分けておけばキャラだけの修正ですみます。

また背景は静止でキャラだけ動かす必要がある場合、キャラだけ動かせばいいので、一枚にすべて描く場合に比べ断然楽に仕上げられるという訳です。

 

セル画は非常に便利なものであり、デジタルで絵を描く場合もレイヤーの使い分けは非常に重要になります。

 

最低限塗りと線画はレイヤーを分けよう

これは線画がある絵の場合になりますが、どんなにレイヤー分けが嫌いでも線と塗りは分けましょう。

色塗りの際、線画をはみ出して塗ってしまった場合、非常にめんどくさいです。

何でめんどくさいのかわからない場合は実際にやってみてください。

 

その点レイヤー分けされていれば塗のレイヤーだけ消しゴムをかければ済む話になります。

 

また背景付きの絵を描く場合も、背景と人物は確実にレイヤー分けしましょう。

これも途中で人物のポーズを変えたいと思った時、背景まで修正が必要になります。

また1枚良い背景が描ければ、使いまわせたりもできます。

 

たまに間違えて同じレイヤーに描いてしまう場合もありますので、線画を描いた後は線画レイヤーをロックする癖をつけとくと良いです。

 

レイヤーの数に正解はありません

上記で最低限分けるべきレイヤーを描きましたが、実際何枚に分けるかは人それぞれですし、描く絵によっても違います。

例えば3枚程にしか分けない人もいれば100枚を超えるほど分けている人もいます。

 

あとはこまめにレイヤーを結合する人もいます。

 

なので自分が描いててめんどくさい!とか多すぎてもうよくわからない!ってならない程度にはわける事をオススメします。

 

私が描く場合のレイヤー数

これは自分が描く場合のレイヤーの数ですが、これも一概に何枚とは言えませんので、この絵は何枚使ってます!というのを紹介していきます。

 

 

落武者イラストのレイヤー数

 

f:id:otimusya24:20190306223446p:plain

まずはこのブログの主の落武者のイラストですが、こちらは11枚

レイヤー分けの中身はこんな感じです

f:id:otimusya24:20190306224317p:plain

割と細かく分けていますが、記念すべき1枚目の落武者イラストということもありいつもより多めに分けております。

顔はありもの素材で影などはほとんど結合してしまっていますので、実際使ったレイヤーの数は倍以上かと思います。

 

 

ちなみに

f:id:otimusya24:20190306225210j:plain

こちらの絶望してる落武者のイラストは5枚です。

1枚目と比べて大分少なくなっております。

 

少女のイラストのレイヤー数

続いて結構前に描いた設定画用の少女のイラスのレイヤー数について

絵はこちらです

f:id:otimusya24:20190306225605p:plain

こちらの絵のレイヤー数は35枚でした。

レイヤー分けの中身は

f:id:otimusya24:20190306230441p:plain

入り切りませんでした…

 

なんでこんなに細かく分けてるのかというと、おそらく細かく分けるのが当時の自分のトレンドだったのかと…

小物や服、髪などかなり細かくレイヤー分けして塗っております。結合もほとんどしてないのでここまで多く残っているのかと。

ちなみに線画も6枚のレイヤーに分けてありました…今なら確実に結合して1枚にしてしまいますね…

 

 

チョココロネのイラストのレイヤー数

最後にチョココロネのイラストのレイヤー数について

絵はこちら

f:id:otimusya24:20190306232601j:plain

こちらの絵のレイヤー数は11枚

レイヤー分けの中身はこんな感じです。

f:id:otimusya24:20190306232823p:plain

主にチョコとパン、影で分けてあります。チョコだけ無駄に多くなっていますが、結合し忘れただけでしょう。

 

 

YouTubeに制作動画も載せてますのでよければご覧ください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

レイヤー分け方まとめ

という訳でいかがだったでしょうか。

長々と描きましたが、簡単に言ってしまえば

 

・線画と塗りは最低限わける

・あとは自分のやりやすいように

ということでした。

 

ちなみにレイヤーは分けすぎるとどんどん重くなっていきます。

あまりに動作が遅くなってきた場合は結合して少なくするか、使っているPCかスマホ

のスペックを上げる必要があります。

 

どこに負担がかかるのかというと、主にメモリーに負担がかかるそうなので、壮大な絵を描きたい人はメモリーの大きい機種選びをしましょう。

 

以上、レイヤー分けについてでした。