兼子
当ブログはイラストやガジェット系の記事を主に書いていますので、よかったらブックマークしてくれると嬉しいです

ガジェット 液タブ

【2022年】初心者向け!液タブの選び方とメーカーの特徴の紹介【Wacom,XP-Pen,HUION,GAOMON】

1月 27, 2022

こんにちは。兼子です。

 

この記事では、まだ液タブを買った事がない人で、これから液タブを買いたい!って人や、次どの液タブを買っていいかわからない...って方に向けた、液タブの選び方を紹介していきます。

一昔前は液タブなんて数えるぐらいしかなかったけど、ここ数年でお絵かきブーム?が過熱し、多くのメーカーが参入したことで数多くの液タブが発売されております。

 

熟練の方なら欲しい液タブをさっと選ぶことができるかもしれませんが、慣れていない方だと「正直どれを買えばいいかわからない!」ってなりますよね。

最悪自分が思っていた結果とそぐわない物を買ってしまう恐れもあります。

 

そんなことにならないように、この記事ではなるべくわかりやすく、選び方について解説していこうと思います。

また、メーカの特徴なんかも記載していきますので、是非最後までお読みください。

 

初心者が失敗しない為にも、そんなの知っている!!ってとこも解説していきますので、その辺はご了承くださいませ

大前提として、液タブはパソコンも必要

まず一番気を付けなくてはいけない事で、液タブはPCが必要になる事がほとんどです。

なので現状PCがない場合、PCを買う必要があります。

 

中にはWacom mobile studioのような、PC兼液タブにみたいなものもあったりしますが通常の液タブよりかなり高価になっております。

 

なので個人的にはPCを買って液タブに繋いだ方が値段的にも良いかなと思います。

 

もしくはPCになる液タブではなく、液タブにもなるPCを買うという手もあります。こっちの方が安く収まります。

以下の記事で紹介している、レノボのIdeapad Flex550や、Surfaceなんかは液タブにとして使うこともできるPCとなっております。

【コスパ最強のイラストが描けるPC】Lenovo IdeaPad Flex550(AMD)の液タブレビュー!【メリット/デメリット】

こんにちは。兼子です。   とうとう買いました 兼子LenovoのIdeapad Flex550(AMDモデル)   当ブログでは散々このPCのコスパがすごい!的な記事を以前書きま ...

続きを見る

液タブもパソコンも欲しいならSurfaceがオススメな件

こんにちは。兼子です。   女子大生デジタルで絵を描き始めたいけど、何から買えばいいかわからない・・・   って方、多いんじゃないでしょうか。   デジタルで絵を描く為の ...

続きを見る

 

ただやっぱり通常の液タブに比べてペン性能等は劣ってしまうので、ご注意ください。

液タブは板タブとしても使える

ちなみに板タブと液タブを迷っている方に是非知ってもらいたいのが、液タブは液晶に直接描く事もできるし、設定を変えれば板タブのように外部モニターに対して反応するようにすることができます。

板タブよりも重いし、精密なので扱いが慎重になってしまうなど、板タブにすべてが勝っている!というわけではありません。

 

ただ迷っているなら、液タブを買えばどちらも試すことができるのでおすすめです。

液タブを選ぶためのステップ

というわけで、本題の液タブの選び方について解説していきます。

液タブを買う前にまず決めるべき点がいくつかあります。

・価格について知る

・サイズ・解像度を決める

・メーカーを決める

・商品を決める

大まかに言うと、これらを順に選んでいけばすんなり液タブを決める事が出来ます。

液タブの価格について

まずはざっくり価格について説明します。

昔は液タブと言えばWacom一択で、その値段も非常に高く、安くて10万前後。みたいな感じでしたが、最近は多くのタブレットメーカーが参入したことでかなり安く買う事ができます。

 

大まかな値段は以下の通りとなっております。

サイズ\メーカー中華製Wacom
12~13イン2~3万円前後4万円前後
16インチフルHD 4~5万円前後7万円前後
22~5~7万円前後12万円前後

※解像度フルHDの場合

時期や買うサイトによって値段は変わってしまうので、だいたいの価格となっております。

 

また、解像度が4Kとかになると値段が跳ね上がったりします。

液タブのサイズ・解像度について

続いてはサイズを決めます。

 

決め方に関しては上記の値段と合わせて以下の表を元に決めると良いかなと思います。

12インチ、13インチの液タブ15~16インチの液タブ22インチ以上の液タブ
選ぶ際の基準・板タブとしても使ってみたい

・机が狭い

・値段を安くしたい

・サブ機として買いたい

・よく分からない場合は16インチを買って置けば間違いは少ない

・大きすぎず小さすぎず、後悔がし辛い

・とにかく大きい画面で描きたい

・お金も机の広さも充分持ち合わせている

・持ち運ぶ予定はない

デメリット比較的小さいので、もう少し大きいのにすればよかったかも!?となりやすいギリギリ持ち運ぶには不便な大きさ。安い物だと視差や画面の粗さが目立つ。

でかくて重い

ざっくりですが、こんな感じ。

 

個人的には自分も使っている16インチサイズの液タブがおすすめです。

もし用途が決まっている場合はそれに合わせて選ぶと良いかなと思います。

 

特に持ち運びたい!って人は16インチでも結構めんどくさいと思います。

実家帰省の際に車で持っていくとかならいいけど、会社とか出張先に持ち運ぶことも想定するとかなら13インチか12インチぐらいにするのがおすすめ。

 

 

また解像度については、基本的に16インチまでだったらフルHD(1920×1080)で十分かと思います。

逆に22インチとか24インチのものは画面が大きいので、人によってはフルHDだとちょっと画面が粗く見え不満があるかもしれません

 

なので22インチとか24インチの場合は2Kとか4Kの解像度のものを視野に入れると良いかと思います。

メーカーについて

次にメーカーを決めるわけですが、まずはWacomかそれ以外かってのを決めます。

というのもWacomはやっぱり国産老舗メーカーなので、他の液タブと比べても一回り値段が高い。

 

もちろん性能やサポートが良いから高い!って理由もあるんだけど、正直最近では海外メーカーの性能がかなり上がっているし、日本語でサポートもしてもらえる。

つまり結構ブランド料的なところがある。

 

僕自身Wacomと中華製の違いをそこまで実感できなかったし、裕福でもないので、中華製の液タブを使っています。

 

とはいえ多くのプロがWacomを使っているっていうのも事実だし、シェア率も断トツで高い。

 

なのでお金に全然余裕がある!って方とか、海外製品は不安…って方とか、絵の道具に妥協は許さない!って方はWacomを選ぶと良いと思います。

Wacom公式ストア

 

逆に初心者の方や、国産に拘りがないかた、安く抑えたい人は海外製の液タブでも充分です。

 

ただ、2022年現在かなり多くの海外メーカーがタブレットに参入しています。

というわけで、僕の独断と偏見で3メーカーをご紹介します。

ここら辺が現在液タブを扱う海外メーカーとしては比較的メジャーではないかと思います。

製品保証などもしっかりしているし、しっかり日本語でのサポートもしてくれます。

 

一応Wacomを含めたそれぞれのポイントを表にするとこんな感じです

XP-PenHUIONGAOMONWacom
値段
性能◎~〇◎~〇
種類
特典

※あくまで僕個人の感想を元に作成した表です

 

とはいえこれだけ見ても初心者からしたら選びにくいと思うので、もう少し詳しくポイントとか商品を以下で紹介します。

価格はGAOMONが安い

まず価格はGAOMONが一番安い場合が多い(セールや旧製品などで変わる場合がありますが)

22インチサイズの液タブでも43000円程で購入できるので、とにかく安い。

 

ただ最近は液タブの新製品をあまり出しておりません。

 

また製品自体も数が多くなく、フルHD以上のものもないので、2Kや4K解像度のものは現状売っていません。

なので、何よりとにかく安く抑えたい方はGAOMONを選ぶと良いかと思います。

 

 

保証期間は1年間となっております。

22インチ(フルHD)▼

 

15インチ▼

 

12インチ▼


 

※すべての商品を紹介しているわけではありません。全て見たい方は以下よりチェックしてみてください

GAOMON公式サイト

GAOMONのPD1161を以下の記事でレビューしております▼

GAOMON PD1161実機レビュー!2万円以下で買えるコスパが高すぎる液タブのご紹介

こんにちは。兼子です。     兼子2万円以下で液タブが買えるって知ってました?   いやないでしょ!あったとしても相当低スペック女子大生   実はあるんです。 ...

続きを見る

大画面液タブや、マルチな使い方でおすすめなのがHUION

液タブは板タブのようにして使える。って言いましたが、基本は液タブなので画面は付きっぱなしになります。

画面を消せばもちろんペンは反応しない。

 

そんな常識を打ち破って、画面を完全に消して、見た目も性能も完全に板タブとして使えるのがHUIONの製品。

板タブとしても使いたい方は、一番板タブに近い状態で試すことが来ます。

 

また一部スマホに接続したりすることもできます(機種は限られますが)

 

更に以前までペンの沈み込みが気になるとか言われていましたが、最近のものは改良され、描き心地がかなり良くなっております。

そしてHUIONは液タブの開発にかなり力を入れているのか、ラインナップの数がかなり多く、毎年のように新作が結構出てくる。

解像度も幅広く用意されおります。

 

また、大画面液タブもフルラミネーション加工がされていて、視差が少ないので、おすすめです。

 

保証期間については、Amazonで買った場合は1年間ですが、公式サイトの場合は2年間有効になります。

しかも送料が無料のものや、Amazonや楽天よりかなり安くなっていることもあります。

 

なので高額な製品を買う場合は公式サイトもチェックしてみる事おすすめします。

※購入の際、1年保証を追加にチェックをお忘れなく!

ただ、支払いがちょっとネックで、PayPalに登録が必要。

もしくはメールで問い合わせてからの銀行振り込みとなります。

 

あと特典として、商品レビューをするとプレゼントが貰えます。

プレゼントの詳細はコチラ

24インチ(4K)▼


Kamvas Pro24(4k)公式サイト

24インチ(2.5K)▼


Kamvas24 (2.5K)公式サイト

22インチ▼


Kamvas22公式サイト

16インチ(2.5K)▼


Kamvas Pro16(2.5K)公式サイト

16インチ▼


Kamvas 16公式サイト

13インチ▼

 

Kamvas 13公式サイト

12インチ▼


 

Kamvas 12公式サイト

※すべての商品を紹介しているわけではありません。全て見たい方は以下よりチェックしてみてください

HUION公式ストア

 

HUIONのKamvas12豪華版を以下の記事でレビューしてます▼

【液タブ】Kamvas12実機レビュー!ペンの沈み込みが大幅に改善!?豪華版と通常版の違いについて

こんにちは。兼子です。     今日はですね、HUIONさんのKamvas12 豪華版についてレビューしていこうと思います!! 今回もHUIONさんより商品のご提供を頂きました。 ...

続きを見る

中型サイズならXP-Penがおすすめ!サービスが充実

で、最後がXP-Penなんですが、16インチまでならXP-Penがおすすめ

XP-Penは現状Wacomに続いてシェア率が2位で使っている人も多く、サポートや性能も良い。

 

更に液タブを買うと約7000円相当のお絵かきソフト(Open Canvas)が付属でついてきたり、製品のレビューを100文字程度するだけで結構豪華な賞品がもらえたり(公式ストア限定)、サービス面にもかなり力を入れている

プレゼント詳細はコチラ

また、保証については、Amazonだと1年保証、公式ストアだと1年半となります。

特典やサポートも良いし、シェア率2位の安心感もあるので、初心者にもおすすめできます。

 

ただ、XP-Penは大きいサイズ(22インチ~)の液タブはフルラミネーション加工がされていません。

なので結構視差があるとのことなので、個人的には16インチのサイズまでならXP-Penがおすすめ。

 

またXP-Penに関しては公式ストアが完全送料無料で、レビュープレゼントキャンペーンや、保証の延長ができるので、基本的に公式ストアで買うことをおすすめします。

 

ちなみに値段もセール時以外はAmazonと同額だし、たまに公式ストアの方が安い時もあります。

支払いもクレカ、振り込み、Paypalなどから選んで買う事ができます。

 

16インチ(4K)▼


Artist Pro16(4K) 公式サイト

16インチ▼


 

Artist Pro16 公式サイト

12インチ▼


Artist 12公式サイト

 

※すべての商品を紹介しているわけではありません。全て見たい方は以下よりチェックしてみてください

XP-Pen公式ストア

XP-PenのArtist16を以下の記事でレビューしております▼

【XP-Pen】Artist Pro16実機レビュー!X3チップ搭載の最新ペンはすごい?前モデルとの比較!

こんにちは。兼子です。     兼子とうとう買ってしまいました   XP-Pen Artist Pro16を。   実は以前に記事で、XP-Penから新商品が出 ...

続きを見る

まとめ 自分にあった液タブ選びは難しいけど、選択の自由度が高いのは良いことだと思う

というわけで初心者向け、液タブの選び方でした。

 

あくまで個人的な選び方ですが、参考になったら幸いです。

 

一応どうしてもわからんって方にもう少し具体的なおすすめをしておきます。こちらも参考になれば幸いです。

 

持ち運びたいもしたい、値段も抑えたい。って人はHUION KAMVAS12豪華版▼


こちら公式ストアでは売ってない豪華版というものなのですが、標準でケーブル1本でつなげるUSBtypeCケーブルや、液タブに必須なスタンドがついており、初心者にはおすすめ。

XP-PenのArtist12セカンドもいいのですが、あちらはスタンドがつかないので、個人的にはHUIONの方が初心者には良いかなと思います。

 

ただXP-Penはお絵かきソフトもついてくるので、ソフトが欲しい方はXP-Penの方が良いかと思います。

 

小さくても嫌、大きくても困る!って人はXP-PenのArtist Pro16 ▼


 

Artist Pro16

こちらは2021年8月に出た新作モデルで、ペンの性能が従来のものよりかなり向上しております。

あと単純に自分が今使っていて、かなり描きやすいしデザインもスタイリッシュでカッコいい。サイズ的にも良いのでおすすめ。

 

ただこちらもスタンドが付いていないので、オプションでスタンドを付ける事をおすすめします。

 

大画面で綺麗な綺麗な液晶が良いならHUIONの24インチ(2.5K)▼


Kamvas24 (2.5K)公式サイト

価格は約10万だけど、この価格で24インチ、2Kフルラミネーション液晶はかなり安い。しかも液タブに角度調節できる機能があるので、スタンドを別途買う必要もないのもポイント。

大画面で描きたい人にはおすすめ。

 

大きい画面で描きたい!でも値段は安く抑えたい!って人はGAOMONの21インチ▼

最後に値段は抑えたいけど、とにかくで大きい画面で描きたい!って人はGAOMONの製品がおすすめ。

22インチという大画面でしかもフルラミネーション加工もされている液タブが4万円台ってのはかなりコスパが良いと思います。

ただ大きいけど画質はフルHDなので画面の粗さは多少目立つかも。

 

という感じです。

参考にしてもらえたら幸いです。

 

まぁでもね、最後に決めるのは自分なのでね、好きな物を選んで買ってください。

女子大生
元も子もないな・・・

 

それじゃ

GAOMON ガジェット 液タブ

2022/5/17

【GAOMON】PD1220実機レビュー!フルラミネーション加工がされた最新液タブ!前モデルPD1161との比較

こんにちは。兼子です。     兼子GAOMONさんから新しい液タブが発売されました 13.3インチサイズのPD1320と、11.6インチサイズのPD1220という商品です。 ご覧の通り、見た目がかなりシンプルに洗練されております。   また、この機種は最近のGAOMONさんらしい普通の液タブにあまりない機能や、付属品もついてきます。(詳しくは後述します)   そして今回このPD1220をGAOMONさんよりご提供いただきましたので、詳しくレビューを書いていこうと思 ...

ReadMore

ガジェット

2022/5/12

液タブ用のスタンドが100均で買える!?実際に使ってみた感想【ダイソー】

こんにちは。兼子です。     兼子最近液タブにスタンドが付属されないことが一般的になりつつありますよね まぁ元々持っている人からしたらいらないかもしれないけど、初めて液タブを買う方からしたら結構スタンドって必須アイテムですよね。   なので別途買うことが必要になるわけです。 ただ問題があって   リンク リンク   結構高い!! 液タブ自体は結構安いのに、スタンドが5000円くらいしてなんかがっかり。なんて思った人も多いと思う。   ぶっちゃけ ...

ReadMore

XP-Pen ガジェット 液タブ

2022/5/5

XP-Penから新しい液タブ【Artist 16セカンド】が発売!Artist Pro16との違いは!?

こんにちは。兼子です。   先日XP-Penから新機種の発売が発表されておりました。 それがこちら 引用:https://www.storexppen.jp/buy/artist_16-2nd.html Artist 16セカンドという名称の液タブです。   正式に販売されるのは2022年5月16日からなので、この記事執筆時点ではまだ予約販売となっております。   昨年発売されたArtist Pro16に引き続き、今回も16インチサイズの液タブです(正確には15.4インチ) ...

ReadMore

イラストの技術向上 ガジェット

2022/4/26

イラストレーターにデッサン人形は必要!?1万円の高可動域フィギュアを買ってみた結果【東亜重工 合成人間】

こんにちは。兼子です。   先日高可動域フィギュア、【東亜重工製 合成人間(女型) 2次生産分 1/12スケール】を買いました リンク   決して何かいやらしいことを目的に買ったわけじゃなくて、デッサン人形として練習・参考用に買いました。 値段は約1万円と結構お高め。   がしかし   いままでさんざん安い人形を買って結局使わないっていうオチをかましてきたので、ここらで男らしく良い物を買おうと思い、高可動域として有名な合成人形を買いました。 実際本当に1万円の価値は ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/5/17

【高級左手デバイス】TourBox Eliteの実機レビュー!NEOとの違いや、イラスト制作時の使用感について

こんにちは。兼子です。   先日TourBox様から新作の左手デバイス、TourBox Elite(サンプル版)をご提供頂きました。 正直、僕自身左手デバイスを普段使っていなかったので、最初はレビューを断ろうかとも思ったのですが、評判がめちゃくちゃ良かったので提供をお願いしました。   女子大生卑しい・・・   それに何よりガジェット好きには貯まらないデザインをしているんですよね。 というわけでね、このTourBox Eliteをレビューしたいと思います。   &n ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器 悩み 腰痛対策

2022/4/18

【絵描きの腰痛対策】電動昇降デスクを買ったら最高だった件【Flexi Spot EF1レビュー】

こんにちは。兼子です。   とうとう買いました。 電動昇降デスク。   前々から欲しいなぁとは思っていたのですが、まだいいか。と楽観的にすごしていたのですが…     兼子このままじゃ腰が壊れる...   と危機感を真剣に感じてきたので、思い切って買いました。   やっぱり腰は一生ものなので、腰は全力で労わるべきだと今更ながらに思いました。 その為には多少のお金はかけるべき。そんな思いで買ったわけです。   というわけでね、今日は絵描き ...

ReadMore

ガジェット パソコン

2022/4/3

絵描きはノートパソコンとデスクトップパソコン、どっちがいい?

こんにちは。兼子です。     パソコンを欲しいけど、デスクトップとノートパソコン、どっちがいいか悩んでいる人って結構多いんじゃないでしょうか。 実際自分も最初のパソコンを買うときは悩みました。   結局人生一番最初のパソコンは2013年頃にNECのノートパソコンを買いました。 その後2017年にタブレットPC(Surface Pro4)を買い、2021年にデスクトップ(BTO)、2022年に更にノートパソコン(IdeaPad)を買いました。   兼子なんだかんだで ...

ReadMore

ガジェット パソコン周辺機器

2022/3/24

絵描きはデュアルディスプレイがおすすめ!メリットと注意点について

こんにちは。兼子です。   最近作業環境を変えて、モニターを1台から2台に増設しました。 やっぱりデュアルディスプレイになるとめちゃくちゃ良い。 作業環境もよくなるし、モチベーションもあがります。   こんなことならもっと早く買ってしまえばよかったと後悔すらしています。   というわけでね、いかにデュアルディスプレイにしてよかったかについて記事を書いていこうと思います。 またね、唯一失敗したなと思うところもあるので、注意点についても記載していきます。 作業環境を変えたい方、イ ...

ReadMore

ガジェット

2022/3/18

イラスト制作にはTNパネルよりIPSパネルの方が良い?【格安液晶パネル比較】

こんにちは。兼子です。   最近仕事の作業効率をあげるべく、モニターの増設をしました。 というのも最近絵をGAOMONさんに提供していただいた板タブが使いやすく、板タブをメインに使っていたのですが、シングルディスプレイだと資料の表示とかが何かと不便。   というわけで、安いIPS液晶のモニターを買ってみました。 買ったのがこちら▼ リンク  accerのH240YAbmi。IPS液晶で画質はフルHD。家電量販店で買ったのですが、お値段は18000円程でした。   これにて念願 ...

ReadMore

ガジェット パソコン 液タブ

2022/5/13

HUAWEI MateBook Eは液タブになる!?Surface Pro8との比較

こんにちは。兼子です。   当ブログでは液タブとしても使えそうなPCを頻繁に紹介していますが、今回またすごいのが出てきました。   それがこちら 引用:https://consumer.huawei.com/jp/laptops/matebook-e-2022/ HUAWEIのタブレットPC、MateBook Eです。   なんというかもう   兼子Surfaceとそっくりだよね     キックスタンドや着脱式のキーボード、そしてペン、なんかいろ ...

ReadMore

-ガジェット, 液タブ

© 2022 落ちるとこまで落ちました… Powered by AFFINGER5