落ちるとこまで落ちました...

落ちるとこまで落ちた人間の雑記ブログです。人生終わったのかも?


厚塗りでドーナツのイラスト描きました

【ブラック企業体験談】入社1社目がブラック企業だった話

    もしよければシェアする…

f:id:otimusya24:20190223164714j:plain

 

 

 

こんばんは。落武者です。

 

 

 

 

 

最近またバカッターなるものが流行って?おりますね。

これだけテレビでバカッターは損害賠償大学退学クビなどのリスクを教えてくれているのに何故?と思ってしまいますが…

有名になりたいんでしょうか。

正直犯罪まがいで有名になる=拡散され大問題になる。

ということですから、ハイリクスノーリターンですよね。

 

 

企業も大変だなぁ。と思いながらも企業も企業でブラック企業なるものが流行って?おりますね。

 

 

僕はできた人間ではないので、僕が会社を辞めたのは僕自身のせい。というのもありますが、正直ブラックはブラックだったよな・・・?という思いがあります。

 

 

ちなみに過去数回転職をしていますが、ここはホワイト!一切の曇りなし!という会社はありませんでした。

ちょっと特殊な職だったというのが理由かもしれませんが、ほとんどの会社はだいたいそういうものなのかもしれません…

 

というわけで無職の戯言かもしれませんが、よろしければ私のブラック企業体験談をご覧ください。

 

入社1社目で人生1のブラック企業にHIT!

僕は大学を卒業し、初めて務めた会社は自分で作った物を販売する会社でした。

 

 

そこは完全歩合+交通費50%支給という給料体制でした。

求人に載っていたモデル給料は9~35万+交通費という感じでした。

社会保険等についての記載はなし。

 

初任給

僕の初任給はたしか交通費込で10万前後くらいだったと思います。

月でいうと22日~24日出勤くらいだったかと思います。

何分昔の事なのでうろ覚えで申し訳ありません…

 

給料が10万というと驚愕的な数字ですが、当時の僕は自分の技術でお金をもらえたことが嬉しかった。実家暮らしということもあり、そこはそんなに不満はなかったと思います。

 

僕は技術がなかったので給料が低かったというのもありますが、他の人もだいたい10~15程度だったと記憶しております。

 

従業員数

僕が入った時で社長含め4人程度だったと思います。

いた人はみんないい人でした。社長以外。

通常の中規模以上会社は社長と平の従業員との距離は遠いと思いますが、人数の少ない会社は基本距離が近いです。

 

つまり一人でも嫌な人がいると、その人と距離をおくことはできません。

それが社長なら、誰に相談してもどうにもならないのでなおさらです。

 

ブラックだった理由

とにかく社長が横暴でした。

殴る蹴るはないにしても、とにかくよくキレる。基本イエス以外は言わせない。

 

職員会議なるものをやっても自分の推すものをただ押し通すだけ。

それに対して「それは辞めたほうが」と言っても

・そんなことだからお前は駄目なんだ

・じゃぁお前が企画したやつやるよ、金も時間もだすよ。絶対成功するんだもんな!

 

などと、どんどん人を追い詰める方に向かって行きます。

こうなってしまっては結局誰も何も言わなくなります。

何も言わなきゃ言わないでお前らは意見も出さない!と怒られるのですが…

 

社長は自分で言った事、やったことが間違っていたとしても、何もなしで終わりですが、従業員の間違えました。はそれではすまないのです。

 

ひとつ間違えればいつまでも事あるごとにお前はあんなミスもするしな!と言われるようになります。社長が従業員の悪口を他の従業員に言うのも日常でした。

僕は僕で社長の悪口を他の従業員と言い合っていましたが。

 

 

更に交通費50%というのも、社長が適当にお前はこのぐらいだな!で決めていました。なので多い人もいれば極端に少ない人もいました。

社会保険等はもちろんなく、その他退職金やボーナス、有給なんてものはもちろんありません。

 

正直バイト以下の水準でしたが責任は正社員と変わりありません。

 

給料の低下

僕が入社し数ヵ月経った頃、仕事が激減し始めました。

その影響で給料が10万を超える事がなくなりました。

 

そして当時年齢の若かった僕は雑用することが増え、酷いときは2泊3日会社に泊まり込みなんてときもありました。

24時間会社に軟禁のような感じでしたが、それに対する報酬は日当5000円~10,000円程度。無給の日もあり。要は社長の機嫌次第。

 

仕事はないのになんで泊まり込み?って話ですが、請求書作ったり従業員の給料計算、備品作り、電話対応と雑用全般で出勤していました。

ちなみに社長は社長で個人的な仕事をしており、納品が迫っていたりで機嫌は常に悪かったです。

 

雑用係も僕一人だったので社長とは常に二人きり。常にピリピリとした空気ですから、今思い出しても本当に地獄のような環境でした。

 

僕は初の会社ということもあり、いろいろわからないことが多かったので、そういった時社長にこんな時はどうすればいいですか?と聞くのですが、そうすると

 

「そんなもんいちいち聞いてたら俺がやった方が早いだろうが!お前がいる意味ないだろ!」

 

と言われ、自分の判断でやって何か不備があると「ふざけんなよお前!」の繰り返しでした。

 

お客さんと電話していても横から「なんでそんな事言ってんだよ、少し考えりゃそこは違うってわかるだろ。」とごちゃごちゃ言ってくるので、お客さんとの会話も頭に入らないような状況下でした。

 

最終的に出身地のことまで馬鹿にされ始め、もう本当にその時は限界を感じていました。

 

住んでるとこがまずクソなんだよ!って言われたら、なんだか親兄弟まで馬鹿にされてるようで悲しくないですか…

 

 

f:id:otimusya24:20190220194040j:plain

辞めた理由

結局僕が会社を辞めたきっかけは僕のミスでした(え?)

これに関しては会社のせいだ!と言えるようなことでもなく、本当に僕のうっかりミスで、しかも立て続けに2件起こしてしまったのです。

 

結果社長大爆発。

 

夜の8時ぐらいに社長から電話がかかってきて、仕事中だったのですが、そんなこと関係なしに3時間程どやされました。

 

以下電話の内容を簡単に箇条書き

・ふざけんな

・給料減らす

・今後ミスったら客の前だろうが土下座

・一生新人研修

・毎月読書感想文提出(謎)

・イベント事不参加

等などだったと思います。

 

特に今も鮮明に覚えているのが、給料下げる!と言われた後に

 

「お前今の給料からさらに下げたらもうやっていけないなぁ!どうすんの?」

 

と言われた事でした。

その時はもう頭真っ白で考えることもできず「はい、すみません」としか言えませんでしたが、社長的には「辞めます」を誘発させたかったんだと思います。

 

その時はとりあえず言われるだけ言われ、電話を切ったのですが、後日これはもう続けることはできないだろ…と思い社長に電話しました。

 

辞めようと思います。と言ったあとの社長の第一声は

 

「やっぱりな」でした。

 

まぁ当然ですよね笑

その後今のシフトの分は出たのち退職という流れで事は進みました。

 

ちなみに後日

 

 

 

 

まさかこんな状況からの

 

 

 

 

 

引き止めがありました笑

 

まとめ

という訳で僕が体験したブラック企業の話でした。

辞めた僕主観で書いているので会社をできるだけ悪く書こうとしているところはあります笑

僕も初社会人だったのでそんなこともわからないの!?というようなゆとり人間でしたし。

 

 

しかし起こったことは事実です。

テレビで見るような殴る蹴るがあったりデスクを失くされるようなやばい会社とまではいきませんでしたが、個人的には本当に辛い経験でした。ちなみにその後従業員は全員辞めました笑

 

 

初会社がそんな会社なら次はどんな会社でも大丈夫だ!とポジティブに考えてもみましたが、どんな状況を経験しても結局隣の芝生は青く見えます。

 

不満の生まれない会社なんて多分ないんじゃないかなぁと思います。

その不満とどう向き合っていくか。それが社会人なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

僕は無職ですが。