落ちるとこまで落ちました...

落ちるとこまで落ちた人間の雑記ブログです。人生終わったのかも?

本を最後まで読み切れないのは何故?本と本屋のおすすめの利用方法

    もしよければシェアする…

f:id:otimusya24:20190417002440j:plain

おはようございます。落武者です。

 

 

 

皆さんは本を良く買いますか?

僕は買わない時は1年に2~3冊程度しか買わないのですが、何かを始めるときは割と本を買います。本から入るタイプ。

 

 

 

がしかし!

 

 

 こんな経験ありませんか。

f:id:otimusya24:20190416220801j:plain

 

僕はこんなことがほぼ毎回です…

本を読む才能がなさすぎると、日々嘆いていたんですが・・・

 

 

気づいたんです!

 

 

本を読み進めないのには大きな要因があることに

というわけで年間数冊の本を買う落武者が、何故本を読めないのか!そして実際のおすすめの本の使い方を伝授しようと思います!(説得力…)

 

僕みたいに本を買っても全部読めない人や、本を買った時のワクワク感が何故かすぐに薄れる…なんて人は是非最後までお読みください!(ちなみ参考書とか自己啓発的な本の話です)

 

 

本が読み進まないのは、途中にいらん情報がたくさんあるから

 こんなことに気づくのに四半世紀以上かかってしまいましたが、ようやく気付いたんです。

 

 

 

本って実はいらん情報が多いことに!

まぁ当たり前と言えば当たり前ですよね。だって何百ページとあるわけですから、全部が全部自分の知りたい事や興味のあることで埋め尽くされているわけないんですよね。

 

著者だって何百ページと書いていれば途中で「あぁもう書く事ねぇな」と思うことがあるわけですよ。多分

 

 

そうなると必然的に、興味のない話題になっていくわけです。

 

もちろん全部が全部とは言いませんが、結構な確率でいらん情報が途中で差し込まれます笑

 

例えばショートスリーパーになるための本を買ったのに、途中から著者の昔の仕事の話が始まったり、食生活の話になったりと話題が変わっていきます。

 

まぁどれも話をたどっていくとショートスリーパーに関連することになる訳ですが、実際それに興味を持って読めるかと言うと話は別です。

 

何せこっちはショートスリーパーのなり方を知りたいわけですから。

 

本の中盤から終盤は要注意 興味がないと思ったら迷わず飛ばしてみよう

当たり前ですが、序盤で読者をひきつけてこそ本は売れますから、冒頭に最大の魅力を入れてくる事が多いです。(アルバムと一緒です)

そして以後魅力が薄れていく傾向にあります…笑

酷いときは序盤以外まったく興味の引かれない本もあります。

 

本屋でちょろっと立ち読みしたときには、「この本いいぞ!」と思ったのに、いざ買ってじっくり読み始めると読む気が薄れるのはこれのせいです。

 

無念

 

てな訳で、興味ない話はとりあえず飛ばして、読みたいとこだけ読めばいいんです。

無理して全部読む必要はないんです。

 

 

僕の経験則ですが、終盤に読みたい内容があるのに、なんか飛ばして読むのがもったいない気がして結局読まずじまい!なんて事が多いですよね。

 

確かに読んでみると興味ないところからいきなり「なるほど!」と思うような情報が舞い込んでくることもあります。

 

しかしそれに期待していつまでも読んでいては気力が持ちません。

パチスロと一緒なのです。だらだらと変に期待して追っているといつのまにか金(気力)がなくなっているのです。

 

引くときは引くのです。

f:id:otimusya24:20190405104023j:plain

 

本ほモチベーションを上げる事に利用しよう

いろいろ著者に対して失礼な事を言ってしまいましたが、本当に失礼なのはこれからです。

 

正直僕みたいに買ってもあまり読めない系の人は買わなくていいんじゃないかと思うのです。

たまに【本屋に行くだけ】で良いのです。

重要なのは本屋に行くこと自体はすごく良い事ということです。

 

本屋って行くだけでモチベーションがあがりませんか?

 

モチベーションが上がる。もうね、それだけで十分すぎるほど本屋って有益なんですよね。

そのやる気を本を読むという労力に充てることなく、そのまま制作等に充てちゃったほうがいいんですよね。

 

そしてわからないことはググる。

モチベーションが下がったら再び本屋に行く。

 

これが一番有益。と言うのが僕の結論です。

こういう考えが本屋を閉店に追い込むんでしょうね。

f:id:otimusya24:20190331092913p:plain

本を買ったほうが良い場合

とはいったものの、それなら本を買ったほうがいいんじゃないという状況もあるわけです。

それはネットで調べながらやることに非常に労力がかかる場合。

 

例えば知識が0に近いもの。

そういった時はネットで見ながらやるより、「猿でもわかる〇〇の始め方」みたいな本を買って、本を見ながらやっていった方が効率がいいです。

 

あとは世の中意外とネットで調べてもでてこないことってあるんですよね。

例えば以前記事で紹介しましたが、3DCGのソフトってなかなか調べてもわからないことが多いんですよね。そんな時はやっぱり参考書があると非常に助かるわけです。

 

あとはもうどうしても気になるなら買っていいと思います。(結局!?)

 

まとめ 本は無理して読む必要も買う必要もない

という訳で、僕が思う本についての話でした。

今回も偉そうに語ってしまいましたが、本をいつも読み切れない自分を慰めるために書いたころもあります…

 

 

でもきっとこの記事が確信をついてる本はたくさんあると思います。本当に引くぐらい途中から内容がない本もありますし。

むしろ最後まで最高の読み応えの本のほうが多分珍しいですよね。。

 

ね?

 

 

 

とにかく・・・僕みたいに本を読めない人にとって少しでもこの記事が救いになれば幸いです。

一緒にあきらめましょう。そして一緒に頑張りましょう。

 

 

それじゃ!

f:id:otimusya24:20190402232746j:plain