3DCGアニメーションの制作方法等について。興味のある方必見

雑記

おはようございます。落武者です。

3DCGアニメーションについて気になりませんか?

突然すみません。

しかし、昔は聞きなれなかった3DCGアニメーションも今や目にする機会がすごい増えましたよね。

映画はもちろんの事、アニメ、ゲーム、CM、パチンコ、様々なところで使われております。

しかし実際のところ3DCGについてあまり知らない人って多いんじゃない?と思いまして、今日は3DCGについて簡単に書いていこうと思います。(実わたくしめは3Dを少しかじっているのです)

・3DCGについて興味がある。

・将来3DCGについて学びたい。

・これから専門学校で学びます

・パチンカス

の人は是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

そもそも3DCGとは

まず3DCGってなんぞや?って思ったりしますよね。

簡単に言うとパソコンの3D制作ソフトで制作した物を動かして作った映像。です。

アニメ映画で言うとトイストーリーやアナ雪なんかは3Dアニメーション映画ですよね。

僕の3Dアニメの印象は断然コンボイですが!!(知ってるかな?)

パチンコ・スロットで有名なものと言えば北斗の拳シリーズですよね。

歴代の北斗シリーズは多分ほぼすべて3Dで制作されていますよね。

f:id:otimusya24:20190313033831j:plain

あえて蒼天の拳

3D制作ソフトで有名なものと言えば【Maya】【3ds max】【blender】等などがあります。

これらの3D制作ソフトでもアニメーションは付けられるのですが、ゲームのようなコントローラーで動かす場合はまた別のゲーム制作ソフト【unity】や【 Unreal Engine 】等に3D制作ソフトで作った物を持ってきて制作します。(この記事では特に触れません)

3DCG制作ソフトについて

今では数多くの3D制作ソフトがありますが、僕が使っていた3D制作ソフトは【Maya】です。

多分3D制作ソフトのなかでは一番メジャーなものかと思います。

よしッ!じゃぁおらもMaya使って何か作ってみるべ!

と思った方、注意してください。

Mayaは月額2万円以上かかります。

しかも年単位で借りる場合で年額248,400円です。

月単位で使うとなると月額31,320円かかります。3ds maxも同じ値段です。

た・・・たっけぇ・・・って思いますよね。そうなんです3D制作ソフトってクソ高いんです。

それでも元々は100万とかで売っていたものを、月額制にしたことで割ととっつきやすい金額になったようです。(大昔は車が買えるほど高価だったとかなんとか)

まぁしかし、高くて当たり前なんです。それだけ3D制作ソフトは高機能な代物なんです。

故にPCもそれなりのスペックでないと厳しいです。

低いスペックのPCでそれなりの映像を書き出そうとすれば、1秒書き出すのに数日かかるなんて事態もありえます…笑

個人的に趣味でやるならblenderがオススメ

個人的に3D制作してみたいって方は、blenderをオススメします。

なんでかって言うと、なんとblenderは無料なんです。

高くて当たり前のものが無料って…それだけクソなんでしょ?と思われるかもしれませんが、そんなことはないんです。

blenderでも問題なく3D製作ができます。

なんでソフトが無料なのかというと、開発途中で企業が潰れてしまったから…

その後開発者達が資金提供を呼びかけ、もし資金が集まれば無料でソフトを公開する!と約束したところ、無事資金があつまり無料で公開されたわけです。

blenderの注意点

そんなblenderですが、注意点があります。

正直3D制作ソフトって使い方を覚えるのがメチャクチャ大変なんです。なので3D制作ソフト同士である程度使い方には互換性があるのですが、blenderは使い方が独特。

なのでblenderで慣れると他のソフトに移行する時とっつきにくくなります。

どうやって3DCGを作ってるの?

ではソフトを使ってどうやって蒼天の拳のヤサカを作るのか?

最近の3DCGは非常に滑らかで、わかりにくいですが四角形(もしくは三角形)を繋ぎ合わせて作っています。

この説明が分かりづらいですよね。

例えば3DCGでボールを作るとすると

f:id:otimusya24:20190313041456p:plain

こんな感じで四角い紙のようなものをつなぎ合わせた感じになります。(中身は空洞です。)

この四角い紙のようなものを増やせば増やすほど円は滑らかになります。

ちなみにこの四角い髪のようなものをポリゴンと言い、ひとつの物に対し使われてるポリゴン数を何ポリゴンと言います。

上のボールは512ポリゴンでできています。

なんとなく想像つくと思いますが、このポリゴン数が多くなればなるほどパソコンに負荷もかかるし、いざ映像として書き出す場合も時間がかかります。

なので昔の3D映像はPCの性能上ポリゴン数が多いと書き出せない為、角が目立つ感じになっていたのですね。

今はポリゴン数もですが、少ないポリゴンでも滑らかに見せれるようになってますので、非常に角のない滑らかな感じになるのです。

f:id:otimusya24:20190313033831j:plain

このヤサカが何ポリゴン使われているかはわかりませんが、だいたい1~10万ポリゴン程度かと思います。

ヤサカのような人間を制作する場合は、基本イラストで三面図を用意し、それにそってこのポリゴンをつなぎ合わせていく作業で作ります。このポリゴンを使って作る作業をモデリングと言います。

もちろん10万ポリゴンを手作業でつなぎ合わせるのではなく、ざっくり作りながらポリゴンを適度に分割して滑らかにしていくといった感じです。

www.youtube.com

長いですがこの映像がわかりやすいです。

ちなみに色付けはどうやってんの?って話ですが、このポリゴンにはマテリアルと言われる設定を施すことができます。

例えば金属っぽい質感にしたり、ヤサカのようなアニメっぽい質感にも設定できます。色はもちろん、ガラスのように透明にしたり、鏡のように反射するようにもできます。

どうやって動かしているの?

人間のような物を動かす場合は、作った素材にボーンと言われる「骨」を打ち込んでいきます。

まさに骨そのもので、間接部分を作ったりして、その関節を動かすとその周囲のポリゴンも連動して動くような設定にします。

そこまで出来たらゲーム制作ソフトとかに持っていけば、ゲームのコントローラーなどで動かしたりできます。

もちろんMayaやblenderでも動かすことはできます。

その場合は、動かしたい関節を0秒の時点ではここで、1秒後にはここに移動!みたいな情報を与えることで動かします。

ちょっと説明が難しいのですが、そんな感じです。

www.youtube.com

www.youtube.com

骨を入れて動かせるようにする作業は上記の動画のような感じです。

3DCGアニメーションは難しいの?

ここまでざっくりと説明してきましたが、正直3Dって

超難しいです!(僕主観)

まず覚える事が多すぎる。

控えめに言っても覚える事がPhotoshopの20倍は多いと思います。体感で言うと100倍ありそうな気もします…

Photoshopを極めてるような言い方ですが、極めてません(照)

そして何より分からないことを調べても中々でてこないし、専門用語もしくは英語なのでわからないことが多々あります。Photoshopとかは調べればある程度の事はでてくると思いますが、3Dの場合は簡単にはでてきません…

その理由は難しすぎて精通してる人間が少ないこと。故に情報が少ないのです。

納期のある仕事中は本当に「詰んだわ。」と思うことが多々ありました。

あとよく落ちます

ようやく出来てきた。と思ったら落ちるってのも日常的にあります。

体感的にPhotoshopの20倍落ちます。

じゃぁこまめに保存しとけば!って話ですが、3DCGのやっかいなとこは、どこかで失敗している為、ある条件を満たすと必ず落ちる。ことがあるということです。

どういうことかというと、何が原因かわからないけど映像として書き出そうとすると落ちる。みたいなことがあったとします。

そうすると以前保存していたものも、映像として書き出そうとすると落ちるのです。

原因をさぐって解決できればいいのですが、それが出来なかった場合は最悪作り直しです笑

いくら調べても問題の解決の仕方がわからない。ということが日常的にあるほど高機能なのです…

そうなると3D制作ソフトの高い理由がわかりますよね。

本当に3DCGをやりたいなら学校に行くべき

僕は3Dを会社に入ってから覚えることになったので本当に大変でした…

なので多分基礎的なことが抜けていたり、力わざで解決してい事も多々あります。

学校に行けば必ず大丈夫!という訳ではないと思いますが、独学や会社でいきなりとなると本当に苦労すると思います。

これから3Dをやりたいし、時間もお金もあるって方は専門学校で基礎からじっくり学ぶことをオススメします。

 3Dでアニメーションを作るメリット

ここまでとにかく3Dは大変みたいな話をしましたが、もちろん3Dにはそれなりにメリットがあります。

まず1度作ってしまえば一生もの。

例えば一度ケンシロウをモデリングすれば、次回作もそれを使って製作ができます。

また3DCGソフトはカメラを作ることができ、3Dで作った世界を自由なカメラワークで撮影できます。

その為実写では難しいカメラワークも、2Dアニメではめんどくさい作画も3Dでは関係ありません。

作っていまえばこっちのものといった感じです。

3DCGアニメーション制作についてのまとめ

という訳で3DCGについてのお話でした。

とにもかくにも3Dってめっちゃ大変なんだよ!とわかってもらえれば幸いです。

パチスロを打っていて「このクソ台がッ!」と思ったとしても、そのクソ台を作るのには目まぐるしいほどの努力があったことを忘れないでください。

f:id:otimusya24:20190313052413j:plain

あの冥王召喚も素晴らしい3D技術が使われています。特にあのジャッジメントに入るときの鎖の演出はめちゃくちゃカッコいいです。クソ台だけど。

パチスロをする際は、今後はそういった部分にも目を向けながら楽しんでいただけたらと思います。ストレスも少しは減るんじゃないでしょうか。

いつか落武者も3Dにしたいなぁ。

f:id:otimusya24:20190313060949p:plain

コメント

  1. darayawa より:

    こんばんわ!
    3DCG作成って凄い難しいんですね(;゚д゚)映画とかきっと気が遠くなりそうな年数をかけて作られているのですね((( ゚д゚ ;)))
    冥王召喚は3Dを楽しむ台ということですね!笑

  2. otimusya24 より:

    ためる様
    こんばんは(‘ω’)
    ハリウッドみたいな超大作はいったいどんなスペックのPCで作ってんだと思ってしまいます…僕なんかじゃ一生かかってもできそうもありません…
    そうですね、あれはお金を払って3Dを体験する機会です・・・笑

トップへ戻る